夫婦恋愛結婚

【できることから改善!】マンネリした夫婦生活からの脱出術

大好きな人と結婚して新しい生活が始まり、毎日が幸せで楽しくて仕方ないと思っていたあの頃。結婚当初は笑えたことも笑えなくなり、かえってイラっとしたりしてしまう。結婚するとどうしても「家族」という感覚になるので、恋人のときのようにラブラブでいるということはなかなかないですよね。子供が出来たらなおさらです。一緒に生活する年数が経てば経つほど、お互いいろんなことが当たり前になってしまいがちです。どうしてマンネリしてしまうのか、そんなマンネリした夫婦生活から脱出する秘訣を教えましょう。

会話を増やす

image by iStockphoto

結婚当初は何気ない日常の話を夫婦でしていたと思います。
その頃はまだ恋愛の延長みたいなものですよね。
子供が生まれ育っていくと、徐々に会話は子供中心の話題となっていきます。
子供がいるご家庭では子供を通して、自然と会話が出てきますよね。
では子供が巣立った後、夫婦二人になったときはどうですか?子供がいる頃は、「老後は二人で旅行に行きたいね」なんて語り合っていたのに、実際は二人きりの生活になったらあまり夫婦の会話がなかったり、お互いバラバラのことをしていたり、結婚生活をしていくうえで「夫婦の会話」というものをどこかに置いてきてしまっています。

会話を増やすためには何か共通の趣味や、二人で夢中になれるものを見つけましょう。
趣味を持つことで、ストレス発散にもなり、共通の話題が増えていきます。
ただどちらか片方だけが夢中になりすぎてしまうと、逆効果ということもあるので注意しましょう。

感謝の気持ちを忘れない

image by iStockphoto

言葉はとても大事です。
「ありがとう」「ごめんね」この2つを上手く使えるようになりましょう。
年数を重ねるごとに言葉にすることを恥ずかしいと思ってしまい、なかなか口に出すことが出来ません。
これが言えないためになんでもかんでも「当たり前」となっている夫婦が多いです。
「当たり前」のことを「当たり前」のようにこなすことは、実はすごいことですよ。
この「当たり前」のことを何年やってきていると思いますか?夫婦になっても当たり前と思わず、何かをしてもらったら「ありがとう」、自分が悪いと思ったら「ごめんね」と伝えましょう。
案外「ありがとう」は簡単に言えても、「ごめんね」を言えない人が多いですよね。
口で言えないのならメールやLINEで伝えてもいいですね。
その言葉を上手く使えるようになると、二人の仲もぐっと縮みます。

お互いの呼び方

image by iStockphoto

結婚当初は恋人のときと同じように名前で呼び合っていたことが、子供が生まれるといつの間にか「パパ」「ママ」と呼び合うようになってしまう。
子供のいる前ではそれでいいが、夫婦でいるときや二人で会話をするときは、お互い名前を呼び合ったほうが恋人気分を味わえ、お互いの好感度も上がります。

子供の前では父親・母親であっても、夫婦の時間は男と女という意識を持つようにしましょう。
親になっても本来の姿は、子供と同じように無邪気に泣いたり笑ったりしたいのです。
仕事で辛いことやしんどいことがあったら吐き出したいし、慰めてもらいたいですよね。
親も人間なのです。
子供の前では出せない感情を出せる場所、そうゆう相手がいるということは、とても励みになりますよね。
いつまでも男と女の関係でいましょう。

旅行に行こう

image by iStockphoto

旅行と言っても普通に出かけるのでは今までと同じことです。
そこに少しプラスしましょう。
今までに行ったことのないところへ、ある程度の場所と日数を決めて、ぶら~っと出かけることで、計画に沿った道をはずれてケンカすることもないですし、時間の束縛もないので、何もかもが新鮮でいい刺激となります。
二人の思い出の場所もおすすめです。
当時のことを思い出しながら、初心に戻るキッカケにもなりますね。

旅行がメインというよりかは、二人で過ごす時間、会話を増やすための時間と考えたほうがいいです。
計画を立てずに行けば、必然的に会話はしなくてはならない状況になり、二人で考え、二人で協力しあわなければ成り立たない旅行となります。
きっと新たな二人が見えてくるはずです。

身だしなみをきちんとする

image by iStockphoto

長年夫婦をしていると、朝起きれば女性はすっぴん、男性はお腹を出して寝ているなんて光景が目に浮かびます。
慣れてくると素の自分が見せられて楽ですよね。
気を緩められる空間、それもすごく大事なことですが、休日だからと一日中着替えもせずにダラダラ過ごしていたら、それこそマンネリ夫婦一直線になってしまいます。
休日でも起きたらきちんと身支度をしましょう。
どこかに行くわけでなくても、お互いに対しての礼儀でもあります。
結婚前デートしていた頃は、朝起きればちゃんと身支度整えてましたよね。
その頃と同じように身だしなみはきちんとして、ON・OFFのスイッチを切り替えましょう。

男性は歳を負うごとに身だしなみに気を使わなくなってきてしまいます。
男性の身支度に関しては女性がフォローした方が良いです。
「この服似合うよ」「○○にした方がいいよ」などアドバイスやチェックをすることで男性をその気にさせましょう。
男性がきちんとすれば、女性は自然とそれに見合う姿になっていくのです。
お互いを高めていきましょう。

マンネリ生活解消しましょう

マンネリがすべて悪いかと言ったら、そんなことはないですよ。
結婚前は別々に生活をしていた二人が、一緒の空間で生活していくうちに同じリズムになって、「あれ」「これ」だけでも通じ合えるほどの仲の良さになっている証拠です。
それは嬉しいことですよね。

夫婦の時間は結婚したからといって、何時間も一緒にいるわけではありません。
生きる時間を共にするということなのです。
その時間を家庭円満で過ごしていきたいですよね。
Share:
yukachi777