ギフト・プレゼント結婚祝い

結婚祝いのメッセージ4選。大切な友達へ伝えよう

大切な友達が結婚をすることになったら、結婚式に招待されたらあなた自身も嬉しいはず。少し寂しいような切ない気持ちもあるかもしれませんね!お祝いする気持ちが大切ですが、せっかくですから手紙やスピーチで伝えてあげましょう。そして、あなたの気持ちを最大限伝えられるようなメッセージを送ってみませんか?具体的にはどのような言葉を入れたらいいのか、マナーや使ってはいけないの言葉はあるのか…?結婚祝いのメッセージをご紹介していくだけでなく、マナーについてもお話ししていきます。素敵な結婚祝いのメッセージを送りお互いに幸せな気持ちになることができるようにしましょう。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

友達へ結婚祝いのメッセージ4選

image by iStockphoto

結婚祝いのメッセージで入れた方が気持ちが伝わりやすい文章や言葉をご紹介していきます。
伝えたいことがたくさんあるのに、文章が苦手でなかなか進まない人もいるのではないでしょうか?ぜひ、この記事を参考にしてメッセージを書き始めてみてください。

今回は「友人へ」結婚祝いのメッセージを送る場合のご紹介です。
上司や先輩などに向けて、メッセージを送るときには敬語や言葉遣いに気を付けて、丁寧な言葉使わなければいけません。
もちろん、文面を考えていく上で参考にできると思うのでぜひ最後までご覧ください。

「友達へ結婚祝いのメッセージ」

1.お祝いの気持ちを書きましょう

2.あなたと友達の思い出を

3.これからも良い関係でいたいことを伝えましょう

4.夫婦の幸せを願いましょう

この4選をご紹介していきます。

1.お祝いの気持ちを書きましょう

これは、結婚する相手に送るメッセージとして必須ですよね。
友達ですから、あまり固くなりすぎずにメッセージを書いても良いですよ。
夫婦となる訳ですから、新郎新婦の二人の名前を記載してあげることをお勧めします。
貰った友達側も「主人のこともお祝いしてくれた」と感じることができます。

「結婚おめでとう!私もとても嬉しく思っています」

お祝いの言葉と、お友達が結婚をして幸せになることを喜んでいることを伝えることができます。

「~君~ちゃん結婚おめでとうございます!」

新郎新婦の名前を入れてあげると、パートナーの事も理解してくれていると感じることができます。

「結婚おめでとう!昔から知っている二人が結婚するのはとても幸せです」

新郎新婦共に知っている場合に使えるメッセージですね。

文章の始めは、お祝いの気持ちを書くのが常識です。
何を伝えたいお手紙なのか、すぐに分かります。
あなたが伝えたいことはまず「おめでとう」という気持ちですよね。

2.あなたと友達の思い出を

image by iStockphoto

手紙やスピーチのような長文な文章の場合には、思い出を振り返ってみるのも良いですよ。
あなたたちの中で、仲良くなったきっかけや忘れられない素敵な思い出が沢山あるはずです。
二人とも成長したな、幸せになれてよかったなと実感することができます。

「あなたと出会ったのは~歳の頃だったね!最初は人見知りで…」

二人が出会ったことを思い出してみましょう。
昔から今までずっと関係が続いていることはとても幸せなことです。

「仲良しグループで旅行に行ったよね!あの時は、~がとても面白くて」

二人だけでに限定せず、グループで仲良しだった場合には楽しかった思い出を振り返ってみましょう。
クスッと笑いながらメッセージを読むことができますね。

「あの時はとても大変だったけど二人で乗り越えることができて…」

楽しかったことだけでなく、試練を乗り越えた時の思い出は二人の絆が深まった瞬間です。
きっとお友達も素敵な思い出として残っていますよ。

思い出を振り返り、文章の中に入れることで二人の間の絆や成長を再確認することができます。
成長することをお互いに喜べることはとても幸せなことです。
メッセージカードのような短い文章の場合には、入りきらなくなってしまい伝えたいことが分からなくなってしまうので、省きましょうね。

3.これからも良い関係でいたいことを伝えましょう

結婚した側は、これからも同じような良い関係を築いていきたいと思っています。
そして少し「環境が変わっても仲良くしてくれるかな」と不安になるのです。
私自身、結婚が早かったためその思いがとても強くありました。
友人からの「環境が変わっても遊ぼうね!」というメッセージだけでもとても安心することができました。

「今日から主婦同士!一緒に料理も家事も勉強しようね」

一緒の環境になることでもっと関わる時間が増えることを伝えましょう。
いろいろな悩みや相談事を今後しやすくなりますね。

「家庭を背負っていく者同士だね!時々一緒に呑んで話しましょう」

男性は家庭を背負っていく不安があるはずです。
そんな時に友人も同じ立場だと、安心しますよね。

「結婚しても変わらず仲良くしていこうね!~ちゃんの子供を連れて沢山遊びに行こう!」

授かり婚など、子供がいる場合にはとても安心する一言です。
子供が産まれても一緒に遊んで、子供とも遊んでくれることはとても嬉しいもの。

結婚をすると、なかなか昔のような会えないかもしれません。
それでも大切な友人の存在は変わらないはず。
なかなか照れくさくて普段言えないかもしれません。
ですがこの機会にぜひ、「これからもよろしくね」と伝えてみてはいかがでしょうか?

4.夫婦の幸せを願いましょう

image by iStockphoto

これから二人は新しい結婚生活が始まります。
あなたは二人の幸せを願ってあげましょう。
大切な友達ですから、「幸せな夫婦になってほしい」「笑顔が沢山な家庭を持って欲しい」と思っていますよね?その気持ちを最後に書いて締めくくりましょう。

「二人なら幸せな家庭を築ける!楽しみにしているね」

幸せな家庭を築いていける自信をつけてあげましょう。

「これからもずっと~ちゃんの幸せを願っているよ」

結婚だけでなく、子供が産まれたり年をとっても幸せでいることを願いましょう。

「~ちゃん~くん末永くお幸せに」

シンプルですが、これから先の幸せも願う気持ちが伝わりますよね。

思い出話だけで終わらせてしまわないように、最後に幸せを願うような言葉を入れましょう。
あなただけの自己満足のメッセージにならないように注意してください。

結婚祝いのメッセージを書くときのマナー

image by iStockphoto

いくら仲の良い友達でも、大切な日ですからマナーを守ってメッセージを送りたいものです。
そのためにも、使ってはいけない言葉や文字を知っておきましょう。
あなたと友人への関係性によっても、固い文章にするかやわらかい文章にするか判断しましょう。
ですが、縁起が悪いとされているような言葉はあえて使いたくないですよね。

・句読点は使わない方が良い

「、」「。」などの句読点は使わない方が良いとされています。
終止符という意味合いになってしまい、結婚の席ではNGなのです。
長文になってしまうと、どうしても句読点が必要になるかもしれません。
段落を下げたり工夫して句読点を使わないようにしましょう。

・別れや離婚をイメージする言葉は使わない

「最後」「別れる」「壊れた」「終わり」などの別れや終わりを連想するようなワードは避けるようにしましょう。
また、重ね言葉も使用しない方が良いとされています。
「そろそろ」「いよいよ」「またまた」など、自然と文章に入れてしまうかもしれませんが意識して避けるようにしましょう。

・ペンは黒で

基本的には、お祝いのメッセージは黒色や黒色に近いもので書きましょう。
今回は親しい友人の場合ですから、渡す場面や相手の性格などによってカラーペンを使用してもいいでしょう。
一般的なマナーとして「書くときは黒」ということを覚えておいてください。

臨機応変に考えましょう

今でもずっと関係が続いている友人で、信頼関係がある場合には固くなりすぎずに文章を考えていくようにしてくださいね。
他人行儀のように、いきなり敬語で丁寧事を遣いすぎると「誰からの手紙?」と感じてしまうことも。

目上の人や先輩に向けて送る場合には、気を遣ってメッセージを考える必要があります。
ですが、親しい友人ですから楽しみながら読めるような文章でも良いと私は思います。
もちろん、使ってはいけない言葉などにはしっかりと気を付けるようにしてくださいね。

友人でも深い関係ではない場合や長い期間会っていない場合もあります。
その場合には、丁寧な言葉を入れたり笑いを取るような文章はおすすめしません。
会っていない間に、お互いに成長している訳ですから嫌悪感を抱いてしまう可能性があります。

そして、手紙にするのかメッセージカードにするのかによって文章の量が変わってきます。
「お祝いの気持ち」「幸せの願う気持ち」は入れることをおすすめします。
あなたが沢山伝えたいのであれば、手紙を書いて送りましょう。
カードや手紙など種類によって、文章を選び対応するようにしてくださいね。
次のページを読む
1 2
Share: