彼氏のこと恋愛

ただの男友達が彼氏候補に?!男友達にキュンとする瞬間

ただの男友達だと思っていたのに、あるとき突然キュンとしてしまう瞬間があります。今まで全く異性として見ていなかったのに…と驚いてしまうことも。私にも長年ただの飲み友達がいたのですが、急にドキッとして「あれ、この人が彼氏だったらいいかも」と思ったことが何度かありました。好きな女友達から異性として見てもらえない…と悩んでいる男性の方に、どんなときに女性が男友達を異性として意識するのかについてお話していきたいと思います。

仕事や恋愛で落ち込んでいるときに笑わせてくれる

image by iStockphoto

自分が仕事や恋愛で失敗したり行き詰ったりして落ち込んでいるときに男友達が励ましてくれる、そんなときはやっぱり嬉しいですよね。
でもただ頑張れと励ますのではなく、私の失敗や行き詰った状況を上手に笑いに変えて、笑わせてくれる…そんな励まし方だとますます嬉しくて女性はキュンとしてしまいます。
頑張れと励ましてくれるのももちろん嬉しいのですが、笑いに変えるのってなかなか技術が要りますよね。
それができる男性には頭の良さやセンス、隠れた優しさを感じます。

私も以前、長年付き合った彼氏と別れてしまい非常に落ち込んでいた時がありました。
そんなとき男友達が飲みに付き合ってくれたのですが、深刻な話も聞いてくれる一方で私の状況を上手に笑いに変えてくれたり、私を笑わせてくれることで励ましてくれたのです。
その男友達には彼女もいたので私に対する下心などは全くなく、友達としてそのように励ましてくれていることに、なんだかとても嬉しくなって少しキュンとしたのを覚えています。

突然距離を縮めるような発言をする

image by iStockphoto

ただの男友達と思っていた相手に、突然距離を縮めるような発言をされるとドキッとすることがあります。
たとえばいつも当たり前のように仕事の後などに二人で飲みに行っていたとしても、「今日仕事の後、空いてる?デートしない?」のようになぜか「デート」という言葉を使われたりすると、あれ?どうしたのかな?と気になってしまいます。
もちろん相手がふざけているだけだったりする場合もあるのですが、たとえふざけているとしてもなんとなくこれってデートなのかな?などと気になったりするきっかけになります。

私の場合も、男友達と普段の会話の中で温泉の話になったときに突然彼が「温泉久々に行きたいなー。
でも行く相手もいないし。
一緒に行っちゃう?」とかなりふざけた様子ですが言われたときに思わずドキッとしてしまいました。
彼の本心はどうだったかのかわからずじまいですが、ふざけた感じで誘われると断る場合も断りやすいですし、女性にとっては負担に感じない誘われ方の一つだと思います。

いつもとは違うシチュエーションで会う

image by iStockphoto

いつも仕事帰りに飲みに行くだけの男友達と、何かのきっかけで休日ランチをしてみる、またはその逆で休日にしか会ったことがないのに夜二人で飲みに行ってみる。
そのようないつもとは違うシチュエーションで会うと急にドキドキしたり相手を異性として意識しだすということもあります。
いつもスーツ姿しか見たことなかった男友達の私服が思いのほかセンスがよかった、私服しか見たことなかったのにスーツ姿が素敵だった。
そんなとき女性は、急に男友達から彼氏候補に?なんて考え始めたりすることも。

私にもそんな経験があります。
仕事帰りに飲むだけの飲み友達と、初めて休日に美術館に行ったのです。
そのときは彼がたまたま手に入ったという美術館のチケットがあり、ちょうど二人とも見たい展覧会だったので一緒に行くことになりました。
スーツ姿しか知らなかった彼の私服がとても私好みのかわいらしい雰囲気で似合っていたので少しドキドキしてしまいました。
また、いつもとは違う美術館というシチュエーションがまるでカップルのデートのようだったから、ということもあると思います。

大勢の集まりの中でも気にかけてくれる

image by iStockphoto

二人だけで会っているときばかりでなく、大勢の人たちとの集まりの中でも男友達が自分を気にかけてくれるとなおさら嬉しいもの。
こんなにたくさん人がいる中でも自分のことを心配してくれているのかな…とキュンとしてしまいます。
例えばサークルや会社の飲み会などで少し気分が悪くなったり、困った状況になっているときに察知してくれたり、サポートしてくれたりというような行動は、間違いなく女性の心を動かします。

私は以前会社の飲み会で、酔うとやたらとボディタッチをしてくる男の先輩がいて困っていました。
会社の先輩なのであまり失礼な態度も取れないし、困ったな…と思っていると、男友達が遠くの席にいたにもかかわらずそれをちゃんと見ていてくれたのです。
私が化粧室へと席を立ったときに近寄ってきてくれて、「なんだか先輩にべたべた触られてたけど大丈夫?席代わるよ」と言ってくれました。
二人で一緒にいるときに優しくしてくれるのももちろん嬉しいのですが、このように人が多い状況で自分に気遣いをしてくれることに感動しました。

彼女にはしない相談事をしてくれる

image by iStockphoto

仲の良い男友達に特定の彼女がいる場合も往々にしてありますよね。
彼女がいるからこそ友達として付き合いやすい、という側面も男女の友情にはあります。
でも男友達が彼女にはしない、もしくはできないような相談事を自分にしてくれるとちょっと嬉しくなったりドキドキしてしまうこともありますよ。
それだけ自分のことを信頼してくれているのかな、と思えるからです。

「この話、彼女には相談できないんだけどさ…」と男友達に相談を持ちかけられ、相談に乗っているうちになんだかこの人が彼氏だったらいいのにな、なんて思ってしまう経験をしたことがあります(だからといって彼女がいるし、すぐに行動に移したりはなかなかできないところがもどかしいんですけどね)。
彼女がいるけど別れたい、そして女友達のことが気になっているなんていう男性は、ぜひ恋愛相談を気になる女友達にしてみてくださいね!そこから新しい恋愛感情が生まれる可能性だってありますよ。

男女の友情はある?!

男女の友情はあり得るのか、それともないのか?永遠のテーマですよね。
よく友達とも議論になりましたが、大方の答えは「結局、異性の友達には少なからず異性としての魅力も感じている」でした。
異性としての魅力が全く感じられない人とは友達になりたいとはあまり思わない、のだそう。
私もこの意見に賛同です。
だとすると、異性として全く見てもらえないと悩んでいる男性の方々にも彼氏候補になるチャンスはある、と思います。
上記でご紹介したような方法をぜひ、試してみてくださいね!男女の友情から恋愛に発展、ということになるといいですね。
Share: