告白失恋恋の悩み恋愛片思い

【片思い】たくさん泣いて前を向こう。失恋した女性に贈るメッセージ7選

ずっと好きだった人に、恋人ができた…。告白したら振られてしまった…。片思いを続け、どんな形だとしても失恋してしまった女性に今回は記事を書かせていただきます。「もう恋愛なんてしない」なんてマイナスに考えないでくださいね。少しでも前を向いていけるように、失恋した女性に贈るメッセージをまとめさせてもらいました。少しでもあなたの傷が癒え、幸せな未来のために進んでいけるお手伝いができたらなと思います。時間があるときに、ぜひ最後まで読んでみてください。失恋で立ち直れない女性必見です。

失恋した女性に贈るメッセージ7選

失恋した女性に贈るメッセージ7選

image by iStockphoto

私自身が、失恋した時に助けられた友人からの言葉や周りの方の経験談から感じたことをメッセージにしてまとめました。
失恋してすぐは、立ち直れないもの。
それほど彼のことが大好きだったんですから。
焦らなくていいので、ゆっくりと読んで気持ちを落ち着かせていきましょう。

「失恋した女性に贈るメッセージ」

1.彼を想って泣けることは素敵です

2.自分磨きをするヒントをくれました

3.たくさん泣いて悲しみましょう

4.周りの大切さに気付くことができます

5.恋愛をしていない人には分からない感情です

6.想い続けていたことこそが素晴らしい

7.引き際も大切なのです

この7選のメッセージをご紹介していきます。
失恋はとても悲しいもの。
それでも、前を向いて素敵な未来を切り開いている女性は多くいます。
あなたも、もう一度立ち上がって素敵な恋愛をまたしてみましょう。

1.彼を想って泣けることは素敵です

失恋して、大好きな彼を想ってたくさん泣いてしまうはずです。
片思いだし想ってないたら気持ち悪いかな、なんてストップをかけてはいけません。
一人の男性を一生懸命愛していたこと、純粋に想っていたことはとても素晴らしいことです。
それほどまで、好きだった…真剣に恋愛をしていた表れなのですよ。

「まぁいいや」と思えるような失恋は、本気で好きではなかったのではないでしょうか。
あなたのように、大好きな彼と両想いになれない悲しさや、すぐには忘れられないという気持ちはとても素敵なものなのです。

彼の好きな仕草、好きな性格…いろいろな思い出を思い出して、この一つの恋愛を終わらせましょう。
そのためにも、彼を想ってたくさん泣いて気持ちを整理してくださいね。

2.自分磨きをするヒントをくれました

2.自分磨きをするヒントをくれました

image by iStockphoto

全ての恋愛がうまくいくような女性は、なかなかいないものです。
みんな恋愛をするたびに、終わるたびに「変わらなきゃ」と思う部分に気付くことができます。
彼への片思いで、さらに魅力のある女性になるためのヒントを学べたはずです。

もっと可愛くならないと、もっと性格を良くしないと…。
そう思うことは悪いことでしょうか?失恋したからと言って、マイナス面ばかりではないことを知ってください。
次会うときには、もっともっと素敵な女性になって見返してあげましょう。
恋愛全てがうまくいっていると、直さなければいけないところや磨かなければいけないところには気付くことができません。
失恋をすることで、魅力が上がっていくこともあるのです。

3.たくさん泣いて悲しみましょう

失恋をして泣くのはかっこ悪い!全然悲しくない!と無理して、自分の心に嘘をついていることはありませんか?冷静でいよう、と頑張っていることはありませんか?そんな必要ありません。
大好きだった彼なんですよね?ずっと片思いをしていたのですよね。
悲しくて、悔しくて当たり前なのです。

失恋した日、泣こうと決めた日は、思いっきり泣いて悲しみましょう。
涙を傷も流してくれますよ。
自分の気持ちや心を整理することができます。
泣いた次の日には、スッキリして暗い気持ちから前向きな気持ちへと変わっています。

もちろん1日泣いて悲しんだだけで、前向きになれる!という訳ではありません。
無理してすぐに、忘れようとしてはいけません。
心に嘘をついて生活していると、「強くなければいけない」というレッテルを自分で貼ってしまいます。
失恋したら、自分の心が思うように泣いてあげましょうね。

4.周りの大切さに気付くことができます

4.周りの大切さに気付くことができます

image by iStockphoto

失恋をして、落ち込んでいるあなたにきっと助けてくれる人がいるはず。
大切な友だち、家族、先輩や後輩…。
失恋をしたことで、周りの大切さに気付くことができます。
落ち込んでいるときだからこそ、助けてくれる…そんな仲間がいるだけで幸せではないでしょうか?フリーだっていいのです。
恋人が居なければいけない訳ではありません。

きっと片思い中は、彼しか眼中になかったはず。
どんなに素敵な男性がいても、気になりませんでした。
失恋をして、周りを見わたす時間を作ってみましょう。
あなたにとって大切な友だちだけでなく、新しい素敵な出会いにつながることも。
「恋愛をさせてくれてありがとう」と片思いだった彼に、感謝をする日がくるかもしれませんね。

5.恋愛をしたことのない人には分からない感情です

片思いで失恋…。
恋愛を真剣にしたことがない人には、分からない感情です。
こんな辛いなら、好きにならなければよかった!なんて思っていませんか?そう思ってしまうのも分かります。
ですが、大好きだった彼と話したときのドキドキや、連絡がきたときの嬉しさ…。
それも全て無駄なものと言えるでしょうか。

真剣に恋をしていたからこそ、その嬉しさやドキドキ。
そして失恋の悲しさを経験することができました。
いつかきっとその経験があなたの役に立つときがくるはずです。

失恋した悲しさだけでなく、片思い中の楽しかった感情も忘れないでくださいね。
次も楽しく恋愛をしよう!と思えるように、「素敵な思い出」として残しておきましょう。

6.想い続けていたことこそが素晴らしい

6.想い続けていたことこそが素晴らしい

image by iStockphoto

一途に長い期間想い続けてきた…そんな素敵なことを否定してはいけません。
他の男性に目移りすることなく、恋をしてきたのです。
短期間でいろいろな人を好きになる女性より、あなたはとても素敵だと思います。
そんなあなたの一途さを友だちや、周りの男性もしっかりと見てきてくれています。

もう失恋した悲しみを味わいたくないから…と、恋愛をしなくなったり、次々に彼氏を変えていくようなことはやめましょうね。
今回の恋愛で貫いた、一途さはあなたのとりえの一つです。
そのとりえを、自分からなくしてはいけませんよ。

7.引き際も大切なのです

思い切って告白をして失恋した、想い続けたけど叶わないからあきらめた…。
いろいろな失恋のパターンがあると思います。
「もうやめよう」と引くことを決断したあなたを褒めたいと思います。
恋愛も、ときには諦めなければいけないことがあります。
引き際が大切なのです。

一途なのは素敵なことですが、あまりにも引きずりすぎてしまうと良くありません。
あなたが他の素敵な男性と出会える確率を下げてしまいます。
気持ちの整理がついたら、素直に諦めましょう。
いつまでも叶わない恋を追いかけているよりも、少し他の道も選べるような女性になれると良いですね。

失恋後の注意点

失恋した後には、気を付けなければいけないことがあります。
失恋で悩んで悲しむ気持ちはすごく分かります。
ですが、周りに長い期間迷惑をかけるような行動はいけません。
失恋したことで、あなたが落ちていくのではなく素敵な女性へなれるようにしていきましょう。

「失恋後の注意点」

1.彼に必要以上に関わらない

2.仕事や学校へ悲しい気持ちを持ち込まない

3.やけにならない

この3つを具体的にお話ししていきます。
失恋をしたことで、恋愛に対するレベルが上がったと思えると良いですね。
悪い方向へ進まないためにも、注意点を理解しておきましょう。

1.彼に必要以上に関わらない

この恋を終わりにしよう、と決断したのであれば彼に必要以上関わらないようにしましょう。
やっぱり大好きだった男性ですから、すぐに「素敵だなぁ」と思ってしまうはず。
どんな形でも良いから関わっていたい…と関係を続けていくと、都合の良い女性になってしまうことも。

避けるまではしなくて良いですが、こちらからあえて連絡したりデートに誘うようなことはやめましょう。
仕事や学校で困らない程度に、距離を取るようにしてくださいね。

いつまでも引きずってアピールをしすぎると「ストーカー」「怖い」なんて、悪い印象を与えてしまう可能性も。
失恋をしたら、彼との距離を考えるように注意してましょう。

2.仕事や学校へ悲しい気持ちを持ち込まない

悲しい気持ちや、辛い気持ちは痛いほど分かります。
周りの女性も、多く共感し慰めてくれるはずです。
ですが、その失恋モードをいつまでも引きずっていてはいけません。
「悲劇のヒロイン」になりすぎないように注意してください。

仕事や学校で周りに迷惑がかかるような行動はNG。
失恋は辛いものですが、仕事を休む理由やサボる理由にはなりません。
失恋したことで、あなたが悪い方向へ行くことがないようにしましょうね。
恋愛は切り替えも必要です。
失恋して、何もできなくなっている状態のあなたを見て彼はどう思うでしょうか?

悲しむときは悲しんで良いですか、やるときはやる。
社会人は特に、恋愛に左右されないように気を付けていかなければいけません。
次のページを読む
1 2