ギフト・プレゼント結婚祝い

友達が結婚!結婚祝いのメッセージ は?プレゼントは?結婚祝いの疑問にお答えします

友達の結婚の知らせ。とてもうれしいですよね。「祝福の気持ちを込めた結婚祝いを贈りたい!でもどうしたらいいの?」と悩まれる方も多いのでは?そこで結婚祝いのマナーやメッセージの書き方、おすすめのプレゼントなど、多くの方が疑問に思いがちなことについてまとめました。結婚祝いに悩んだときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

結婚祝い、どんなものを渡せばいいの?

image by iStockphoto

結婚祝いの品には実は様々なルールがあります。
それを破ってしまうと失礼に当たることも。
とはいえ仲良しの友人に贈るお祝いであればあまりルールを気にしすぎなくてもいいのかもしれません。
しかし予算や渡す時期など最低限のマナーは押さえておきましょう。

結婚祝いの相場はどれくらい?

image by iStockphoto

「結婚祝い」は、お金でも品物でもどちらでも構わないとされています。
でもあまりにも相場とかけ離れた金額のものを贈ってしまうと失礼になってしまうことも。
お祝いを贈る前にまずは相場をチェックしておきましょう。

ご祝儀の金額は、相手との関係性や付き合いの深さによって変化します。
一般的に、結婚式に出席しない場合は友人なら1~2万円ほど、身内の場合は2~3万円ほどと言われています。
結婚式に出席する場合は、「披露宴の食事代+お祝いの気持ち」と考えるのが一般的です。
金額に迷った場合は自分と同じような立場の方にさりげなく確認しておくといいかもしれませんね。
また会費制のパーティーの場合は通常ご祝儀は不要とされています。

お祝いの品とご祝儀の両方を贈る場合は、お祝いの品とご祝儀の金額の合計が、ご祝儀の金額の相場になるよう調節するといいですね。

お祝いの品を贈るタイミングは?

image by iStockphoto

お祝いに品物を贈る場合は、招待状を受け取ったらできるだけ早く、遅くとも式の1週間前までに届くように贈りましょう。
披露宴に招待されていないけどお祝いを贈りたいという場合は、先方に気を使わせないよう式が終わり結婚の報告を受けてから贈るようにするといいですね。

お祝いのメッセージはどうすればいいの?

image by iStockphoto

お祝いの品とともに、心のこもったメッセージをもらうとうれしいもの。
「でもどうやって書いたらいいのかわからない!」そんな方のために結婚祝いのメッセージを送るときのマナーをご紹介します。

まずは結婚式の出欠の返事の余白にメッセージを添えて

image by iStockphoto

結婚式の出欠を知らせる返信用はがき。
まずはここに簡単なお祝いメッセージを添えましょう。

・出席できるときの例文

このたびはおめでとうございます。
お招きいただきありがとうございます。
喜んで出席させていただきます。

・欠席するときの例文

ご結婚おめでとうございます。
せっかくのお招きですが、あいにく〇〇と重なりまして残念ですがうかがうことができません。
なにとぞご了承くださいませ。

なお欠席するときは、お祝いの品やメッセージ、祝電などを改めて贈りましょう。

お祝いの品とともに贈るメッセージは?

image by iStockphoto

お祝いの品とともにメッセージカードを添えたらより気持ちが伝わり喜ばれます。
友人へのメッセージなので、言葉遣いなどはあまりかしこまらず、率直に気持ちが伝わる言葉を選んでみてはいかがでしょうか?

・例文

ご結婚おめでとうございます。
今までいろいろな話を聞いていたから本当にうれしいです。
〇〇にとって、△△さんは最高のパートナーだと確信しています。
どうか末永くお幸せに。

なお、結婚式に出席できないときは、出席できない残念さを伝える言葉を入れましょう。

グループで高額な品を

image by iStockphoto

結婚生活には必要なものがたくさんあります。
新居での必需品をグループで贈るのもおすすめです。
一人では手が出ない高額なものでも、グループでお金を集めれば贈ることができます。
事前に贈る側の人数と予算を伝え、欲しいものをリクエストしてもらうと、先方もそれに合わせて新生活の準備ができ、ありがたいですね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
rinoyuzu