ギフト・プレゼント

お通夜のお返しってどうすればいい?ささやかながら気持ちが伝わるギフト15選

お通夜は故人との最後の別れの場です。家族はもちろん、参列してくださる方々も悲しみを抱きながら足を運んでくださっているはず。このような場では礼儀やマナーはとても大事なこと。失礼がないようふるまうのはもちろん、来てくださったお礼の気持ちを伝えることも大切です。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

悲しみの中でも感謝の心を忘れずに

image by iStockphoto

大切な人が亡くなることは精神的に大きな負担をもたらします。
お通夜は特に、故人が亡くなってから家族以外の人と顔を合わせる最初の機会。
緊張や心労は大きいと思いますが、最後の別れの場を整えることは残された者のつとめでもあります。

いざという時に少しでも慌てずに対処できるよう、今のうちに知識を身につけておきましょう。

お通夜の時に渡されるお返し

葬儀、告別式の前日に行われるお通夜。
参列した際、ちょっとしたお土産のようなものをもらったことはありませんか?これは「返礼品」「通夜返礼品」とよばれ、昔は通夜振る舞い(料理をふるまうこと)に参加しなかった人に対してお渡ししていました。
しかし、近年では通夜に参列する全員にお渡しするのが一般的です。

金額はどれくらいが適切?

お通夜に参列していただいたお礼という意味合いの品なので、金額は500円から1000円程度が一般的です。
またお礼状にて一言、添えることがマナーとなるので品物と一緒に手配するようにしましょう。
品物はお菓子やハンカチなど、日用品や消耗品などの相手の負担にならず気軽に受けとれるものを選ぶとよいでしょう。

お返しを選ぶ時に気をつけたいこと

image by iStockphoto

通夜返礼品は何でもいいというわけではなく、ある程度の決まりがあります。
不要なトラブルを引き起こさないためにも注意点を把握しておきましょう。

香典返しとは違うもの

通夜返礼品は香典返しとは似ているようで全く違うものです。
あくまでも通夜に参列していただいたお礼の品なので、香典返しは別に用意しましょう。
香典返しは「半返し」と言われる頂いた金額の半分を目安にするなど通夜返礼品とは異なる部分があるので、勘違いしないよう注意が必要です。

高額なものを渡してしまうと負担になってしまいますし、香典返しと思われるとトラブルになりかねません。
お渡しする際、通夜に参列していただいたお礼の品ですと一言そえるとよいでしょう。

地方独自のルールがないかを調べておく

住んでいる地域によって通夜返礼品に決まりがある場合があります。
金額、品物について指定や禁忌があるケースもあるので、住んでいる場所のしきたりについては事前に把握しておくとよいでしょう。

#1 甘いスイーツでホッと心を和ませて

image by iStockphoto

消えものであるスイーツですが、頂く一瞬は心がホッと安らぐ瞬間でもあります。
通夜返礼品として感謝を伝えるだけでなく、もらって嬉しいと思えるようなスイーツを選びました。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: