ケンカ別れる恋愛

どうして別れてしまったの?気になるカップルの別れの原因とは?

タイプの人、ずっと憧れていた人と交際出来たからと言って、ずっと交際が続くとは限りません。交際当初は結婚を意識していた相手ですら、結婚までたどり着くことなく、別れてしまうこともあります。時には、思いもかけない原因で別れてしまうこともあるでしょう。では、カップルはどういった原因で別れているのか、気になる別れの原因をご紹介しましょう。

互いの愛情がなくなった

image by iStockphoto

交際した頃、互いに「好き」という気持ちがあったはずなのに、交際期間が長くなるとどんどんその気持ちが冷めてしまうこともあります。
付き合い始めた頃の気持ちがずっと続くと思っていても、愛情が冷めてしまうこともあるでしょう。

一緒にいる時間が長くなると、ドキドキする気持ちも薄れていきますし、相手が特別な存在ではなくなってしまいます。
そして、愛情を感じなくなってしまい、「愛情がなくなった」と別れてしまうカップルがたくさんいます。

相手の浮気

image by iStockphoto

別れの原因として多いのは、浮気。
男性、女性、ともに浮気をされたことが原因で別れに至っている人も少なくありません。

好きな人に浮気をされるというのは、本当に辛いものです。
浮気をされたことで、相手のすべてが信頼出来なくなり、「好き」という気持ちが残っていても、これから先一緒にいる自信がなくなり、別れてしまうケースもあります。
浮気をする人は、何度も繰り返す人が多いですから、最初は許されても何度目かの浮気で愛想を尽かされることもあるでしょう。

結婚相手として考えられなくなった

image by iStockphoto

理想通りの人と出会うことが出来ても、結婚まで発展するとは限りません。
交際することで、「こんなこと考えていたんだ」「こんな生活をしていたなんて」と驚くこともあります。
プラスになる驚きであれば、結婚へのステップになりますが、マイナスな驚きの場合には後進することになるでしょう。

一緒にいることで、「この人との結婚は難しいな」「結婚相手としては、相応しくないな」と判断すれば、当然別れの道を選ぶことになります。

他に好きな人が出来た

image by iStockphoto

別れの原因として意外と多いのは、「他に好きな人が出来た」というもの。
恋人がいるにも関わらず、「他に好きな人が出来るなんてひどい」と思われる人もいると思いますが、これも二人の運命と考えるしかありません。

どんなに大切な人、素敵な人と交際していても、誰だって突然恋に落ちることがあります。
相手のため、自分も気持ちに嘘をつかないためには、別れを選ぶことも大切でしょう。

価値観の違い

image by iStockphoto

恋人と一緒に過ごしていると、「なんだか、感覚が違うな」と感じることもあります。
例えば、一緒に映画を観ていて笑う部分が違う、泣く部分が違うといったような違いは、違和感を覚えるでしょう。

こういった価値観の違いが増えてくると、一緒にいることが辛い、楽しくないと感じるようになります。
どちらかが我慢をして合せるのは難しいですから、価値観の違い、ずれを感じた時も別れのタイミングと言えるでしょう。

相手の束縛

image by iStockphoto

別れの原因として、「相手の束縛に耐えられなくなった」と言う人も少なくありません。
一日に何度も電話やメールがきたり、必要以上に詮索するようになると、誰だって「うざい」と感じるものです。

最初のうちは、こういった束縛も「愛されている」と感じることが出来ますが、日に日に「重い」と感じるようになり、別れを考えるようになるでしょう。

喧嘩による心離れ

image by iStockphoto

カップルの中には、喧嘩が耐えないケースもあります。
デートの度に喧嘩するようになれば、デートすら面倒に感じるでしょう。

本来喧嘩が出来るということは、それだけ言いたいことを言い合える関係ですから、理想的な関係ではありますが、頻繁に喧嘩したり、喧嘩がエスカレートするようになれば、互いの存在は邪魔になってしまいます。
喧嘩の勢いで、思いがけずに別れに発展してしまうこともあるでしょう。
次のページを読む
1 2
Share: