ギフト・プレゼント引き出物

せっかくならおしゃれなものを。結婚式の引き出物15選

結婚式、挙式や披露宴の際、足を運んでくれたゲストにお渡しするのが引出物。これから二人と末永く関わっていく人に贈る訳ですから、選ぶのも慎重になりますよね。せっかく贈るのであれば、キラリとセンスの光るおしゃれな物をチョイスしたいですよね。ここでは引き出物で人気の高い品を中心にご紹介します。引き出物選びの参考にして頂けたらと思います。

【女性へのプレゼント殿堂入り記事】
彼女が絶対喜ぶ誕生日プレゼントはこれ!女性1700人に聞いた本当に欲しいものランキングTOP100

そもそも「引き出物」って

image by iStockphoto

「引出物」とは、結婚式や祝賀パーティなどの祝い事でゲストに対して贈られる品のことを指します。
場合によっては、慶事だけでなく弔辞の際に配る物を含むこともあるそう。
元々は、結婚披露宴での料理の一部をお土産として持ち帰ってもらうものをさしていましたが、バブル以降に結婚披露宴が次第に華やかになっていたことや、料理を持って帰る際の衛生面への懸念から、現在では「披露宴の記念品」という意味合いが強い様子。
よってお祝いの多少に関わらず、ゲストに一律に同じ物を配られるものが通例と考えられていましたが、近頃はご祝儀に合わせて贈り分けるような考え方が主流です。

「引き出物」の相場

image by iStockphoto

一般的に「引き出物」の値段は、結婚披露宴の飲食費の3分の1を目安に考えると言われています。
従って、例えばゲスト一人あたりのお料理代が15000円の場合、引き出物はおよそ5000円が目安ということになります。
ですが、前述の通り「贈り分け」という考え方に基づくのであれば、頂くであろうご祝儀や関係性によって値段を変えるのが良いでしょう。
親族へは5000円以上、上司へは5000円から6000円、友人には3000円から4000円ほどが主流のようです。

「引き出物」の構成と品数

image by iStockphoto

「引き出物」の構成は、まずメインとなる「引き出物」。
1000円から1500円程度の日持ちする「引き菓子」。
さらに地域によっては贈るべきとされる「しきたり品」があります。
これらを考慮し「引出物」のマナーの中で気にしたいのはその「品数」。
一般的には「分けられない奇数で」というのが良いです。
ただし「引出物と引き菓子1つずつ(どちらかを高いものに)」「引出物・引き菓子・しきたり品で3つ」「引出物3つ、引き菓子・しきたり品1つで計5つ」など、さまざまなケースが見られます。
これには地域差が大きく影響するようです。
また、「親族と上司には計5つ、友人には計3つ」など、品数で贈り分けをする傾向も見られます。

地域差のある「しきたり品」

image by iStockphoto

地域によって贈るほうがよいとされている「しきたり品」。
その品目は、地域の古くからの慣習が大きく影響しています。
例えば、北海道ではお赤飯に甘納豆。
新潟県では引き出物の一部に「松の葉(新郎新婦の名刺代わりという意味を持つ、タオルなどのちょっとした贈り物の)」を。
石川県では、鶴亀と紅白のお饅頭。
富山県では、鯛・鶴・亀・富士山などをかたどった縁起物のかまぼこ。
愛知県では2人の名前を覚えてもらうために、品物に名前を書いて贈る「名披露目」という風習があります。
地域によっての特性をしっかりと把握して贈り物を選びましょう。

NGとされる「引き出物」

image by iStockphoto

「引き出物」を贈る際、「刃物」「割れもの」「偶数のもの」は縁が切れる・壊れる・割り切れるため別れる、と連想されてしまうのでタブーとされてきました。
しかし、近頃はあまり気にせず、特に食器類などは家庭を連想させるため人気が高いようです。
また、賛否両論あるのが「重いもの」。
持ち帰る際に重いと大変だということで一般的にはあまり好まれませんが、一部の地域やご年配の方には「重い物でないとダメ」と考えている方もいらっしゃるので、注意が必要です。

どなたにも贈りやすい「カタログギフト」

image by iStockphoto

親族や上司、知人それぞれに渡しやすい引き出物といえば「カタログギフト」。
カタログ1冊なので、軽くてかさばらないことや、様々な商品の中から好きなものが選べることが、贈る側からも受け取る側からも好評だそうです。
また、見た目で金額の差が分かりにくいので、贈り分けする際にも便利。
ストレスフリーな贈り物といえるでしょう。
ですが前述の通り、軽い引き出物を良しとしない風習も一部あるので、注意が必要です。

飲み比べが楽しい「WORLD-BEERSELECT6」

世界15カ国のビールとビールによく合うおつまみが自由に6個選べるカタログギフト WORLD-BEERSELECT6: 食品・飲料・お酒

世界15カ国のビールとビールによく合うおつまみが自由に6個選べるカタログギフト WORLD-BEERSELECT6: 食品・飲料・お酒

Amazonで見る
こちらのギフトはお酒好きな方にはもってこいの一品。
イギリス・チェコ・ドイツをはじめとした世界の15カ国のビールを、自由に6本選ぶことが出来、飲み比べが楽しめます。
日頃スーパーなどでは手に入らない珍しいビールが魅力的。
贈られた方の嗜好に合わせることができるので、失敗することがありません。
ビールによく合うおつまみも10種類あるので、晩酌時のささやかなひとときを楽しいものに変えてくれるでしょう。
お酒好きなあの方へ是非。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: