カフェデート出会う告白彼女のこと恋の悩み恋愛

【異性に声をかける勇気がない…】仲良くなりたい人への思いを伝え方

日常生活を過ごしている上で色々な人と出会う機会が多いでしょう。学生さんであれば、学校生活や部活、社会人であれば、仕事や飲み会など多くの機会があると思います。その中で、「この人と仲良くなりたいな。」や「またこの人と会ってみたい。」と思った時にあなたはどうやってアプローチをかけていますか? 積極的にアプローチが出来る方は悩むことはないかもしれませんが、なかなか一歩を踏み出せない方も多いと思います。その一歩を踏み出せないことで、意中の相手と離れてしまう事はとても寂しく悲しいことですよね。そうならないためにも今回は、声をかけるにあたり大事なこと、注意しておきたいこと、試してもらいたいことをまとめてみました。

まずは自分から行動を起こしてみよう!

image by iStockphoto

先ほども述べましたが、皆さんは仲良くなりたいなと思った時はどういったアクションを起こしますか?また、あなたはどういった人と話をしたいと思いますか?話が面白い、明るい、接しやすいなど色々あると思います。
逆も同じで、あなたがそう言ったことを思うのであれば、不思議なことに、相手も同じようなことを思うことが多いのです。
そう言った点を踏まえ、ミラーの法則というものをお伝えします。

ミラーの法則とは、自分の周りの人達やその出来事は自分を映している、いわば、投影しているという心理学があります。

具体例を挙げると、自分がそっけない表情や態度をしていると、相手もそのような態度をしようと思っていなくてもしてしまうのです。
まるで鏡に映った自分のように映えてしまいます。
あなたが楽しそうにしていると、相手も楽しく思ってくれることでしょう。
そういった楽しそうや、嬉しそうな素振りをすることが大事です。
相手も「もっと話してみたいな」や「興味が湧いてきた」と思ってくれることでしょう。

話し上手になるよりも、聞き上手になってあげることが大事

image by iStockphoto

仮に、仲良くなりたい、好きになったという人と近づけたとしましょう。
ここからがスタートと言うことになります。
さて、これから先はどうやって近づいていきましょうか。
自分のプロフィールや経歴、経験を相手に話してみますか?また、相手の話を常に聞いていますか?色々と選択肢が現れると思います。
ちなみに、みなさんは話すことと聞くことの割合はどちらの方がいいと思いますか?話をたくさんしすぎても、相手が興味のない話をしているようであれば飽きてしまうことだと思いますし、話を聞いているだけであると相手に積極性がないと思われてしまうかもしれません。
どちらか一方に偏ってしまうと相手に好意な印象を与えることが出来なくなってしまいます。

一般的には、心理カウンセラーや、精神科のお医者さんなどは、話すことよりも、聞いてあげるということが大事だと話します。
この場合も、それが当てはまり、話を多くするよりも、聞いてあげる方がやや比率としては高い方がいいかもしれません。
イメージ的には、話す:聞く=3:7とするのが良いのではないかと思います。
最初は自己紹介を混ぜながら、相手の印象に残る話を端的に話し、後は相手の話に合わせ、聞き役に回ってあげることが良いでしょう。
相手の表情に合わせ、一緒に頷いてあげたり、笑ってあげたりしてあげられると、とても良い印象を持ってもらえます。

話の聴き方にも注意!態度によってあなたの印象は全然変わります!

image by iStockphoto

初対面の相手であると、最初のインプレッションで9割は決まってしまうと言われています。
一番重要度を占めているのは見た目・外見(髪型・眉毛・化粧・ひげetc…)ですのでそこは問答無用でしっかりと整えていきましょう。
見た目・外見が整っている状態であることを前提としてお話しします。

まず、相手との距離感が大事になっていきます。
近すぎず、遠くなりすぎずということになるのですが、人にはそれぞれ「パーソナルゾーン」「パーソナルエリア」というものがあります。
例えば、満員電車に乗っていて、知らない人に密着されているのは嫌ですよね?友達や知り合いであったとしても近すぎて良い気持ちはしないと思いますので、その人に嫌がられない位置を見つけてあげることが大事になってくるでしょう。
せっかく良い対応をしていても、良く思われていても、相手との距離が近いとそれだけで台無しになってしまうこともありますので注意が必要です。

ポイントを押さえて気になる人にどんどん話かけよう!

image by iStockphoto

まとめとして、まずは自分自身であなたに興味がありますよ、というアクションを起こすこと、それと同時に相手に興味を持ってもらえるような立ち振る舞いをすることが大事です。
そこのスタートラインに立てなければなかなか交際が発展、進展するのは難しいでしょう。
そこから大事なことは、相手を否定しない、相手を受容してあげるということです。
「そうなんですね!」や「なるほどなるほど!」と言ってあげるだけで相手との距離はグッと近づくことでしょう。
興味を持ってくれた皆さん、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
Share: