彼女のこと恋愛

本当はこうして欲しい!確実に女を落とす方法12選

「好きな女性を自分だけのモノにしたい!」、きっと彼女が欲しい男性なら、誰しもがそう願っていることでしょう。ですが、なかなか彼女がなびいてくれない、いい雰囲気だったのにダメになってしまったなど、努力が実を結ばないこともありますよね。そんなときは、今回ご紹介する「確実に女を落とす方法」を実践してみましょう。お目当ての女性と素敵な恋愛をしたいなら、女性に好かれる基本をキッチリ固めることが大切ですよ。

女は男に落とされるのを待っている!女を落とす方法とは?

image by iStockphoto

「女を確実に落とすためには、きっと特別なテクニックが必要なはず…」なんて思いこんでしまってはいませんか?女性を落とすための特別な能力なんて、実はほとんど必要ありません。
本当に必要なのは、女性に好かれる基本を徹底的に理解しておくこと。
女を落としきれない男性は、必ずこの基本がおろそかになっています。

男が「彼女が欲しい」と熱望するように、女だって「男に落としてほしい」と日々願っているもの。
早速、次にご紹介する確実に女を落とす方法を実践し、「彼女」というゴールに魅力的なシュートを決めれるようになりましょう。

その1 常に車道側を歩く

image by iStockphoto

「え?そんなことでいいの?」と思ってしまいそうですよね。
ですが、女性は守られることでその男性を男だと意識しますから、これでOK。
別にデートというわけでなくても、会社や学校からの帰り道などは必ずお目当ての彼女を守るように車道側を歩いてみましょう。

そのことについて、何かしら女性がコメントしてこなくても心配はいりません。
女性なら、誰しも内心「私を守ってくれるんだ、嬉しい」と感じてドキドキしているものだからです。
好きな女を落とすためには、このように男をさりげなく意識させることが大切なのですよ。

その2 荷物を持ってあげる

image by iStockphoto

これも車道側を歩くことに似ていますね。
仕事中、デート中など、好きな女性が荷物を持っていたら、さりげなく代わりに持つようにしてあげましょう。
女性は男性にエスコートされることで、「自分はオンナとして見られているんだ…」と相手の男性を意識するものです。

女を落とすためには、自分が「彼女を女性として見ている」ということに気づいてもらうことが重要ですから、しっかり実践するようにしましょうね。
ちなみに、貴重品などを代わりに持つことはNGですよ。

その3 話をちゃんと聞いてあげる

image by iStockphoto

自分が彼女に気がある男だとアピールしたいなら、彼女の話をよく聞いてあげるようにしましょう。
女を落とすことに失敗する男性は、女性の話に耳を傾けることが本当にヘタなものです。
女性が一生懸命しゃべっているのに上の空だったり、話している途中で話題を変えてしまったり。

女は、男性が自分の話を聞いてくれなかったとき、心の底からガッカリしてしまうものです。
一見、「くだらない」「つまらない」と思うような話でも、きちんと相槌を打って「あなたの話していることに興味がある」という姿勢を崩さないようにしておきましょう。

その4 容姿を褒める

image by iStockphoto

これは、女を落とすためには必須の方法。
あなたがお目当ての女性を落としたいと思うなら、必ず彼女の容姿を褒めるようにしましょう。
意外と女性は自分の見た目を気にする生き物です。
見てわかる美しさを備えている女性なら話は別ですが、大半の女性は自分の美しさに自信を持っていません。

だからこそ、男性から「可愛いね」「キレイだね」と言われると、「この人は私に女性としての自信を与えてくれる男性」だと、女性は特別に意識してしまうのです。
容姿を褒められて嬉しくない女性など絶対にいません。
少し気恥ずかしいかもしれませんが、これは絶対に実行するようにしておきましょう。

その5 デートに誘う

image by iStockphoto

好きなタイプの女性を落とすためには、自分からデートに誘わなければ何も始まることはないと言えるでしょう。
積極的だったり、良い意味で男慣れしたりしている女性なら、男性を自分からデートに誘うこともありますが、ほとんどの女性は男性からの「お誘い待ち」。

「女性から男性をデートに誘うなんて、とんでもない!」と考えている淑女が大半なのです。
まずは、「断られてもいいや」という覚悟で、気軽にお目当ての女性を誘ってみましょう。
女性はデートに誘ってくれた男性のことを、「もしかして私のこと、好きなのかな?」と必ず意識するものですよ。

その6 食事のペースを合わせる

image by iStockphoto

デートのお誘いに成功したり、仕事や学校などでランチを共にしたりする機会があれば、食事のペースを彼女に合わせるようにしましょう。
わりと男性は早食いする人が多いものです。
その反面、女性は食べることだけに集中せず、会話を楽しみながら食事する傾向にあります。

だからこそ、自分が半分も食べ終わっていないのに男性が先にごちそうさまの状態になってしまっていると、「早く食べ終わらなきゃ」「この人とは何だかペースが合わない」と思ってしまう原因に。

個人的な経験からも、女を次々に落とすモテ男で早食いの人を見たことがありません。
食事のペースをできるだけ彼女に合わせて、安心して食事ができる男性だと思ってもらえるようにしましょう。
「食」は、人間には欠かすことのできない3つの欲のうちのひとつですから、ここは外さないようにしてくださいね。
次のページを読む
1 2 3
Share:
hayakyo