かわいくなるデートファッション

オシャレしながらモテちゃおう♪本当に男性ウケの良いファッションを教えます!

服選びは毎日のことなので考えるのが結構大変だったりしますよね。気が付いたら何も考えずに同じパターンのローテーションになっていたり、雑誌を見て研究するものの掲載されているアイテムは高価で中々揃えるのが難しかったりと、女性にとってファッションの悩みは尽きません。ファッションだけで恋愛の成功が決まるわけではありませんが、思わず男性が視線を送ってしまう、いわゆる男ウケの良いファッションというのは存在します。今回は、男性に可愛い♪仲良くなりたい♪と思われることが多いファッションをご紹介していきます。

#1 ボトムスはスカートがやっぱり王様!苦手な人もたくさん穿いて慣れよう

image by iStockphoto

男性はスカートが大好き♪とよく言われますが、これは実際にその通りで、スカートの人気は鉄板で永遠です。
デートの時にスカートを履くのも喜ばれますが、普段パンツスタイルが定番の人だと、デートの時だけスカートというのは「いかにも」感が出てしまったり、履きなれていない雰囲気が伝わってしまうことがあるので、男性ウケの良いファッションを意識しているのであれば、何も無い日でも普段からスカートをどんどん履いて習慣にしてしまいましょう。
そうすれば自然とスカートが似合う雰囲気になってきますし、日常のふるまいも無意識の内により女性らしくなります。

#1 具体的にどんなスカートがモテるの?

男性は柔らかい素材感の服に女性らしさや儚さを感じるので、風でフワッとなびくような軽いスカートがおすすめです。
夏であれば綿や麻などの自然素材が理想ですね。
なびきやすいスカートだと簡単に下着が見えてしまうのでは…と不安になるかも知れませんが、男性ウケには必ずしもミニスカートである必要はありません。
ミニスカートは男性の目を引くのには一番有効ですが、あまりに短いと「遊び慣れている」と勘違いされたり、「他の男性に見られるのではないか」と心配になる男性もいます。
丈感としては、万人に好感度が高い膝丈スカートが一番です。
リボンなどワンポイントがある場合は、子どもっぽく見えることもありますので、スカートと同布のものなど一体感があるものを選びましょう。

フレアスカートはヒラヒラ感と手触りの良さが人気ですが、価格帯によってはテカテカしてかなり安っぽく見えてしまう恐れがあるので注意が必要です。
また、タイトスカートやチューリップスカートは簡単にセクシーに見えますが、よほど脚に自信がある人でないと似合うのは難しいので、まずは膝丈のシンプルなスカートから始めてみましょう。

#2 ワンピースはウエストに注意!

女性らしく、一枚で着るのでスッキリした印象のワンピースも男子受けするアイテムの一つです。
コーディネートもしやすいので女子としても積極的に取り入れたいですよね。
ワンピースであればポロシャツ素材やデニムなどのカジュアルな生地でも比較的きちんとした印象になるので、楽な素材感のものを選んでも十分にデートで通用するのが嬉しいアイテムです。

一般的に男性は女性の服を見る際、カラフルなものや派手な柄の入った服よりも、シンプルなデザインに惹かれる傾向が多いため、明るめの色でシンプルなワンピースであればより男性ウケを狙えます。
注意したいのはウエスト部分です。
ウエスト部分に切り替えやベルトのないストンとしたワンピースは楽チンで着心地は良いのですが、ゆったりしたワンピースだと全体的に太って見えてしまい、ややタイトめなワンピースだとお腹を強調してポッコリして見える恐れがあります。
その場合は、細めの女性らしいベルトでウエストマークをするか、ゆったりめのワンピースであれば、背中でウエスト部分の布を絞ってスッキリしたシルエットに見せてくれるアクセサリーも販売されているので、そういったアイテムを利用するなど工夫してスタイル良く見えるようにしましょう。

#3 パンツを履きたい場合は?

ボトムスはスカートが圧倒的におすすめですが、パンツスタイルが絶対NGというわけではありません。
男性ウケを意識してパンツを穿く時は、なるべく細めで、ベージュやホワイトなど明るくて大人っぽい色を選択するのがおすすめ。
いわゆるコンサバ感のあるパンツなら女性らしさをさりげなくアピールできるので、デートに着ていくという選択肢も十分にアリです。

ただし、ジーンズは男性ウケということを考えるとあまりオススメしません。
ヒールやチェーンバッグなどを合わせれば十分に女性らしいのですが、男性は女性のファッションをあまりトータルで見ることがなく、「スカートだ!」「ヒールだ!」と部分で捉える傾向にあるためあまり伝わりません。
ジーンズはアウトドアなど実用重視のファッションが必要な時に、TPOに合わせて穿くという風に留めておいた方が良さそうです。

#2 あえての「低め」がメンズ受け!足元は上品ヒールで彩ろう

image by iStockphoto

モテを意識するなら、靴は絶対ヒールです。
ヒールのパンプスは女性らしさの象徴のようなアイテムで、履くだけで背筋も伸びて腰もキュッと上がってスタイルが良く見えます。
足もぺたんこのパンプスやスニーカーに比べるとびっくりするほど細く見えますよね。
ピカピカに磨いたヒールを履いていれば、それだけで間違いなく男性は「おっ!」と思うはず。

ヒールは歩きにくいのが難点ですが、かかとが高ければ高いほど良いというわけではなく、モテを狙うなら5cm程度のもので十分です。
ピンヒールは女性から見ると憧れますが、一般男性から見ると「歩きにくそう…デート大丈夫かな?」と思ったり、高嶺の花だと思われて敬遠されることもありますから、無理して履く必要はありませんよ!

どんなデザインを選べば良いの?

ヒールの場合もそうでない場合も、靴はシンプルなデザインやカラーリングのものを選ぶのがおすすめです。
飾りの付いている物も可愛いですが、リボンや花のモチーフは子供っぽく見えたり、ほこりや汚れが付きやすく履き古したような印象を与えてしまうことがあります。
靴磨きの際も手間が掛かってしまうので、その靴が大好きでしっかり手入れできる、という人でないと難しいと思います。

また、ヒールが良いとお話しましたが、かかとが高い靴なら良いというわけではないのでご注意を。
いわゆる厚底タイプのウェッジソールは、ヒールと比べて安定感があるため歩きやすく女性には人気ですが、男性に受けるのは圧倒的にヒールです。
太さのあるヒールなら最近は歩きやすさを重視したパンプスがたくさん売られているので、ぜひこの機会に自分に合ったヒールを探してみてください。

#3 トップスはそこまで気にしなくても大丈夫

image by iStockphoto

トップスについての説明が最後になってしまったのは、モテには必ずしも重要度が高くないからです。
スカートにヒールという鉄板の男受けアイテムが揃っていれば、トップスはそこまで気にしなくても大丈夫。
Tシャツでもシャツでもカットソーでも、よほど変わったデザインでなければ自分の好みやコスパで選んでしまったOKです。
シャツであれば袖口が汚れていないか、Tシャツであれば襟元がたるんでいないかといった清潔感を大切にしましょう。

ただし、袖が非常にゆったり作られているドルマンスリーブなどは男性受けの観点からはあまりオススメできません。
シルエットが全く出ない服よりは、女性らしいボディラインがさりげなく協調されるような細身の作りのお洋服を選びましょう。
スタイルが良く見えますし、男性は女性ならではの腰のくびれが大好きなので、自然と視線を送るようになりますよ。

おすすめアイテムを提案するとしたら、夏にはノースリーブのシャツが良いでしょう。
シャツというカチッとしたアイテムと、ノースリーブという女性らしさのギャップが魅力的です。
次のページを読む
1 2
Share:
reshui2017