ギフト・プレゼント引き出物結婚結婚式

結婚式で準備する引き出物ってどんなもの?基本からおすすめギフトまでご紹介

結婚式では必ず準備することになる引き出物。でも結婚式の準備は何かとマナーが多くて「いったいどうしたら…?」なんて困っていませんか? そんな時に助けになる引き出物の基本のポイントとおすすめギフトをご紹介します。

【女性へのプレゼント殿堂入り記事】
彼女が絶対喜ぶ誕生日プレゼントはこれ!女性1700人に聞いた本当に欲しいものランキングTOP100

引き出物とは?

image by iStockphoto

まずは引き出物の基本について確認しましょう。

引出物はもともと宴の席で「お土産の馬を引き出して見せた」のが名の由来と言われます。
その後披露宴の料理の一部をお土産として持ち帰るようになり、これを「引き出物」と呼ぶようになりました。

しかし料理を持ち帰るのは何かと衛生面で問題が。
そこでいくつかの「記念品」を用意するのが主流になり現在に至っているのです。

引き出物のマナー

image by iStockphoto

引き出物の基本は「引出物と引き菓子、ギフトカタログ」の3点セットにすることが多いようです。

しかし地域によっては「引出物と引き菓子、しきたり品で計3つ」として、しきたり品で「紅白まんじゅう」や「縁起物の和菓子」、「赤飯」、「鰹節」を贈ったりすることもあります。

引き出物は実は地域差が大きいのが特長。
引き出物の準備をする前にご両親や結婚式を挙げた先輩に確認しておきましょう。

引き出物の相場は?

image by iStockphoto

ここで気になるのが引き出物の相場。

基本は、披露宴の飲食費の3分の1を目安に考えるといわれています。

例えばゲスト一人当たり15000円の披露宴を用意する場合は、5000円が目安になります。

ただ最近はいただくご祝儀によって「贈り分け」をすることも多いようです。
親族、上司、友人といただくご祝儀は異なるので、一律に同じものにしてしまうと十分なお返しができないというのがその理由。

とはいってもそれぞれに引き出物を準備するのは大変ですから、贈り分けをする場合は3パターン程度の引き出物を準備しておくとよいでしょう。

センスの見せ所「引き出物」

image by iStockphoto

最近の引き出物は「引き出物(記念品)、引菓子、カタログギフト」の3点セット。
その中でも引き出物は一番迷うところではないでしょうか。

引き出物を選ぶポイントは、ゲストの気持ちになってみることです。
電車やバスを乗り継いできてくれる人に重たい引き出物はNGですし、好みでないものが引き出物だと残念に感じてしまうかも知れません。

そこで引き出物を選ぶときには軽い実用品を選ぶようにしましょう。
例えばタオルや軽めのお皿、タンブラーなどがおすすめです。

おすすめ引き出物その1「今治タオルセット」

Amazon|ブルーム 今治タオル 認定 レオン ハンドタオル 3枚セット ホテル仕様 サンホーキン綿 日本製 (ナイト)|タオルギフトセット - ホーム&キッチン オンライン通販

Amazon|ブルーム 今治タオル 認定 レオン ハンドタオル 3枚セット ホテル仕様 サンホーキン綿 日本製 (ナイト)|タオルギフトセット – ホーム&キッチン オンライン通販

Amazonで見る
タオル業界最高峰の今治タオルのセットです。
今治タオルは肌触りがふかふかで吸水力が高いのが特長。
今まで今治タオルを使ったことがない方なら、必ず気に入ってもらえますよ。

カラーは「ウッディー」「ナイト」「フラワリー」の3種類。
おしゃれなモダンカラーがポイントです。

おすすめ引き出物その3「夫婦湯呑み」

Amazon|有田焼・ 陶芸家 藤井錦彩 窯変金彩湯呑みペアセット|贈答品|ギフト|プレゼント|記念品|湯呑み オンライン通販

Amazon|有田焼・ 陶芸家 藤井錦彩 窯変金彩湯呑みペアセット|贈答品|ギフト|プレゼント|記念品|湯呑み オンライン通販

Amazonで見る
夫婦で来てくださった方におすすめなのがこの夫婦湯飲み。

手ロクロで成形し、手描き、素焼、本窯、赤絵窯の順で絵付を施しては焼き、施しては焼き、という複雑な工程を経て制作された有田焼。
湯呑みの色彩はもちろん、触り心地も抜群です。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: