ギフト・プレゼント

日頃の感謝の気持ちを込めて贈りたい。米寿のお祝いのおすすめプレゼント28選

88歳を祝うお祝いである米寿。「米」の字を分解すると「八十八」に見えることに由来しており、他のお祝いに比べても親しみのあるお祝いなのではないでしょうか。長生きで元気なお年寄りが増えた現代においても88歳はやはり長寿。身近な人が米寿を迎えるとなれば、素敵な贈り物をしたいですよね。そんな時におすすめのプレゼントと米寿のお祝いのチェックポイントについてまとめました。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

米寿のお祝いってそもそもどんなもの?

image by iStockphoto

世界でも長寿で名高い日本においては、平均寿命も80歳を超え長生きのお年寄りも珍しくなくなってきましたが、かつては平均寿命が40歳から50歳という時代もありました。
そんな時代60歳の還暦を迎えることは難しく、70歳を迎える人は非常にまれとされていました。

そのため60歳を過ぎてからは還暦や古希、喜寿といったお祝いが設けられるようになったのです。
米寿(88歳)はかつて還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)の次に行われる最後の長寿のお祝いとされていましたが、最近では卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)と寿命が延びるにつれお祝いも付け加えられるようになりました。

米寿のお祝いはどんなことをすればいい?

さてそれでは米寿のお祝いにはどんなことをすればいいのでしょうか。
特に何か決まったことがあるわけではないので、誕生日や敬老の日に合わせて家族みんなで集まるのもいいですし、遠方に住んでいる場合はプレゼントを贈るのもいいでしょう。
なんにせよご高齢であるわけですから、本人に無理のないようにお祝いをするのが一番です。

米寿のお祝いの相場は?

米寿のお祝いにプレゼントを贈る場合、相場はいくらぐらいになるのでしょうか。
地域によって異なりますが、以下のような額であることが多いようです。

祖父母…5000円から10000円

両親…10000円から30000円

家族全員で旅行に出かけるというような場合にはこの限りではありませんので、みんなで相談するようにしましょう。

米寿のプレゼントはどんなものにすればいい?

さて米寿のプレゼントはどんなものにすると喜ばれるのでしょうか。
まずはストレートに感謝の気持ちを表すお花や、お酒が好きなら特別な地酒なども喜ばれるでしょう。

また米寿のシンボルカラーは金色なので、プレゼントも金色をあしらったものを選ぶと米寿の特別なお祝いになりますよ。
Next:米寿のお祝いにぴったりなグッズを贈ろう
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Share: