彼女のこと恋愛

【嫌われないために!】彼女が引いてしまう行動4選

あなたはどのくらい彼女のことが好きですか?付き合っているくらいですので、とても好きに違いありません。しかしながら、その愛情が裏目に出てしまい彼女に嫌われてしまうこともあります。自分で気づき修正していければ良いですが、気づかずに彼女にストレスを与え続けて彼女が耐えられず別れを切り出してくると言う状況もあります。もしそうなってしまったらとても悲しいですよね。また、自分が良かれと思ってやっていたことが実は彼女のことを傷つけていたり、嫌な気持ちにさせていたりしています。そこで今回は私と一緒に彼女が引いてしまうことを見ていきましょう!

彼女が嫌だと思っていることはこれだ!

image by iStockphoto

それでは早速、彼女がされてしまうと嫌だと思うことを確認していきましょう。
こうしてみると、彼女への愛情の度が過ぎてしまったり、自分で気づけないとしがちなことが多いのかもしれませんね!

その1 束縛が強い

image by iStockphoto

彼女を愛しすぎるがあまり、束縛し過ぎていませんでしょうか?彼女が束縛をするパターンもありますので一概には言えませんが、束縛をし過ぎてしまうことは良いことではありません。
束縛を受けた方は自由を奪われている感覚にもなりますし、疑われているようにも思えてしまいます。
やがて束縛に疲れ、彼女は自由を求めるために別れを切り出したり、浮気をしてしまったりと言うようなことをしてしまうかもしれません。
一見、彼女があたかも悪いような印象を受けるかもしれませんが、よくよく考えてみると自分が悪かったと思うこともあります。
彼女のことを好きな気持ちは分かりますが、注意が必要です。
お互いに程良く自由を持っておきましょう。

その2 自己中心的で話を聞いていない

image by iStockphoto

デートなどをしている際に彼女の話を全然聞かず、スマホをいじっていたり、自分だけ一方的に話をしているような状況があると、彼女はデートに飽きてしまったり、デートが楽しくなくなったりしてしまいます。
最終的には、あなたと一緒にいても楽しくないと思ってしまうかもしれません。
そうなってしまうとおしまいです。
仮にあなたがデートをしていて話かけても話をしてくれない彼女、また一緒にいて楽しくない彼女といたいと思いますでしょうか?おそらくそのような彼女とは付き合いませんよね。
客観的に見て、自分中心に物事が進んでいるようだと相手に不快な思いをさせてしまいます。
話をされたらしっかりと話を返してあげる、自分の用事が忙しくても、なんとか話を返す余裕を持つことが大事です。
話を全く聞かないと言った状況だけは絶対に避けましょう。

その3 今までの女性と比較する

image by iStockphoto

今まであなた自身が色々な女性と付き合ってきた経歴があるかもしれませんが、その女性と今の彼女を比較してはいないでしょうか?はっきりとあなたの口から「元カノはこうだったのに…」や「「元カノの方が〜だったわ。」などと言うようなことを言ってしまうのはもちろん彼女に伝わり傷ついてしまいますし、口から発せられなくても雰囲気や素ぶりで伝わってしまうこともあります。
この場合も客観的に見て、そのようなことを伝えられてしまうと、彼女はとてもがっかりすると思いますし、嫌な気持ちになるのではないかと思いませんか?元カノと比べた所で良いことはないと思います。
そのような状況になったときにあなたも色々と思うことはあるかもしれませんが、過去を振り返らずに今の彼女の良いところをたくさん見つけてあげて、悪かった点や気になった点はやんわりと指摘してあげるか心の中に留めておくようにしましょう。

その4 お金遣いが荒い

image by iStockphoto

自分の趣味やギャンブル、彼女へのプレゼントなどに対してお金をとても使う人は注意が必要です。
基準としては、「そんなにお金を使っているの?」や「そんなお金どこから出てきてるの?」と言われたり、思われてしまうような位の金額を使っているようであると彼女に引かれてしまったり、不安にさせてしまっている可能性があります。
いざ自分で使っているとなるとなかなか気づかない可能性もありますが、ここも客観的に見て、他の人がお金を使っていると仮定してみてください。
同棲や結婚を見据える彼女にとってはお金遣いが荒いと言う事は不安でしかありません。
もし、該当をするのであれば自分で使用するお金の上限を決めたり、使ってきたお金を少しでも貯金するなどを行いながら気をつけていきましょう。

誰しもが嫌だと思っていることは極力しないように!

image by iStockphoto

今回は男性側にフォーカスをしてみましたが、女性側であっても嫌なことは嫌ではないかと思います。
結局のところは、男性も女性も同じようなことが言えるのかもしれません。
相手がされたら不快に思うことはしない方が良いと思いますし、自分がされたら不快に思う事はもちろんしてはいけません。
そこのところを気をつけて彼女とお付き合いをしていく必要があります。
ぜひ今回のことを参考にしていただき、末長くお付き合いをしていただければと思います。
Share: