彼女のこと恋の悩み恋心恋愛

大好きな彼女に嫌われたくない!嫌われない方法8選

彼女がいる男性の中には、「彼女のことが大好き過ぎて、自分でも気持ちを抑えられない」という人もいるでしょう。恋人のことを好きなことは良いことではありますが、「重すぎて嫌われるのでは?」と不安になる男性もいます。では、大好きな彼女に嫌われないためには、どういったことに気を付けたら良いのか、ご紹介しましょう。

全ての気持ちを伝える必要はない!

image by iStockphoto

男性の中には、「この気持ちを、ちゃんと彼女に伝えたい」と思っている人もいるでしょう。
確かに、女性も「愛されている」ということが分かれば嬉しいものですし、安心します。
しかし、彼女が思っている以上の愛情だった場合、逆に彼女が引いてしまうかもしれません。
その愛情の重さを窮屈に感じ、逃げ出してしまう可能性もあります。

そのため、「彼女のことが好き過ぎるな」と感じている男性は、その思いを全て彼女に伝える必要はありません。
愛情が大きいことは素敵な事ですが、それを相手がどう受け止めるかは分かりませんから、気持ちの70パーセントから80パーセントで抑えた方が関係はうまくいくでしょう。

#1 必要以上に詮索しない

image by iStockphoto

「彼女のことが好き」という男性の中には、彼女のことが好き過ぎて「誰にも取られたくない」「別れたくない」という思いが大きくなっている人もいるのではないでしょうか。
そんな男性の中には、その気持ちが態度に出てしまう人も少なくありません。

彼女がどこかに行ってしまわないかが心配で、常に彼女の行動を把握しておきたいと思う男性は、ついつい彼女のことを詮索してしまいます。
彼女が、「明日は、友達と遊びに行ってくる」と言えば、「友達って誰?」「どこに行くの?」と必要以上に詮索しようとする男性も多いのではないでしょうか。

こういった必要以上の詮索は、女性にとっては嬉しい反面、面倒と感じてしまいます。
そして、「器の小さい男だな」と思われてしまう可能性もあるでしょう。
こういった詮索が続けば、その行動が重荷に感じ別れを考えさせてしまうかもしれません。

本当に好きな人であれば、その人を信頼し、大きな心で受け止めることも大切です。

#2 縛り付けようとしない

image by iStockphoto

人を好きになると、どうしてもその人を束縛したがる人がいます。
束縛というと、女性のイメージがありますが、今では男性も束縛する人が増えてきており、これが原因で別れへと至ってしまうケースも少なくありません。

そうなりたくないのであれば、あまり彼女を束縛しないこと。
他の男性と話していたからといって、男友達と会っていたからといって、目くじら立てて怒らないこと。
最初のうちは、「あれは、友達だから」と説明してくれていた彼女も、何度もこういったことが続けば、「もう、面倒くさいから別れたい」と思ってしまうでしょうし、喧嘩の原因となってしまいます。

束縛は、あなたの自己満足、安心の為であって、決して彼女の気持ちをつなぎとめることはできません。
不満でも、縛り付ければ逆に、彼女の心は離れて行ってしまいますから、彼女を信じて、互いに別の時間を持つことも大事。
信頼関係が築ければ、恋愛は長続きするはずです。

#3 嫉妬し過ぎない

image by iStockphoto

彼女のことが好きとなれば、彼女が他の異性と楽しそうに話しているのを見る度に、嫉妬してしまう人もいるのではないでしょうか。
確かに、他の異性と楽しそうにしている姿を見てしまうと、「浮気しているのでは?」「浮気されるのでは?」といった不安を感じる男性も多いでしょう。

しかし、社会人になり、仕事をしていれば、男女問わず恋人以外にも多くの人と接することになります。
その度に嫉妬していては、あなた自身も疲れてしまいますし、彼女も呆れることになるでしょう。

嫉妬する男性の中には、自分に自信がないことが嫉妬の原因となっている人も多いですから、まずは「彼氏は自分なんだ」ということに自信を持って、恋人との関係を大切にしましょう。

#4 連絡を頻繁にする

image by iStockphoto

彼女のことが好き過ぎる男性の中には、「今頃、何をしているのだろうか?」「ちゃんと、無事に家に帰っているだろうか?」と心配になる人も多いでしょう。
そして、その度に彼女に連絡をしている人もいるのではないでしょうか。

こういった頻繁な連絡は、喜ぶ女性もいますが、中には「しつこいな」「重いな」と思う女性もいます。
万が一、彼女が「しつこい」と思うタイプの女性だった場合、あなたの頻繁な連絡がきっかけとなり、気持ちが離れてしまう可能性があるでしょう。

恋人と連絡を取ることは、決して悪いことではありませんが、彼女にも仕事やプライベートなど、様々な付き合いがあり、環境があります。
必要以上な連絡は、迷惑になることもありますから、大人として連絡頻度は弁えることがおすすめ。

彼女の対応が「冷たい」と感じた時には、あなたの連絡頻度が多すぎるというサインでもありますから、このサインに気づき、連絡頻度を控えるようにしましょう。
そうすれば、未然に別れも防げ、お付き合いは安定するはずです。

#5 愛情を隠すためにそっけない態度をする

image by iStockphoto

男性の中には、自分の気持ちを伝えることができない人もいます。
「こんなに好きな事を知られたら、引かれてしまう」「こんなに好きなことは、恥ずかしいから知られたくない」という人もいるでしょう。

そして、その気持ちを隠すために、わざと彼女にそっけない態度をしてしまう男性も多いのではないでしょうか。
あなたにとっては、その態度はかっこつけているつもりでも、彼女にとっては「愛情がないんだ」「嫌われたのかもしれない」と感じさせてしまう可能性があります。
そうなれば、あなたの思いとは逆の方向へと恋愛が進んでしまうことになり、別れという結果に導かれてしまう可能性があるでしょう。

男性は、好きな女性の前ではかっこつけていたいと思うのは当然ですが、意地をはってしまったことで別れの原因を作ってしまうこともありますから、素直な気持ちを行動にすることも大切です。

#6 ネガティブな発言は避ける

image by iStockphoto

「好きな彼女と、このままずっと交際を続けたい」と考えている男性は、常に彼女に嫌われないように気を使っている人もいるでしょう。
デートの度に、彼女が喜ぶ様なデートコースを提案したり、プレゼントを用意している人もいます。

しかし、どんなに完璧なデートをしていても、彼女を喜ばすことができても、あなたのちょっとした発言で彼女の気持ちを冷めさせてしまうこともあるでしょう。
それは、あなたのネガティブな発言。

特に、自分に自信のない男性は、デート時にも自分を卑下してみたり、仕事の愚痴を言ったりしている人は要注意。
こういったネガティブな発言は女性にとっては欠点として映り、マイナス印象を与えてしまいます。

女性に愛され続けるためには、やはり前向きな姿、男らしい姿を見せることが大切。
もちろん、本当に辛い時には恋人の前で弱音を吐くのは構いませんが、あくまでもよっぽどの時だけです。
次のページを読む
1 2
Share: