年上の恋人彼女のこと恋愛

【年上女性と付き合いたい】年上女性を落とすための方法4選

人それぞれ好みはあると思いますが、男性は年上の女性に心が惹かれやすいです。年上の女性とお付き合いをしたいと言う願望を持つ男性は多いのではないでしょうか?確かに年上の彼女と言うのは魅力的ですね。そこで、年上が好きなんだけどなかなか年上の女性と話すことができない、年上の女性に好かれたいと言う形に向けて簡単に押さえておいた方が良いことをいくつかお伝えしていきたいと思います。年上の女性と付き合えるようになるためにポイントを押さえておきましょう。また、使えそうだと思えれば即、行動を起こしてみて下さい。

その1 頼りになる男性を演じる!

image by iStockphoto

どうしても年上の女性の目線からしたら、貴方にはやはり年下の男性と言う印象が強くなってしまいます。
ですので、何か重要なことがあったときや相談をしなければならないような内容があったときには年上の男性に話をすることが一般的ではないかと思います。
「歳が下だろうが関係ないですよ!頼って下さい!」や、「私でよければ相談に乗りますよ!」などと言ったその女性にプラスとなる印象を与えるようにしていきましょう。
頼りになると思ってもらえれば自然とあなたに話をかけに来てくれるはずです。
実際、自分が頼りになる男性だと思っていなくても、その女性の前では一生懸命に頼れる男性を演じておく必要があります。
演じると言うことが大事です。
頼られるようになってからは、話かけてもらえる機会や接する機会がきっと増えてくると思いますので、そこから徐々に仲良くなり関係性を築いていくことが出来ればベストですね。

その2 適度に甘えを出してみる!

image by iStockphoto

先ほど述べたことと逆の形となり、ギャップを見せる方法になります。
賛否あると思いますが、年上の女性は、年下に適度に甘えてもらえると嬉しいと思う時があるみたいです。
具体的な例を挙げると、年上の女性から見たら「かわいい!」や「キュンとする!」と言う場面です。
母性がくすぐられるみたいですね。
そのように、「年下の子と話をしていると楽しいんだよねー!」や「年下の初々しいところが好き。」と恋愛対象を年下としている女性を上手く見つけるか、話の流れで聞き出してみましょう。
甘えられることが嫌いな女性もいますので、「この人は年下の男性が好きそうだな。」と思える年上の女性がいたらアクションを起こしてみるのが良いでしょう。
母性本能をくすぐるようなことが出来たら好印象を持ってもらえると思いますよ。

その3 得意なことをさり気なく見せつける!

image by iStockphoto

よく漫画やドラマでもあるシチュエーションになりますが、女性ががんばってもうまくできないことや、苦手なことをさりげなくやってあげるなどの意外性が発揮出来る男性はとてもポイントが高いと思われます。
例えば、料理が苦手そうな女性がいたら、さりげなく手伝ってあげて、簡単にでも一品料理を作ってあげることが出来ればとてもかっこよく見えますし、一緒にゲームなどをしていて、なかなかクリア出来ていなかった所をさらっとやってあげることが出来ればあなたへの恋愛感情も高まると思います。
「俺、料理できるんだよね。」などの素振りを見せてしまった場合、「年下のくせに生意気。」などと思われてしまいポイントが低くなってしまうので注意が必要になっていきます。
あくまでも「さり気なくアピールをする」と言うことが有効的であると言えるのです。

その4 話しかけられやすい雰囲気作り!

image by iStockphoto

年齢差がもちろんありますし、男女の差もありますので、話かけづらい雰囲気が全面に出てしまうと女性は気持ち的に話しをしたいなと思えなくなっています。
そうなってしまうと、最初から何もできなくなってしまいますよね。
そのような状況にならないようにするためにも、同年代・同い年の友達と話しをするような気軽さや親しさを出したり、会話をしてると楽しいんだろうなと思ってもらえるような雰囲気を作るように努力していくことが大事です。
「雰囲気イケメン」と言う言葉が最近流行り始めてきたように、雰囲気が大事と言う女性がちらほら現れて来ています。
雰囲気と言うのは、あなたが思っている以上に本当に大切な部分なのです。
しっかりと女性ウケするように調べていき、その女性に好かれるようなことをしていくのも大事になっていきます。

まずはアクションを起こしてアプローチをしてみよう!

image by iStockphoto

色々と述べさせて頂きましたが、駆け引きや流れを読みながら行動を起こしてみることが大事になっていきます。
なかなか行動に起こせなかったり、不安や緊張で話かけづらかったりしてしまうことがあると思いますが、無理だと思わずに一度勇気をもってチャレンジしてみましょう。
今回お伝えしたことを参考にお相手に「この人を彼氏にしたいな。」と思わせられたらオッケーです。
チャレンジすることが出来たら、きっと良い結果が待っていることでしょう。
年上と言うことを忘れずに、失礼に当たることや、不快に思うようなことは決してしてはなりませんので注意して下さい。
Share: