恋愛社内恋愛

なんか気になる…社内恋愛のきっかけってどんなとき?

1.公私混同しない

仕事をする大人として、プライベートと仕事をごちゃごちゃにしてしまうことはやってはいけません。
自分の気になっている人が他の異性と話している姿や、もしかしたら他の人と付き合っているかもしれないという噂を聞いても、落ち込んでいる姿を周りに見せてはいけません。
落ち込んでしまう気持ちもよくわかりますよ。
私もそうなること、あります…。

ですが、その姿を見せることで、周りはとっても雰囲気が悪くなってしまうんです。
「何かあったのかな」「仕事で嫌なことがあったんだろうか」など、周囲を巻き込んでしまうことになります。
そうなると、どうしても「恋愛対象から外れる」きっかけにもなります。
仕事にも支障をきたすことになりますので、公私混同しないようにしましょう。

2.周りにばれないようにする

職場恋愛をしている人の中に、職場恋愛を公にしている人もいますが、仕事上で問題が起きるかもしれませんので、2人の関係がばれないようにする努力をすることが必要です。
職場では、それぞれの立場があります。
周りにばれないようにすることは、お互いの立場や仕事を守ることに繋がります。
社会人としてはとっても重要なことですよね。

万が一仕事でミスがあった時に、もし社内恋愛がばれている状態ですと、「恋愛にうつつを抜かしているから…」と、付き合い自体を仕事のミスにつなげられてしまう可能性もあります。
そんなことをされてしまってはせっかくの恋愛も嫌な気持ちになりますよね。
仕事と恋愛をしっかり両立するためにも、周りにばれないようにしましょう。

3.喧嘩を持ち込まない

公私混同しないという部分に当たりますが、恋愛をしてれば、なんらかの理由で喧嘩になることもあります。
ですが、その喧嘩を職場まで持ち込んではいけません。
本人たちは持ち込んでいないつもりでも、周りから見ると「なんだか様子が変」「なんだかぎくしゃくしている」と感じてしまいます。
ですので、できる限り顔を合わせないようにすることも大切です。

顔を合わせてしまうとどうしても相手の様子が気になってしまって、顔色を伺ってしまったり、喧嘩のことが気になって話しかけてしまって結果無視をされたり、状況がよくなることはなかなか期待できません。
ですので、喧嘩をしても職場に持ち込まず、できる限り家で解決するように心がけてくださいね。

4.嫉妬しない

4.嫉妬しない

image by iStockphoto

職場には他の異性もいますよね。
仕事を円滑に進めるうえでどうしても他の異性と会話をしたり食事に行くこともあります。
ですので、その状況にいちいち嫉妬をしていたら、あなたの仕事に支障がでます。
ですので、仕事上の関わりである以上は、他の異性と接触があったとしても、嫉妬しないように心がけましょう。

嫉妬をするのは相手のことが好きだからなのですが、その気持ちが行き過ぎてしまうと、どうしてもパートナーが関わる異性すべてを敵扱いしてしまいます。
パートナーがこれから仕事をしていくうえで関わりを持つことが重要になってくる可能性もありますので、相手のこともしっかり思いやって、信頼して、嫉妬しないように気を付けましょう。

きっかけを生かそう!社内恋愛のメリットとは?

きっかけを生かそう!社内恋愛のメリットとは?

image by iStockphoto

1.相手の状況を知ることができる

これは、相手の動向を監視することではありません。
仕事をしていると大変なこと、忙しくて時間が作れないときなど、状況が刻一刻と変化することも多いです。
その状況を目の前で見ることになりますので、「今はデートに誘わない方がいいかな」「今度会ったら癒してあげよう」と相手を思いやる状況が作りやすいというメリットがあります。

もちろん、相手が上司に怒られてしまっているところをみることもあって、辛い思いをするかもしれません。
ですが、パートナーがこれから社会人として成長していく過程を目の前でみることができますので、職場恋愛のメリットとして、相手の状況を知ることができるのは大きいです。
次のページを読む
1 2 3
Share: