出会う恋愛

ネットでの出会いはデメリットばかり!?ネットで出会う時の4つの注意点と3つのメリットもご紹介

現代では一人に1台はスマホを持っている時代。いつでもどこでも簡単にインターネットに繋がることができ、私たちの生活はとても便利になりましたね。レストランの予約や買い物だって指先ひとつで簡単にできるように。「出会い」もそのひとつ。しかし、ネットでの出会いはまだまだネガティブなイメージが強く、友人には言いにくいという現状があります。今回はネットでの出会いに焦点を当て、その注意点やメリット&デメリットについてお話しさせていただきます。

ネットでの出会いにはどんな方法があるの?

まずはネットでの出会いにはどんなものがあるのかを挙げていきたいと思います。
ネットでの出会いときくと、まず真っ先に思い浮かべるのは「出会い系サイト」と呼ばれるものではないでしょうか。
その理由は度々事件やニュースなどで取り上げられているため。

特にこの出会い系サイトがきっかけで中学生や高校生など未成年者が事件に巻き込まれていくことが多いので、そのイメージが強く付いてしまっています。
しかし、出会い系サイトと一口に言ってもさまざまな形があり、全てが事件に巻き込まれてしまうような危険性のあるものばかりでもありません。

例えば恋活・婚活を目的とした登録制のアプリやオンラインゲーム、FacebookなどのSNSを利用とした出会い方も「ネット出会い」というカテゴライズでしょう。
結婚を最終目標とした婚活サイトや婚活アプリなどは、事前に細かなプロフィールを提示するため、安全性が高く女性の利用も増えています。

インターネットでの恋ってアリ!?世の中の声

ネットでの出会いが増えているという情報もありますが、実際にどのくらいの人がネット上で出会った人と恋をしているのでしょうか。
あるアンケート調査によると、ネットで知り合った人と付き合った経験がある男女は全体の10パーセントくらい。
思ったよりも多いのではないでしょうか?しかし結婚までたどり着いたカップルとなると全体の5パーセント以下でしたので、やはりネットでの婚活はまだ少数派なのかもしれません。

またネットでの出会いに対してどんな印象があるのかアンケート調査したところ、男女ともに過半数の人がネット恋愛において抵抗があると回答しています。
特に女性では70パーセントの人がネットの出会いに対してネガティブな印象を持っていることが明らかになっています。

ネット恋愛のデメリットと4つの注意点

多くの女性たちがネット恋愛に対して抵抗があるようですが、中にはネットだからといって出会いのチャンスを狭めたくないと思っている女性もいることでしょう。
ここからは、そんな女性たちにも聞いて欲しい、ネット恋愛ならではのデメリットや注意点を挙げていきたいと思います。
これからネット恋愛をしようとしている女性は要チェック!

#1 実際の情報かどうかわからない

image by iStockphoto

会員制で料金システムがある恋愛サイトなどは、ハードルが高く、もっと手軽に気楽に出会える方法がないかなと思った時に行きつく場所がちょっと怪しいニオイのする「出会い系サイト」。
この手のサイトで知り合った男性は、遊び目的の人も多く、偽名を使っていたり嘘をついたりして本当のことを隠している場合があります。

ちょっと遊びたいと思っている相手に対して、誠実な対応を取るはずもなく、すぐに切れてしまっても良い関係だからと、その場だけの人間関係をつくろうとしているのです。
そのためお互い遊び目的で出会うなら良いのですが、会うまでどんな人物なのかわからないため、犯罪に巻き込まれてしまう危険性も潜んでいることだけは頭に入れておきましょう。

#2 会ったら別人!?

image by iStockphoto

お互い会う前にメールなどで顔写真を交換していることもよくありますが、実際に会ってみたら別人だったという話はネット恋愛ではあるあるです。
たいてい自分の一番よく盛れている写真を相手に送ろうとしますので、実際の顔立ちや印象とかけ離れていることは想像に難くありません。
特に男性の中にはネットで知り合った女性との待ち合わせ場所に早くきて、どんな容姿かチェックしてから会うかどうか決めるというひどい人も。
自分の想像していた女性と違ったら、平気でドタキャンすることもあるので注意してください。

写真での印象だけではどうしても相手をつかめきれません。
人は顔立ちだけではなくて、その人のまとっているオーラや雰囲気、所作など全体を見て相手の印象を決めていきますから、会う前に写真を見たとしても参考程度にとどめておく方が良いです。

#3 リアルで会ってしまうと全く話が合わない

image by iStockphoto

チャットやメール、電話を通して何年も繋がっていた相手とでも、実際に初めて会ってみたら話が全く合わないなんてこともよくあります。
電話で話した時はあんなにも話が盛り上がっていたのにどうして?と不思議に思うことでしょう。
それもそのはず。
メールや電話では表情や仕草など相手の全体を見る事なく、トーク内容だけを交わし合っているのですから、受け取れる相手の情報が極端に少ないのです。

また人は異性に対して自分が相手に「こうであって欲しい」と理想を抱きながら少なからず関わっています。
特にネット上だけで、まだ実際に会ったことがない人ならなおさらのこと。
会って初めてその人の持っているクセや個性を知ることができるため、頭の中に描いていた相手とのギャップを感じて、あれ?この人本当にいつも話していたあの人?と思ってしまうのです。

#4 周囲に知っている人がいない、共通の友人ができない

仕事場や学校で出会う、習い事先や友人の紹介で出会う時は必ずふたりを知っている共通の人々がいますよね。
しかし、ネット恋愛ではその共通の人が全くいない状態で人間関係をつくっていくため、一般的な出会い方とはここが大きく違う点です。
共通の知り合い、または友人がいるということは、その人自身を第三者目線で見る事ができ、普段は意識していない部分ですが、実はこの第三者目線で相手を見るということはとても大切。

先ほども言いましたが、相手が偽名や嘘をついているかどうかも、実際にはわかりません。
出会ってからも周囲にきくことができない限り、相手の言っていることが本当かどうか、真実を知ることができないのです。
これから恋愛をしていきたいと思っている相手に対して疑いの目で見たくはないのですが、騙そうと思えばいくらでも騙せてしまいます。
第三者から見た相手を知るということは、とても重要な事なので関係が深くなっていく前に、相手の友人を紹介してもらう、可能ならば彼がどんなところに勤めているのかを自分の目で見て確かめてみてください。
次のページを読む
1 2
Share:
remi0426