LINE恋愛

長続きするカップルのLINEの特徴は?活用法をご提案

長く付き合っていてもずっと仲良しのカップルがいますよね。長続きのカップルは普段から上手にコミュニケーションが取れています。コミュニケーションを取るにも、ありのままで、媚びることなく、自然体なのです。そんな仲良しカップルはどのようにLINEを使っているのでしょうか?LINEはほとんどの人が使っていますよね。マネできることも沢山あるのです。今回は長続きするカップルのLINEの特徴と活用法についてまとめてみました。コミュニケーションをより上手にとるための参考になればと思います。

長文ではなく基本的に単語を使う

image by iStockphoto

長続きするカップルのLINEはメールのようにだらだらと文章で会話することがありません。
LINEでは必要事項のみ送る傾向にあります。
伝わればオッケー、返事は迅速にというスタンスでいます。
例として待ち合わせをしたカップルで比べてみましょう。

長続きしないカップルのLINE「今◯◯に着いたよ〜!◯◯どこにいる〜?早く会いたいー待ってるね〜!」

長続きするカップルのLINE「着いた、はよ」

長続きしないカップルのLINEは毎回丁寧に文章を作ってくれている感じが伝わってくるのに対し、長続きするカップルのLINEは「素」をさらけ出せているように思います。
長続きするカップルのLINEは「気を使っていない」「気を使われていない」のです。
少し雑な感じもしますがお互い「本音」だということを尊重しているように思います。
そして、長続きしていて信頼のあるカップルはわざわざ好かれようとして文を考えることをしません。
直球なのです。
そのため文が短くなったり単語だったりするのですがしっかり愛情は伝わっているのですね。

会話のテンポが良く心地が良い

image by iStockphoto

基本的に単語を使うので、会話のテンポが良いことも特徴にあります。
会話という会話はせず漫才のようなLINEが繰り広げられるカップルもいます。
会話は電話で済ますことができますからね。
暗い話なんかは電話で話すよりLINEで伝える方がお互いに楽なのです。
感情は声に乗って伝わりますし暗いムードが漂ってしまいますが、LINEだと、「つら」「むり」「だる」など単刀直入に伝えることができて話すよりも気楽でスッキリするもの。
引きずりたくない出来事なんかはLINEでさらっと言う方がお互いのためでしょう。
相手も気の利いた返しができれば笑いに変えることだってできますから。

LINEは短い文章または単語でどう返すかというセンスも問われます。
ユーモアのセンスがあれば楽しいやりとりができるのです。
また、短い文でやりとりしていくうちに2人だけのリズムが生まれたり、ユーモアのセンスが鍛えられたり、直接では恥ずかしくて言えないような感情を伝えることができたりします。

記念日や誕生日には長文を送る

image by iStockphoto

いつものLINEは短い文章や単語ですが、「記念日」などの特別な日には長文のLINEを送ります。
相手もなかなかない長文に何か特別なものを感じてしまうもの。
記念日と誕生日くらいはいつもとは違った長文のLINEが好まれます。
LINEの良いところは、LINE専用の絵文字の種類が多いこと。
LINEの絵文字にはどんなものがあるか把握できていますか?携帯メールの絵文字よりも種類が豊富で、それを使ってオリジナルの文章を作ることができます。

女性はそういう絵文字なんかを上手に使って凝った文章を作るのは得意なのですが、男性は苦手な人が多いです。
そんな時に自分らしいLINE絵文字を使うだけでも特別感を与えることができますよ。
長続きするカップルは男性が女性の気持ちをよく理解していますよね。
女性は記念日などを大切にしたい生き物ですから、普段と記念日のメリハリはつけたいのです。
女性は何か特別なサプライズなどは期待しておらず、記念日を覚えてくれていただけでも嬉しいもの。
いつもとは明らかに違う文章に特別感と感動を覚えるのです。

スタンプだけでも意思疎通ができる

LINEは絵文字が豊富ですが、スタンプはもっと沢山の種類がありますよね。
無料のものをダウンロードするのも良いですし、凝っている人は自分に合ったスタンプを購入したりします。
ある条件をクリアすれば無料でダウンロードできるものも沢山あります。
カップル用のスタンプなんかもあるので共通のスタンプを持つのも良いですね。
自分の名前が入ったスタンプも出ていますから探してみると良いでしょう。
カップルのキャラや個性は様々ですから、スタンプにそれぞれの「カップルらしさ」が表れて面白いものです。

忙しい時や、食事の時なんかはスタンプを返せば相手は理解してくれたりしますし、スタンプの中にも「今忙しい」など言葉が入ったものが多く、場面によってスタンプを使い分けられる人もいます。
スタンプの気軽さからスタンプだけでやり取りできるカップルもいます。
お互いを理解できていれば返信がスタンプのみだったとしても気にならないものです。

スタンプは基本的に連打して愛情表現

大好きな彼女彼氏だから嬉しいスタンプの連打。
カップル以外にはNG行為ですが、信頼関係が築けているカップルはスタンプを沢山送り合います。
溢れんばかりの愛情を伝えたくてスタンプを連打する人もいますし、スタンプ1つでは物足りない感じがして沢山送ってしまう人もいます。
特に用事がなくてもお気に入りのスタンプを送って積極的にコミュニケーションを取ろうとするのです。

信頼関係が築けていないと、スタンプ連打だけのやり取りは適当にあしらわれているように感じてしまうので注意が必要ですが、中が深まり信頼も築けると悪ノリしてスタンプ連打だけのやり取りでも不満はなくむしろ楽しむことができます。
かまってほしいタイプや寂しがりやな人はスタンプを沢山送る傾向にあるようで、お互いにかまってほしいタイプの人だと1日中スタンプのやり取りをしているカップルもいます。
この場合、両方の依存なので成り立つのです。
片方だけ依存している場合は、片方が疲れてしまい上手くいかなくなってしまうこともあります。

LINEのアルバムは写真でいっぱい

仲の良いカップルは共有したいものが多くあるため写真を沢山送り合います。
何か面白いものを見つけては連絡して一緒に楽しもうとするのです。
楽しいことを見つけては「教えたい」と思うのは大事に思っている証拠ですね。
嬉しいことがあった時や、びっくりすることがあった時なども同様です。
そのため頻繁に連絡を取るようになりますよね。

また、上手くいっているカップルほど2人の写真を撮ろうとしますから、思い出の写真も多くなるものです。
LINEは写真を送るのに大変便利で、まとめて送ることも可能ですから積極的に使うことでしょう。
長続きするカップルは思い出が沢山なので、LINEのアルバムにも写真が沢山残っています。
LINEのアルバム(またはPhotos)をみると今までどんなやり取りをしてきたか振り返ることができますよ。
たまに振り返ってみるのも良いでしょう。
2人の関係性も垣間見れますよね。

ビデオ電話を積極的に使う

image by iStockphoto

LINEのビデオ電話は使っているカップルと使わないカップルとに分かれますがあなたはどちらでしょうか?画面越しですが、すぐに会えるので長続きカップルはLINEのビデオ電話を重宝しているのです。
たとえ遠距離をしていてお互い違う国にいようが、Wi-Fiさえ繋がれば無料でビデオ電話できるのでとても便利ですよね。
ビデオ電話にも色々ありますが、やはりLINEのビデオ電話が1番手軽で使いやすいと思います。

文章やスタンプもいいですが、それよりビデオ電話の方が何倍も近い距離感でコミュニケーションを取れますからおすすめです。
なにより好きな人の顔は見たいものですよね。
寝る前なんかにビデオ電話をすると幸せな気分で寝れることと思います。
寝る前に聞く言葉や見たものは印象に強く残るものですから、そういうことも仲良しカップルに影響していることでしょう。
簡単にマネできますよね。
通話中からボタン1つでビデオ電話に切り替えることができますから使ってみると良いでしょう。
次のページを読む
1 2
Share:
konohana