ケンカ復縁恋愛

会わなきゃよかった!別れた彼に再会&後悔した5人の物語

ケンカ別れ、自然消滅…。不本意な気持ちで別れた彼とは再会したくなるものです。あわよくば、復縁できたらと願う女性も多いことでしょう。ですが、再会していろいろと後悔するケースもたくさんあるのですよ。そのような経験を持つ私が、周囲の経験談とともに、別れた彼と再会して後悔した5人のお話を語りたいと思います。

別れた彼に再会したくなるのは未練があるから

image by iStockphoto

「彼とどうして別れてしまったのだろう」「今なら別れた彼と、もっと上手く付き合えるはず」「別れた彼を忘れられない」など、別れた彼に未練たっぷりの女性もたくさんおられると思います。
できることなら、再会して復縁できれば…なんて考えてしまいますよね。

ですが、別れた彼と再会したって、復縁どころか「会わなきゃよかった!」と激しく後悔する事態になるかもしれません。
実際に彼と再会してから動揺しないように、先にこんな結末もあるということをシミュレーションしておきましょう。

別れた彼と再会したからこそ、後悔してしまった5人の物語  

image by iStockphoto

ちなみに、私が別れた彼と再会してたどった結末は3番。
当時付き合っていた彼とケンカ別れしたものの、付き合った期間が短かったため何だか不完全燃焼だったのです。
別れた彼に未練もあったので、「きっと、やり直せば上手くいくはず」という気持ちが心の中にありました。
でも、実際は…!

では、これから別れた彼と再会を果たしたものの、後悔してしまった5人の物語をお伝えしていきましょう。

1 やっぱり合わないと思いしらされた

image by iStockphoto

付き合い始めはラブラブだった2人も、いつしか歯車がかみ合わなくなって破局を迎えたりするものです。
「彼のことは好きだけれど、どうしてもココが合わない」「こういうところが耐えられない」、そういった不満が爆発して別れてしまった女性に多いのがこのパターン。

楽しかった頃の思い出は、別れた後に輝くもの。
例えケンカ別れでも、彼の素敵な部分が別れた後にジワジワと輝いてしまいますよね。
想いが募り再会を果たしたものの、会って数時間で「あ、やっぱり彼とは無理!」と、合わないことを改めて思い知らされたという結末です。

2 私だけがボロボロ…!新しい生活をエンジョイしていた彼

image by iStockphoto

別れた彼に再会、昼間にカフェで落ち合った2人。
彼は新しい彼女こそできていなかったけれど、仕事をバリバリこなして精神的に充実しているようで何だか楽しそう。
彼女は破局後、落ち込んで仕事が手につかなくなるくらいボロボロだったというのに…!自分と別れた彼がノーダメージだなんて、「私はいったい何なの?」って悔しくなってしまいますよね。

もちろん、別れた彼には復縁する気ナシ。
彼女のことは、どうしているのか気になっていたというぐらいで、まったくの友達感覚で再会したのだそうです。
さらに自分のいない新しい生活をエンジョイしていたという事実を突きつけられた彼女。
彼との再会に淡い想いを抱いていた彼女は、Wでショックを受けただけという残念な結末でした。

3 意外と、そんなにときめかなかった

image by iStockphoto

別れたものの彼に未練たっぷりだった、私の経験談。
どちらからともなく、「会おう」ということになって…。
仕事終わりの夜に、おしゃれな人気のあるバルで待ち合わせたのです。
久しぶりの再会、素直に「別れて後悔している」「できれば、やり直したい」と伝えるつもりでした…。

ですが、実際に会ってみると、なぜか彼に全くときめかなかったのです。
あんなにやり直したいと熱望していた私だったのに。
復縁という流れにならなかったせいか、別れた彼は食事後、怒って帰っていきました。
別れた彼に未練があったことは確かなのですが、以前のように彼に対して気持ちの高ぶりを感じるまでに至らず…。

自分の気持ちとは裏腹に、「彼とは終わった」という事実だけは、しっかりと前を向いて歩いていたんだと実感した結末でした。

4 復縁したけど、結局すぐに別れた

image by iStockphoto

大ゲンカして別れた2人。
別れた彼も、彼女と同じように別れたことを後悔していたので復縁を願っていました。
そして、再会して、気持ちが盛り上がって復縁することに。
始めこそラブラブだった2人だったのですが、やはり同じことが原因で衝突、ケンカへと発展して結局すぐに別れてしまいました。

気持ちを入れ替えてやり直したはずの2人だったのですが、合わないものは合わないという残念な結果に。
復縁したいというお互いの願いが叶っただけでも良かったのでしょうか。
「好きになる人」が「自分に合う人」であるとは限らないという男女間の不思議なところですね。

5 流れで…その後音沙汰なし

image by iStockphoto

別れた彼に未練のあった彼女は、彼との再会を果たします。
2人はお酒が進んでしまったこともあり、復縁の話もしないまま一夜をともに…。
彼女はなんとなく、また以前のように別れた彼との関係を取り戻せると思っていたようですが、彼のほうは結局そこまでではなかったみたいです。
彼女とのことは、男性にありがちな単なる衝動だったのでしょうか。

彼からはその後、音沙汰もなかったそうです。
彼女は自分の行動を深く後悔していましたが、反面、そのことがきっかけで別れた彼をふっきることができたのだとか。
男女の関係って本当に難しいですよね。
次のページを読む
1 2
Share:
hayakyo