恋愛社内恋愛

なんか気になる…社内恋愛のきっかけってどんなとき?

目の前にさらっと仕事をこなしてかっこいい上司や同僚、なにげない会話から何だか相手のことが気になる…そんなことが起こりやすいのが「社内恋愛」。相手との距離が近い分アピールもしやすいですが、気を付けないといけないこともあります。社内恋愛のルールを知って、素敵な社内恋愛をしてくださいね。

社内恋愛のきっかけになること

image by iStockphoto

1.いつも元気よく挨拶をしてくれる

職場に入ってまず発する言葉というと、あいさつですよね。
その挨拶を毎日しっかりと、元気よくしていると、自然と魅力的に見えてくるんです。
どんよりした顔で「おはようございます…」と言うよりも、元気な声で「おはようございます」と言った方が魅力的に見えますし、周りの人に元気を振りまいてくれるまるで太陽のような存在になります。

ですので、たかがあいさつと思わずに、社会人としてもしっかりあいさつをすることが大切です。
自分が自然といつも通りにやっているあいさつでも、相手にはとっても魅力的に見えることかもしれません。
どこにチャンスやきっかけがあるのか分からない社内恋愛。
あいさつも十分なきっかけになります。

2.偶然仕事の部署が一緒になる

どんな職場でも持ち場の仕事を与えられます。
そこで偶然一緒になって会話をしたことから、相手のことを意識するようになったということも、職場恋愛のきっかけにもなります。
ささいな会話であることが多いので、どちらかが意識をし始めても、相手が全くその気持ちに気が付いていないということもあるので、もし気になったらどんどんアピールする必要があります。

仕事とはいえ、少しの時間でも一緒の時間を過ごすと、なんだか相手と仲良くなった気がしますし、相手のことをもっと知りたいと思うきっかけになる会話もあるはずです。
会話が弾むのであれば、これからのアピール次第で十分チャンスがありますので、タイミングを見計らって相手を食事に誘うのもありですよ。

3.残業で一緒になる

image by iStockphoto

仕事をしていると、どうしても忙しくなって残業になるときがありますよね。
その時に2人で残業したことがきっかけで恋愛感情に発展することもあります。
「自分にはそんな機会ないよ」と思っていても、残業中にどんな流れになるのかもわかりません。
今まで食事にもいかないような人と食事に行くことになるかもしれません。

その食事の場や残業をしている中で急接近することも多いんです。
辛いことを一緒に共有しているという部分で、知らず知らずのうちに「苦楽を共にした仲」になっていきます。
残業と聞くとどうしてもいや雰囲気になりますが、もしかしたらいい出会いのきっかけになるかもしれませんので、残業もチャンスととらえることもできます。

4.悩みを話す・受ける

職場の上司や同僚に悩みを話したり、または部下などから相談を受けたり、仕事で悩むことは避けられません。
ですので、悩みを相談したり、相談されたりということは、ごくごく自然に起こることでもあります。
その悩みを聞いているうちに「この子を助けてあげたい」「何か力になってあげたい」と思うことが、恋愛のきっかけになる可能性があります。

その場合、職場の悩みであってもプライベートの悩みであっても、相手の悩みを共有することになるので、向いている方向が一緒になります。
そうなると、どうしても相手のことを気が付いたら考えていたり、ずっとそばにいたいという恋愛感情が湧いてくるときもあります。
ですので、悩みから恋愛に発展することも十分考えられることなのです。

5.自分のできないことをフォローしてくれる

仕事を進めていくうちに、どうしても自分の力だけではできないことが出てきますよね。
その時にさりげなく手を貸してくれたり、ささっと終わらせてくれたり、「この人頼りになる」と思った時に恋愛感情に発展しやすいという流れもあります。
自分ができないことを簡単にやってしまうと、どうしても魅力的に見えてきます。

この人と一緒にいると、自分も成長できるかもしれない、なにか得られるものがあるかもしれないと思うと、ずっと一緒にいたいと思うのはごく自然なこと。
その気持ちが日に日に恋愛感情となっていくんですよ。

きっかけがあってもやってはいけないこと

image by iStockphoto

次のページを読む
1 2 3
Share: