恋愛

一人っ子男子を徹底分析!性格・恋愛傾向・相性のいい女性のタイプ16選

私は以前から、育った環境が少なからずその人の性格に影響を与えていると感じていました。長男・次男・末っ子・一人っ子では、性格や恋愛にそれぞれ傾向があるのです。そこで今回は、「一人っ子男子」にスポットを当てて、その「性格・恋愛傾向・相性のいい女性のタイプ」などをご紹介していきたいと思います。一人っ子の考え方や行動が理解できなくて悩んでいる方、これから一人っ子との恋愛を始めようと思っている方の参考になれば嬉しいです。

一人っ子の性格の特徴は?

image by iStockphoto

相手を落とすためには、まずは相手を知る事が大切ですね!一人っ子の性格を知ると、今まで理解できなかった考え方や行動のワケもわかるようになってきます。

一般的には「一人っ子=ワガママ」というマイナスイメージが強いですが、それには育ってきた環境が大きく影響を与えています。
それでは、一人っ子の具体的な性格を見て行きましょう!

#1 自由気ままなマイペース

私が周囲の一人っ子達を見ていて、一番共通していると感じる性格は「マイペース」ということです。
周りに左右されることなく、自分のペースで物事を進めていきます。
そのため時には「空気が読めない人」「気分屋」と言われてしまうこともあります。

ですがこれは、一人っ子で育った環境の影響が大きいため。
一人っ子の場合、家庭では常に自分が中心で物事が進んできました。
自分が周りに合わせなくても、周りの大人が自分に合わせてくれたのです。
こういう環境で育ったので、周りの人に合わせるという意識が、兄弟の居る人達よりも薄いのだと考えられます。

#2 お金や物にケチな人が少ない

image by iStockphoto

兄弟の居る人達よりも、ほしい物を買ってもらえた一人っ子。
兄弟や他人の物を羨んだ経験が少ないので、物への執着が少なく、お金にもケチではありません。

私の子供も一人っ子なのですが、お友達と物の取り合いになっても、スッと譲ることができます。
反対に兄弟のいるお友達は、なかなか譲ることができません。
普段から兄弟で物の取り合いをしているので、それが習慣になってしまっているようです。

#3 自己主張がハッキリしている

一人っ子は、自己主張がハッキリしています。
それは遠慮をするような相手(兄弟)が居なかったから。
堂々と自己主張でき、その自己主張が受け入れられる環境で育ったためです。

「わがまま」「自己中心的」と短所に取られてしまうことも多いですが、ハッキリと自分の意見を言えるというのは、大事なことでもありますよね。
一人っ子の魅力の一つではないでしょうか。

#4 ひとりで過ごすのが得意

image by iStockphoto

兄弟が居る人達と比べ、一人で遊んだり一人で過ごす時間の多かった一人っ子。
一人の時間の使い方が上手です。
本や漫画を読んだり、趣味に没頭したり、時には妄想の世界に浸ったりと、一人の時間を楽しむことができます。

ただ、だからと言って寂しくないワケではなく、自分の時間以外では人恋しい、寂しがり屋さんが多いのも特徴です。

#5 甘えん坊で甘えるのが上手

一人っ子は自分の下に兄弟ができなかったので、両親の愛情が下の子に移ることがなく、長い期間たっぷりと愛情を受けて育ちました。
長男や次男に比べ、甘えられる期間が長かったので、甘えることが自然に身についています。
私もそうですが、一人っ子だと親もついつい甘やかして育ててしまいます。

幼少期に、子供よりも大人と接している時間が長かったため、大人とコミュニケーションを取るのが得意で、甘えるのも上手です。
自然と懐へ入っていき、誰からも可愛がってもらうことができます。

#6 競争が苦手な平和主義者

image by iStockphoto

兄弟が居る人達は、生まれた時から身近に競う相手がいます。
両親からも兄弟同士で比べられたり、競わせられているので、競争することに慣れていて負けず嫌いな人が多いです。

一方一人っ子は、競う相手も比べられる相手も居ない状態で、マイペースに生活してきました。
そのため、競争に慣れておらず、争いが苦手です。
喧嘩にも慣れていないので、どう対応したらいいか戸惑ってしまうこともあります。
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
2017haru