かわいくなるモテたい告白女子力恋愛

あなたは大丈夫?こじらせ女子の特徴10選

恋愛をしたいと思っても相手が見つからない、好きな人ができても告白できない女性の中には、「どうせ、わたしは無理だろう」と最初から諦めている人もいるでしょう。そんな人は、こじらせ女子になっている可能性があります。「どうせ」が口癖になっている女性は要注意。では、こじらせ女子にはどんな特徴があるのかご紹介しましょう。

こじらせ女子から脱出するためには、まずは気づくこと!

image by iStockphoto

こじらせ女子と聞いて、「自分は、関係ない」「私は、大丈夫」と思っている女性も多いでしょう。
しかし、中には知らず知らずのうちにこじらせ女子になっている可能性があります。
気づいていないのは、自分だけなんて状況になってしまえば、取り返しがつかないことになってしまいますから、早めに気づくことが大切。

こじらせ女子から脱出することができれば、あなたももっと生活が楽しくなり、恋愛も楽しめるはず。

今の生活に不満を感じている女性、物足りなさを感じている女性は、自分はこじらせ女子の特徴に当てはまっていないか客観的にチェックしてみましょう。

#1 自分に自信が持てない

image by iStockphoto

こじらせ女子には、自分に自信がないという大きな特徴があります。
何をしても、「どうせ、私なんて無理だから」と諦めてしまう人は、こじらせ女子に陥っている可能性が高いでしょう。

過去に辛い恋愛を経験してきたり、何をしても上手くいかないと感じている女性は、自分に自信を失ってしまうもの。
確かに、失敗が続けば自信もなくなってしまうでしょう。
しかし、あなた自身が自分に期待しなければ、変わることができません。

自分に自信がないと思うのであれば、自信が持てるような努力をすることが必要。
外見に自信がないのであれば、メイクやファッション、ヘアスタイルなどを勉強し、テクニックを身に付けることが必要ですし、内面に自信がないと感じるのであれば、本を読んで感性を磨いたり、多くの人と触れ合うことが必要です。

自分に自信がないと感じている女性は、まず自分自身で諦めるのではなく、自分磨きをはじめて自信を取り戻しましょう。

#2 常にネガティブな考え方をする

image by iStockphoto

こじらせ女子の多くは、常にネガティブ。
何をするにも、まずは悪いことを考え、想像して、前に進めなくなります。
これでは、成長することすらできなくなってしまうでしょう。

ネガティブ思考の人は、「こういう性格だから、仕方がない」と思っているかもしれませんが、物の考え方は変えることができます。
どんなにネガティブの人でも、良い方向に考える癖を付けて行けば、少しずつポジティブ思考に変わっていくはず。

嫌なことが続いていても、これから先嫌な事ばかり起こる訳ではありません。
「悪いことがあったから、次は良いことがある」と頭を切り替えて、物の考え方を変えていきましょう。

#3 男性に甘えられない

image by iStockphoto

こじらせ女子の場合、彼氏ができても甘えることができません。
本当は、甘えたいと思っていても、「そんなことを私がしたら驚かれる」「甘えるなんて、私らしくない」と思うのではないでしょうか。

これでは、男性からすると「可愛らしい彼女」とは映らないでしょう。
そして、そのうち彼氏は可愛らしい女性に惹かれ、「君は、一人でも生きていけるだろう」と振られることになります。
可愛げのない女性は、男性からすると「守ってあげたい」「幸せにしたい」と感じる女性にはなれないもの。

これでは、いつまで経っても幸せを掴むことができません。
「甘えたい」という気持ちがあるのであれば、変なプライドは捨て、彼氏に思いきり甘えることが大切。
「可愛らしい部分もあるんだな」と思われれば、他の女性に取られることもなくなるはずです。

#4 ペットを溺愛している

image by iStockphoto

一人暮らしの女性の中には、ペットを飼っている人も多いでしょう。
動物は、心を癒してくれる力がありますから、仕事に疲れて帰ってきた時には、ペットに救われている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ペットを溺愛し過ぎている女性も、こじらせ女子の可能性があります。
ペットを溺愛するあまり、休日はペット中心の生活になってしまえば、どんどん人と接する機会が減り、恋愛の可能性も失ってしまうでしょう。

ペットを愛することは良いことではありますが、動物とだけしかコミュニケーションを取らなくなるのは危険ですから、ペットと一緒に外出するなどして、もっと世界を広げていきましょう。

#5 一人でいることが楽

image by iStockphoto

「しばらく彼氏がいない」という女性の中には、「一人の方が楽」と感じている人も多いのではないでしょうか。
確かに、一人であれば誰に気を使う必要もありませんし、自分のペースで進むことができますから、楽に感じるでしょう。

しかし、一人でいることが楽に感じているということは、こじらせ女子に陥っている可能性があります。
一人でいること、一人が楽と感じることは決して悪いことではありませんが、あまり一人でいることに慣れてしまうと、恋愛が億劫になり、恋人をつくることができなくなってしまうでしょう。

そうならないためには、たまには友達や同僚との時間を作ることが必要。
人と過ごすことは、大変なこともありますが、気を使ったり、気遣いをすることが、あなたの成長に繋がるはずです。

#6 女性らしいものが苦手

image by iStockphoto

こじらせ女子の多くは、女性らしいものが苦手という特徴があります。
洋服を選ぶ時、「こんな女っぽいデザインは、似合わない」と思っている女性は要注意。
こじらせ女子になりかけているかもしれません。

もちろん、洋服などは好みがありますから、「こういうデザインは苦手」「これは似合わない」というものはあると思いますが、「女性らしいから苦手」という理由で避けるのであれば、注意が必要です。

女性なのですから、時には女性らしいものを身に付け、テンションを上げることも必要。
これができなくなってしまうと、どんどん女子力が下がってしまうことになりますから、注意が必要です。
次のページを読む
1 2
Share: