恋愛

こんな姿がかわいい…甘えん坊の彼女の仕草5選

付き合っているとかわいい彼女がもっとかわいく見える仕草があります。どんなことをしたらかわいいと思ってもらえるのか、どうしたらもっと彼氏の気持ちをぐっとこっちに引き寄せられるのか、自分もしてみたいですよね。もし彼氏に甘えたい女性は必見!彼はドキドキする甘え方を伝授します。ちょっとくらい甘えん坊でもいいんです。

甘える彼女…こんな姿がかわいい!

image by iStockphoto

かわいいと思ってもらえる彼女の姿をここで勉強しましょう。
知っていると彼氏の気持ちを離さないコツがわかって、ちょっとわがままを言っても大丈夫かもしれませんよ。

1.抱きしめて甘える

image by iStockphoto

抱きしめて甘えるのは、彼女の特権です。
彼の体温を直で感じられるのは、とても幸せを感じますよね。
身体の一部分に触れているよりも密着度が高いので、好きという気持ちをしっかりと伝えることができます。
簡単にできる行動でもありますし、単純に分かりやすい甘え方とも言えます。

そして、甘え方の中では彼の身体に触れている面積が広い分、恋人であることを実感できる甘え方なんです。
あなたが彼に密着することで、彼の気持ちも盛り上がって、性的な気持ちを盛り上げることもできます。
相手にしっかりと密着することがここでは大切になってきます。

抱き合ってお互いの体温を感じることで、その後の雰囲気も高まって、素敵な時間を過ごすことに繋がりますので、単純な行動ですし愛情表現ではありますが、彼に対して最大の甘え方になること間違いなしです。
抱きしめながらちょっとワガママを言っても聞いてもらえる可能性もアップします。

具体的なやり方は、デートの待ち合わせに抱き着いたり、ばいばいするときなどにぎゅっと抱きしめてみてもいいですよ。
いきなり彼を抱きしめて、甘えた声を出して甘えてみましょう。
彼の胸に顔をうずめながら、彼女に甘えられると、これ以上の幸せはないと思えるようになります。
大好きだから甘えているんだよ…と目をうるうるさせながらやってみるのも効果的です。

抱きしめているときに発してしまう声にほとんど意味はありませんが、黙って抱きしめているよりも、かわいらしさが増しますので、せっかくなら声を出してみましょう。
タイミングをはかるのが難しいと思ったら、とにかく彼に抱き着いてしまいましょう。
抱きしめられた彼も「彼女がかわいい」と思ってくれること間違いなしです。
しっかりと甘えていることが伝えられれば大丈夫ですよ。

「いきなり抱き着いてなんだよ」と思いながらも、内心はにやにやして、ずっとこのままでいてほしいと思っているんですよ。
ぜひお試しあれ。

2.つないだ手を離さない

image by iStockphoto

恋人であれば、デートのときやいろいろなところで手をつなぐことがありますよね。
もちろんトイレに行くときなどに手を離さないといけないのですが、そのときに「なかなか離さない」わがままを出してみるのもかわいいれす。
手を離さないといけないことは分かっていても、彼と離れるのが嫌…という意思表示になります。
恋愛においてこのようなかけひきは大切です。

ちょっと離したくないと意思表示をしたとき、離れそうで離れないあなたの手に、彼は「どうしたの?」と聞いてきてくれます。
そこからがポイントです。
どんな表情でも言葉でも感情がこもっていれば伝わりますが、上目遣いやちょっと子供っぽいところを出してみましょう。
もし言葉を出さない方法であれば、無言で彼の手を離さないで上目遣いでじっと見つめましょう。

そうすると彼は、あなたが今甘えているんだな…と気が付いて、離そうとした手をまたつなぎなおしてくれます。
意地悪な彼氏だと、わざと離してあなたの駄々っ子になっている姿を見たいと思っていることがあります。
その状況でも幸せな状況ですよね。
お互いに信頼をしているからこそ、そのような行動がとれるのです。

もし再度彼が手を戻してくれたら、やさしくにぎにぎしたり、「もう離さないんだから」といって、ぎゅっと握ってみてもいいんですよ。
その時ににこにこしているあなたの姿をみて、彼はいつもと違うあなたのギャップにキュンとしてしまうこと間違いなしです。
あなたのあまりのかわいさにドキドキすること間違いなし。

ここで気になるのは、手汗をかいてしまって、手をつなぐことに消極的な彼氏もいます。
そのときは、汗かいても私もかいてるからと、同じ状況であることを伝えてあげましょう。
そうすると彼も安心して手をつないでくれますよ。
そこで汗を気にするような発言をあなたがしてしまうと、彼は無意識にあなたの手を振り払ったり、あなたと手をつなぎたくないと思うようになりますので、気を付けてください。

あなたのすべてを受け入れますというスタンスでいきましょう。

3.服の裾を引っ張る

image by iStockphoto

これは女性がしたらかわいい甘え方で、よく雑誌やドラマでも実践されている方法です。
彼の服なら袖でも構いません。
上着の裾でもなんでもいいので、軽く引っ張ってみましょう。
彼は自分にかかる力に気が付いて振り向くので、服を引っ張りながら普段見せない姿や、他の男性には絶対に見せない目線を彼に送ってあげましょう。

それだけでいいの?と思うかもしれませんが、女性がやっている甘え方の中でスタンダードなものなので、彼はあなたが服の裾を引っ張った時点で甘えていることに気が付きやすくなるんです。
こちらとしては、頑張って甘えているのですから、すぐに気が付いて欲しいですもんね。

長女でしっかり者であったり、しっかりと自立している姿の印象が強い女性がこの甘え方をすると、彼氏も普段見せない姿に優越感をたくさん感じることができます。
あなたはそのとき「まだ帰りたくない」とちょっぴりわがままを言ってもいいんです。
ここは甘えているのですから、ちょっとくらいのわがままなら大丈夫。

彼はあなた気持ちをわかったふりをして、自分も彼女と一緒にいたいから、できる限りの時間をあなたに注いでくれるに違いありません。
ただしこの甘え方で注意があります。
服を引っ張るにときに、「引っ張る服」を間違えてはいけません。
彼が気に入っているものや、伸びてしまってはいけないものだと、服が伸びたり破れたりする可能性があります。
服を引っ張ったことで喧嘩になってはいけませんので、この甘え方をするときは、彼の服をよく見て、大丈夫なものなのかを探ってから実践しましょう。

特に夏は、Tシャツなどの伸びやすい生地を着ていることが多いので、引っ張る力を軽くするしたり、ジーパンなど記事が伸びにくいものをわざとひっぱってみるようにしてみましょう。

4.とにかくスキンシップを取りたがる

image by iStockphoto

すぐにできる甘え方で、人目のあるところ以外ではいつどこでも使うことができる甘え方です。
やり方を深く考えずにとにかく彼の身体を、ペタペタと触ったり、身体に触れるようにしてみましょう。

普段スキンシップをとりたがらないあなたであれば、彼は「なんだ?」となりますが、そのまま続けることで彼はあなたが甘えていると認識します。
その間、「急に甘えたくなっちゃって…」とちょっとかわいらしさを出してみるのもおすすめです。
今あなたに甘えたいの!としっかり意見を言うことで、彼にも甘えたいことがしっかり伝わります

そもそもスキンシップをとって甘えることができるのは、恋人であるからこそできることです。
隣にちょこんと座ってみたり、長いこと会えなかったのであれば、不安だったことをさりげなく伝えてみたり、簡単なことで甘えていることをしっかり伝えることができます。
彼はそのうち、「こんなに思っていてくれたんだ」と感じてくれますので、恋人だからこそできる甘え方、「スキンシップ」をしっかり武器にしてみましょう。

スキンシップは、その場の空気や雰囲気がラブラブになれる甘え方で、デート中にしてもいいですし、お家でまったりとしているときにしてみると、いい刺激を与えることができます。
やはり「身体に触る」のは、恋人関係でなければできないことですので、スキンシップをとることで「2人は恋人同士」と実感することができるのです。

そして、彼女にスキンシップを取ってもらえている自分の本当の気持ちをついつい口にしてしまうことも。
普段彼が自分の気持ちを言ってくれないときは、スキンシップで甘えてみましょう。
彼はそんなあなたを見て、「もっとスキンシップしちゃおう」とちょっかいを出してくるかもしれませんよ。

5.甘えたいと素直に伝える

何も考えてもじょうずに甘えられる自信がないときは、素直に甘えたいと言ってみましょう。
どうやって甘えていいかわからない、または性格的にできないときは、甘える前に彼に「甘えたい!」とおねだりして、彼のリードを待ちましょう。

甘える方法は何でもいいんですよ。
彼に甘えたいことを伝えているのですから、彼も甘えられるようにしてくれるはず。
いきなり抱きついてみたり、頭をポンポンしてもらってもいいです。
「なんかとにかく甘えたい!」とふんわりと伝えてみても大丈夫。
いきなりあなたの甘えたいおねだりや行動に、彼はあなたのことをいとおしく思うようになります。
単純な心理ですが、甘えることが苦手な方は、そこが難しいんですよね。

そんな不器用なあなたを見て、「素直に甘えたいわけを言えばいいのに」と思いながらも、かわいくて仕方がないと思ってくれます。
この甘え方もどこでも使えるものですので、デートで気持ちが盛り上がったときなどに使ってみてください。

恥ずかしがりながらも素直に甘えたいと伝えてくれたあなたに、彼氏はもっと甘えさせてあげようと思ってくれるはず。
その中で、たまに「大好き」と愛情表現してあげると、彼は思わずドキっとしてしまうんですよ。

甘え方で彼氏の心をぐっとつかめます

甘え方のコツを5つ伝授しましたが、普段頼りがいのある彼氏に甘えたいと思うのはごくごく自然なことです。
甘えるコツさえ押さえれば、ぶりっ子になる心配もありません。
甘えたい理由を着てたりして、彼氏とこれからもラブラブでいられるように、ぜひ実践してみてください。
Share: