恋愛結婚

女性は知っておきたい!男性が結婚を決めるタイミング5選

結婚を望む女性たちからすれば、男性が結婚を決めるタイミングは知っておきたいことですよね。あまり結婚の話題を出さない男性も多いでしょうし、女性としても結婚の話題を出すのはアピールしているようで気が引けたりするもの。そこで、女性が知りたいであろう男性が結婚を決めるタイミングについてご紹介します。

男性が結婚を決めるタイミング5選

image by iStockphoto

男性が結婚を決めるタイミングにはどのようなものがあるのでしょうか。
5つ厳選してご紹介します。

その1 収入が安定してきたとき

男性にとって仕事は生きがいのようなもの。
仕事での充実感やステータスは、何よりも譲れなかったりするものなのです。
人間は収入が安定したり十分な貯蓄があると心が安定したりする生き物ですから、収入が安定するまでは結婚しないと考える男性も多いでしょう。
彼女を大切に思うほど、苦労はかけたくないという気持ちが強くなり、真剣に結婚のタイミングを図るのです。

新しいプロジェクトに取り掛かっているときや仕事に追われているときにはそのような余裕は持ちたくても持てません。
仕事が軌道に乗り、収入が安定してきたときにこそ、プロポーズしたいと考える男性は大勢いるものです。
結婚を急かしたりアピールするのではなく、彼の今の状況をよく読んで察してあげましょう。

また、転勤などを機にプロポーズする男性は多くいます。
自分中心に結婚のことばかりを考えるのではなく、相手をサポートすることにフォーカスし、普段から彼の支えになれていれば、こういった転勤などをきっかけに結婚を申し込まれるかもしれませんね。

その2 周りが結婚しだしたとき

結婚ラッシュ、出産ラッシュというものがありますよね。
男性で言えばどちらも25歳前後でしょうか。
この結婚ラッシュや出産ラッシュの影響を受け、家庭を持つことについて真剣に考え出す男性は多いです。
周囲が結婚していくと、自分と照らし合わせて考える事が多くなるのですね。
とくに仲の良い友だちが結婚し父親になったりするのを見ていくうちに、自分も家庭を持ちたいと強く思うようです。

結婚式に出席する機会も増え、幸せそうな光景を目にすると羨ましくもなるでしょう。
「幸せそうで羨ましい」「自分も結婚したい」「親友が父親の顔をしていてかっこよく見えた」という話を良く聞きます。
女性が意識しがちな結婚ラッシュや出産ラッシュですが、実は男性も意識しているものなのです。

その3 子どもを授かったとき

image by iStockphoto

子どもを授かると決心がつく男性は多いでしょう。
いつか彼女と結婚しようと思っていても、そのいつかはなかなかきません。
慎重な男性ほど、決心するタイミングを逃し女性を待たせてしますのです。
そんなときに、子どもができたというのは、結婚を決意するタイミングになります。
年齢的にもそろそろだとは思いつつも、結婚を漠然と考えているカップルには良いきっかけとなるでしょう。

最近はとくに晩婚の傾向があるため、居心地の良さだけでなんとなく続いているカップルも多いようです。
結婚はしなくてもいいかな、と思っていたとしても、子どもを授かると一変しますよね。
責任感が芽生え、お互いに「家庭」というものを意識するようになります。
別れる理由もとくにないので、そのまま家族になるのです。

昔は「できちゃった婚」なんて呼ばれていましたが、最近では「授かり婚」と呼ばれています。
それだけ数が多いということでもあり、残念なことではないということ。
それだけの出来事がない限り、結婚を決意できない人も増えているということでしょう。

その4 彼女しかいないと思ったとき

image by iStockphoto

「彼女しかいないと」と思わせるのはかなり大きな決め手となるでしょう。
どこでそう思うのかは人それぞれですが、代表的なのが料理や価値観が同じであることです。
第一印象でビビッときた場合も入るでしょう。
男性の胃袋をつかめ、とよく言われていることですが、彼女の手料理がツボだったりセンスの良さを感じられると「奥さん」として意識されやすいでしょう。
結婚とは生活ですから、「食」は大切ですよね。
料理上手な女性はポイントが高いです。

コツをつかめば誰でも上手くなるもの。
苦手意識はあっても、料理はできるだけしておいたほうが良いです。
料理教室に通うのも一つの手ですね。
初めから得意な人なんていませんし、慣れやコツを掴み自信をつけていくものです。
練習するうちに手際だって良くなります。
パパッとおいしいご飯を作れる女性になりたいですよね。

肌の相性や会話のリズム、性格などが抜群に良く、居心地の良さを感じられ「運命の人だ」と思うことも。
他にも、苦労しているときや、辛く苦しい状況でも自分を信じ、離れず支えてくれた彼女に「この人しかいない」と感じるパターンも多かったりします。
ただただ手放したくないという気持ちが強まることだってあります。
彼女しかいないと思うときには、言葉では言い表せないような魅力を感じるものなのです。

その5 不安や寂しさを感じるようになったとき

散々遊んできた男性でも、30を過ぎると真剣に将来のことを考え出します。
遊びでは刺激はあるものの、どこか満たされない感じがして、寂しさを覚えるようになるのです。
そんなときに周りの妻や子どもたちに囲まれている男性を見ては羨ましく思ったり。
自分だけが独身であることに恥ずかしさを覚えたりもして、徐々に結婚を真剣に考えるようになるのでしょう。

適齢期に差し掛かり焦りが出てくることもあります。
女性同様男性にも「旬」というものがありますから。
今まで一緒になって遊んでいた仲間が結婚して家庭を持つようになると、孤立しているかのような気持ちになるのです。
冷静に老後のことを考え出したとき、「このままでは不安だ」「寂しい老後になりそう」などと思ってしまったという話をよく聞きます。

地方にいる男性ほど不安や寂しさを感じやすく、都心にいる男性ほどこのような感覚は薄れてきます。
なんでも揃っている都心に住んでいる人ほど晩婚だとも言われていますが、そうなってしまうのも仕方ないでしょう。
家庭を持たなくても満たされるものがたくさん周りに溢れていますから。
友だちが独身者ばかりだととくにそうでしょう。

男性がアリと感じる結婚したいアピールとは

image by iStockphoto

可愛らしく、「ずっと一緒にいたいな」と言われるのはアリでしょう。
「ずっと」という言葉に、思わず結婚を意識してしまう男性が多いようです。
しつこく言うと鬱陶しがられてしまいますが、甘えるついでに言う程度がベスト。
幸せな雰囲気でいうとより効果的です。
「一緒にいるだけで幸せ」と感じてくれる女性を大切にしたいと思うものですから。
多くを求めない女性は守ってあげたい存在になることでしょう。

デート中に赤ちゃんや子どもを見かけたときに、「私も子どもがほしいな」「子どもは2人が理想だな」なんて言うのも効果的なようです。
子どもを想像することで、「自分も家庭を持ちたい」と思ってくるかもしれません。
彼女が子どもと楽しそうに戯れている様子を見て、微笑ましくもなるでしょう。
幸せそうな家族連れを見て、「いいな」と羨ましそうに言われるのも男性はキュンとくるそうです。
指輪やウエディングドレスを羨ましがる女性は多いですが、そういったものよりも「家族のかたち」「一緒に生涯を歩む」という部分を羨ましがる女性のほうが好感を持てるでしょう。

関係性にもよりますが、あなたが甘えん坊キャラの場合は、「結婚したい」とストレートに伝えるのもアリです。
女性は「察してほしい」と思う人が多いですが、男性ははっきり言ってくれたがいいのですね。
変に回りくどいアピールをしてくるよりもかわいげがあるらしく、直球な言葉にグッとくるようです。
「ずっと一緒にいたい」と甘えるついでに、「あなたと結婚したい」と言ってみるのもアリでしょう。
彼も背中を押されるかもしれません。
次のページを読む
1 2
Share:
konohana