メイクメイクテクニック

短いまつげでも目力のある印象的な目元にする方法6選

お人形さんのような長いまつげは女性の憧れですよね。自まつ毛が長い人は、1本1本のまつげが太くしっかりしていて量も多いです。反対に、自まつ毛が短い人は、1本1本のまつげが細く、量も少ない傾向があります。まつげが細く量が少ないと、マツエクをしようと思っても、たくさんは付けられなかったりしますよね。メイクでもボリュームが出にくいと悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、短いまつげでも目力のある印象的な目元にする方法をご紹介します。目力を出したい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ブラウンメイクが相性良し!

image by iStockphoto

自まつ毛が短い人には目の色素がうすい人が多く、髪や眉毛も細くやわらかい傾向があるため、ブラウンメイクと相性がいいです。
ブラウン系のアイライナーやアイシャドウを使用すると顔になじみやすく、ナチュラルメイクもキマりやすいのでぜひお試しください。
ブラウン系のアイライナーやアイシャドウは、ナチュラルメイクの定番カラーでもありますよね。
ブラウンメイクをすることで、まぶたに自然な陰影をつけたりして自然に目力をアップさせることができますよ。
ブラウン系のアイテムを使って、顔に立体感を持たせ、華やかな顔立ちに仕上げるのが理想です。

マスカラをあえてつけないメイクもある

image by iStockphoto

まつげが短いと悩む人は多いですが、「あえてまつげにボリューム感を出さない」メイクもあります。
あえてマスカラを抜くことで、可愛さを引き出したり「ヌーディー感」を演出することができると評判なのですよ。
メイクではコレを絶対につけないといけない、ということはありません。
どこかを強調したらどこかに抜け感をつくる、というようにバランスをとりながらメイクをすることが大切なのです。
あれもこれも欲張っていては、魅力的なフェイスに仕上がりません。

マスカラなしメイクでは、ビューラーできちんと上げることがポイントになります。
ビューラーできちんと上げるだけでも、さりげなく存在感が出るのです。
他のアイメイクにポイントをおき、マスカラはしないというメイクになります。
マスカラをつけないため、メイクオフも簡単です。
まつげを健康に保つことができたりクレンジングが楽になったり、メリットもたくさんありますね。

つけまつげやマツエクに頼るのもあり!

image by iStockphoto

短いまつげをカバーするために、つけまつげやマツエクに頼るのもありでしょう。

〈つけまつげ〉

ボリュームを出したいのなら、つけまつげがおすすめです。
つけまつげは専用の接着剤で装着するだけで、まつげを長く見せることができる便利なアイテムで、若い人を中心に人気があります。
マツエクに比べてコストもかかりません。
つけまつげを取るときに、専用のリムーバーが必要なタイプもありますが、通常のクレンジングでも簡単に落ちるタイプの接着剤も多くあるので、気軽に取り入れることができます。
ボリュームを出すためには、束感のあるつけまつげや、目尻だけが長いたれ目タイプもつけまつげを選びましょう。

〈まつげエクステ〉

まつげエクステ(マツエク)とは、マツエク専用の接着剤(グルー)で、自まつげ1本1本に人工のまつげを装着しまつげを長くするものです。
マツエク専用の接着剤(グルー)は、オイルに弱いため、クレンジングには気をつけなければなりません。
長持ちさせるためには、アイメイクを控える必要もあるので、ナチュラルメイクを好む人などにはマツエクがおすすめです。
まつげの生え変わる周期に合わせてつけ替えを行う必要があるので、コストがかかります。

短いまつげでも目力のある印象的な目元にする方法6選

image by iStockphoto

ここからは、短いまつげでも目力のある印象的な目元にする方法をご紹介します。
目を大きく見せようと、目を囲んでしまうようなメイクをする人もいますが、それではバランスの悪い目元になってしまいます。
魅力的で印象的な目元にするには、全体のバランスを見ながら、足し算と引き算を上手にしていく必要があるのです。
目力のある印象的な目元にする方法を6つご紹介しますが、自分に合った方法を選んでくださいね。

#1 アイラインはまつげの隙間を埋めるよう描く

image by iStockphoto

アイラインはまつげの隙間を埋めるように描くことで、短いまつげを長く見せることができます。
初心者の方には少しむずかしいかもしれませんが、コツをつかめば簡単ですよ。
まつげの根元から丁寧に描くように意識してくださいね。
まつげの隙間を埋めるように描くことで、奥行きを演出できます。
筆タイプのアイライナーを使うと描きやすいです。
にじみが心配な人は、リキッドタイプのものを使いましょう。

1. まぶたの内側にラインを引く

まずは上まぶたの内側の粘膜の部分にラインを描いていきます。
まぶたを上に引き上げると、まつげの根元の粘膜が見えるので、黒目部分〜目尻まで細くラインを入れていきましょう。
目頭〜目尻まで細くラインを入れてあげてもokです。
好みに合わせてラインを引いていきます。
まつげの根元の粘膜の部分にラインを入れることで、まつげに奥行き感がでます。

2. 上まぶたにアイラインを引く

まぶたの内側にラインを引いたら、上まぶたにアイラインを引いていきましょう。
目頭から目尻まで細く入れていきます。
奥二重の人は、目尻だけにアイラインをいれるといいですよ。
目尻のラインはやや長めを意識します。

#2 サイズが合ったビューラーを使う

image by iStockphoto

ビューラーにもいろんなサイズのものが存在します。
自分のまぶたのカーブの深さを知り、自分にぴったりのビューラーを使いましょう。
日本製のものはカーブが浅く、日本人の目に合うように作られている傾向があります。
海外製のものはカーブが深く、彫りが深い人に合うように作られているものが多いです。
自分の顔立ちとビューラーが合うかどうかをチェックしながらビューラーを選んでくださいね。
サイズが合うビューラーを使うことで、きれいなカールを作ることができます。

ビューラーをする前には、まつげをきれいに整えてあげることも大切です。
目の周りの余計な油分を落とし、まつげをコームでとかしてからビューラーを使いましょう。
また、使う前にはビューラーにマスカラなどの汚れがついていないかを確認するといいですね。

カールを持続させたいなら、ビューラーをかける前にドライヤーの熱でビューラーを温めるといいですよ。
ビューラーが温まることによりカールがつきやすく、カールを持続させてます。
これをやるときは、ヤケドにご注意ください。

#3 目尻の三角地帯をきちんと埋める

#3 目尻の三角地帯をきちんと埋める

image by Dear編集部

目尻の三角地帯をきちんと埋めてあげると、目力が一気に出ます。
目幅があるように見えるため、目も大きく見せることができます。
目尻に沿ってアイラインを引いたら、アイシャドウを使って三角地帯を埋めていきましょう。

1. 下まぶたの目尻側3分の1程度にアイライナーでアイラインを引く

 (目尻の切れ込み部分はつなげない)

2. 濃いブラウンのアイシャドウを下まぶたのキワ1㎝くらいのところにのせる

 (アイラインを少しぼかす)

3. 薄めのブラウンシャドウで三角地帯を埋める

アイライナーで三角地帯を埋めるのではなく、薄めのブラウンシャドウで三角地帯を埋めるのがコツです。
次のページを読む
1 2
Share:
konohana