別れる彼氏のこと恋愛

彼と別れられない別れ下手女性の特徴とは?

彼氏がいる女性の中には、「彼氏と別れたい」という気持ちを持ちながらも、ダラダラと交際を続けている女性がいます。別れ下手の女性は、愛情がなくなったにも関わらず、「別れ方が分からない」「タイミングが分からない」と苦しむことになるでしょう。では、別れ下手の女性には、どういった特徴があるのかご紹介します。

情に流されてしまう

image by iStockphoto

「彼氏と別れたい」と思いながらも、別れられずにいる女性の中には、情に流されてしまっている人がたくさんいます。
確かに、長い間一緒にいた相手となれば、情が沸き、家族のような感覚になっている人もいるでしょう。

しかし、恋愛はあくまでも愛情あっての関係ですから、どちらか一方の愛情がなくなってしまえば、関係は成立しません。
あなたに愛情がない状況であれば、既に二人の関係は成り立っていないということ。
情があるというのは、それだけ二人の関係が深かったということではありますが、愛情がないのであればこのまま関係を続けても無駄な時間を過ごすだけ。
あなたにとっても、彼にとっても、新しい恋愛の可能性を遮ってしまうことになります。

情に流されやすい人は、瞬間的な思いで行動するのではなく、「別れよう」と気持ちを固め、二人のために別れ話を進めましょう。

別れた後、後悔するかも…と思い込んでしまう

image by iStockphoto

彼氏への愛情がなくなっているにも関わらず、別れられずにいる女性の中には、「別れたら、後悔するかもしれない」という思いで、別れられずにいる人もいます。

近くにいる人の存在は、なかなか気づきにくいもの。
離れてから、「やっぱり、大切な人だったんだ」「素敵な恋人だったんだ」と気づくこともあるでしょう。
しかし、これに気づくためには、離れなければ気づくことが出来ません。

「後悔するかもしれない」という思い込みで交際を続けていれば、いつまで経っても別れることが出来なくなるでしょう。
「後悔するかもしれない」と思っていても、それは一度離れてみなければ分かりませんから、今の時点で愛情がないと感じているのであれば、別れを決断した方が二人の為です。
別れ話の後、多少の後悔や失敗は付きものと思っていた方が良いでしょう。

別れたら、もう彼氏は出来ないかもしれないと感じている

image by iStockphoto

彼氏と別れられずにいる人の中には、自分に自信がなく、「この男性と別れたら、もう恋人は出来ないかも」と思っている人がいます。
もう、恋人が出来ないかもしれないという不安を抱えていることで、愛情がなくなっても、「最後の恋人」と思い込み、別れ話が出来ずにいる人もいるでしょう。

これでは相手に失礼ですし、あなたにとっても幸せなことではありません。
新たな恋愛が出来るかどうかは、フリーになってみなければ分かりません。
「二度と恋人が出来ないかも」と感じ、そのリスクを回避するための関係であれば、早めに解消することが必要です。

別れたいという思いに罪悪感を持っている

image by iStockphoto

「別れたい」と思っている人の中には、「こんな気持ちを抱くなんて」と自分を責めている人もいます。
恋人のことを、「とても良い人」と思っている人は、別れたいという思いを持つことに、罪悪感を持っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、人の気持ちは変わるものです。
どんなに好きな相手であっても、冷めることもあれば、嫌いになることもあります。
他に好きな人が現れることもあるでしょう。
こういった変化は自然なことですから、「別れたい」という思いに罪悪感を持つ必要はありません。

「こんな良い人を振るなんて」と思っている人も、良い人でもあなたにとって大切な存在にならないのであれば、交際し続ける意味はないでしょう。

振ったら、彼がかわいそうと思っている

image by iStockphoto

「彼氏への愛情がなくなってしまった」と感じている女性の中には、「振ったら、彼がかわいそう」という思いから、別れ話が出来ずにいる人もいます。
今まで、二人で様々な思い出を作ってきたでしょうから、その相手を悲しませるというのは辛いものです。

しかし、愛情がなくなったにも関わらず、その気持ちを隠して交際し続けるというのは、もっとかわいそうなこと。
振った直後、彼は落ち込むでしょうし、悲しむでしょう。
それは、当然のこと。
どんな恋愛でも、振ったり、振られたりが付きものですから、「かわいそう」と思う前に、相手の可能性を広げることを考えましょう。

このまま気持ちに嘘をついて、関係を続けることが彼にとって幸せかどうか、将来のことも見据えて考えることが出来れば、自ずと答えは出てくるはずです。

一人になることが怖い

image by iStockphoto

愛情がなくなった相手と、いつまでもダラダラと交際している女性の中には、「一人になることが怖い」という理由から、別れずにいる人もいます。
長い間、恋人がいた人は、一人でいることに慣れていないため、別れ話が出来ずにいる人もいるでしょう。

確かに、今まで常に一緒にいてくれる相手がいた人は、一人になることに恐怖心を感じるでしょう。
しかし、だからといって愛情がないにも関わらず、一緒にい続けるのは相手にとって失礼なこと。
あなたにとっても、彼氏と一緒にいることで新しい恋愛の可能性を無くしていることになります。

「好きな人が出来たら、別れよう」「新しい彼氏が出来たら、別れよう」と考えいる女性もいますが、こんなことをしているといつか大きなトラブルに巻き込まれるでしょう。

恋愛は自由ではありますが、新しい恋愛をはじめる時には、今の恋愛をちゃんと精算してからスタートさせた方がトラブルを回避できるはずです。

交際期間が長いため、別れることが怖い

image by iStockphoto

「そろそろ、彼氏と別れたい」と思っている女性の中には、その男性との交際期間が長い人もいるでしょう。
交際期間が長ければ長いほど、愛情がなくなっても別れられずにいる人がたくさんいます。

交際期間が長ければ、それだけ情も大きくなっているでしょうし、家族のような存在になっているでしょう。
そうなれば、愛情がなくなっても「一緒にいることが当たり前」と言う関係になっており、関係を絶つことが怖くなるもの。

しかし、恋愛関係ですからどちらかの愛情がなくなってしまえば、関係は成立しません。
今まで当たり前だった存在がなくなるというのは、不安になるのは分かりますが、大切な人だからこそ、お互いの幸せのためにきっちりと別れることも大切です。
次のページを読む
1 2
Share: