恋愛

【勉強と両立できる?】中学生の恋愛で気を付けること7選

中学生になると、勉強も難しくなりますし、部活も始まったりと何かと周りの環境が変わるときでもあります。もちろんそれは恋愛に関しても同じ。好きな人ができたり付き合ったりと、大人の恋愛に憧れる時期です。ですが、中学生の本分は勉強です。勉強と両立するために気を付けることを7つ紹介します。

勉強と両立するためにこれに気を付けよう!

image by iStockphoto

「勉強が大切なのはわかるけど、どうしても恋愛もしたい!」そんなときに気を付けることもしっかり勉強しましょう。
中学生の恋愛とはいっても、大人の恋愛へのステップになる大切な恋愛ですので、内容が少し厳しく感じるかもしれません。
ですが、もしこの7つを身に付けられたら、成績も恋愛も充実すること間違いなし!

1.門限までには帰ろう!

中学生は部活で帰りが遅くなるときがあるとはいえ、門限までには帰るようにしましょう。
部活だとこれくらいの時間に帰っているから、恋人といるときも同じくらいでいいや!というのはいけません。
勉強をしっかりしているからこそ恋愛が楽しめますし、この先にある高校受験などを乗り切るためには、勉強の時間もしっかり確保しなければいけません。

門限までに帰るのは、帰りが夜遅くなると危険なことに巻き込まれてしまうことがあるということもありますが、やはり勉強の時間をしっかりとるということも門限の役割です。
親御さんにも心配をかけてしまいますので、ちゃんと門限までには帰るようにしましょう。
親御さんにお付き合いを反対されてしまうと、一緒に遊びに行くのも許してもらえなくなってしまいますよ。

中学生は大人への階段を上っているところなので、どうしても背伸びをしたくなったり、悪いことをするスリルが楽しく感じてしまうことはよくわかります。
ですが、悪さをして怒られるのは嫌ですよね?親御さんの言うことをしっかり聞くようにしましょう。

2.恋人優先にしない!

image by iStockphoto

恋人ができると、一緒に学校から帰ったり、一緒に勉強したり、一緒に過ごしたいという気持ちがたくさんでてきます。
その気持ちはもちろん自然なことなのですが、すべての行動を恋人と一緒にしてしまうと、もし別れてしまったときに孤立してしまう危険があるんです。
「私は孤立しないから大丈夫」「俺は孤立しても気にしない」という気持ちを持っているあなた。
その気持ちはとても危険!

恋人に夢中になってしまうと、友達よりも恋人との時間や予定を優先してしまいがち。
その状態をずっと続けていると、友達から「あの子は誘ってもだめだから、放っておこう」という噂が立ちやすくなってしまいます。
放っておかれた状況の中でもし別れたとして、友達はあなたの事を受け入れてくれるでしょうか?なかなか素直には受け入れてもらえないです。

それは当たり前の話で、恋人がいるときは恋人優先で友達からの誘いをすべて断ってきたにも関わらず、別れたからといって都合よく友達のところに戻るというのは、なんだか虫が良すぎる話。
友達からしてみると「利用された」と捉える子もいます。
どんなときでも最後に自分の味方をしてくれるのは友達ということを忘れずに、すべてを恋人優先にしないように気を付けましょう。

3.宿題をしっかりやる

image by iStockphoto

「俺、彼女いるけど宿題はちゃんとやってるよ」「私、彼氏と一緒に宿題やるから大丈夫」そのように考えている方もいますよね。
恋人がいてもしっかり勉強しているのはえらいことですが、中学生のすべきことは勉強ですよ。
つまり、恋人がいてもいなくても宿題をしっかりやるのは当たり前のことなのです。
ですが、今ではスマホの普及が原因で、恋人と連絡を取ることに夢中になって、宿題をやらないというケースが増えています。

もし宿題を提出していたとしても、答えを丸写しで提出していて、テストの点数が悪いということもあります。
宿題はその日学校で勉強したことを定着させるためにあるものです。
恋愛でいうなら2人の絆を深めるためにデートをしたり、連絡を取るような感覚と一緒。
しっかりと形にしなければ、テストの点数も恋愛もうまくいきません。

恋愛上手は宿題などやることをしっかりやってから遊んでいます。
もしどうしても恋人と一緒にいたいときは、まずは宿題をしっかりやってから!一緒に宿題をやるときは、おしゃべりに気を取られて宿題が終わらないということがないようにしてくださいね。

4.身体の関係には気を付ける~その1~

image by iStockphoto

中学生になると、異性の身体が必要以上に気になってしまったり、触ってみたいという感情も出てくるかと思います。
そのときに気を付けるのは「キス」。
これは特に女の子に言っておきたいことですが、女の子はキスで止まるだけの気持ちがあっても、男の子はそうはいきません。
キスする=身体の関係を許してもらえるという、方程式が成り立ってしまうのです。

ドラマを見ていると、好きな人とキスしてみたいですよね。
告白がOKだったらすぐにでもキスをしたいと思うことは、中学生になれば自然に思ってしまうことなのです。
なので、もしキスがしたいと思っていても、それはおかしことではないので安心してくださいね。
肝心なのはキスをしてそこでしっかり歯止めをかけること。

男の子には難しいことなのかもしれませんが、彼女のこと、大切ですよね?ずっとそばにいたいと思いますよね?もしそう思うのであれば、キスまでにとどめておくようにしましょう。
その先まで進んでしまうと、大きな問題が発生することもあります。
その大きな問題については次で触れていきますので、見逃さないようにしてくださいね。

5.身体の関係には気を付ける~その2~

大切なことなので、その1とその2に分けてお伝えしていきますね。
その2は、本当に身体の関係を持たないようにしましょう!ということです。
異性の身体の作りが気になったり、大人の真似をして経験してみたいということも考えてしまいますよね。
その気持ちもごく自然なことなので、直す必要はありません。

ですが、本当に身体の関係をもってしまったときのリスクをもう1度考えてみましょう。
どんなに避妊しても100パーセント妊娠しないという確率はありません。
特に中学生はホルモンバランスがまだ未発達ですので、ふとしたことで「妊娠してしまった」なんてことも起こりえます。
妊娠したら今の状態で責任が取れますか?中学生ではなかなか難しいと思います。

だからといって高校生や大学生はどうなのかというと、やはり学生である以上責任は取れない可能性が高いです。
自分のテクニックを試してみたいという場合も、その気持ちは抑えましょう。
中学生は年齢的にもまだ子供です。
身体の関係を簡単に考えず、ハグだけで止めるなど、恋人を大切に思うのであれば、頑張って我慢しましょう。

6.相手の事情を考えてあげる

image by iStockphoto

ここからは大人になっていくうえで必要な恋愛の掟を頑張って身に付けましょう。
どんな相手でも門限や予定など事情をかかえているものです。
中学生では塾に行っていたりすると特定の曜日に会えないということがあります。
その場合、会えないことに注目してしまって、どうしても辛い思いをしてしまいます。
ですが、大人になると仕事や家庭の事情などで恋人と会いたくても会えないという状態があります。

中学生のときから素敵な恋愛ができているのであれば、大人の恋愛にステップアップできるチャンスととらえて、相手の事情を理解してあげる努力をしてみましょう。
会えなくて寂しいと浮気をしてはいけません。
恋人の事情をしっかり理解してあげることも恋愛の中ではとても大切なことなのです。
少しハードルが高いことかもしれませんが、大人になるための試練と思って、恋人の絆で乗り切りましょう。

制限があることをどんどん2人で乗り越えていくと、ますます2人の絆が固いものになって、些細なことでは崩れない素敵な関係を築いていくことができます。
周りからも素敵なカップルと羨ましがられるくらいの関係になっちゃいましょう!
次のページを読む
1 2
Share: