ギフト・プレゼント

プチギフトにクッキーを贈ろう!おすすめギフトクッキー15選

子どもから大人まで、老若男女問わず好きなお菓子のクッキー。スーパーやコンビニで並ぶ手軽なクッキーも美味しいけれど、たまにはこだわりの手作り感あるクッキーも食べたくなりますよね。だからこそ、プチギフトとしてプレゼントすると喜ばれること間違いなし。今回は、気持ちを贈りたいときのプチギフトにおすすめなクッキー15選をおすすめ対象年代別にご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ちょっとした贈り物に嬉しいクッキー

image by iStockphoto

一言に「クッキー」と言っても、種類や味・形もさまざま。
お菓子を作る人のこだわりや思いも込められているクッキーだからこそ、選ぶ側も選択肢があればあるほど購入に迷いますよね。
贈りたい相手を思い浮かべながら、味やデザインの好みを考えて喜んでもらおうと選ぶクッキーだからこそ、その思いが伝わって嬉しいはずです。

日頃の感謝をさりげなく伝えたい時、お世話になったお礼がしたい時、「この前はごめんね」と伝えたい時など、ちょっとした気持ちを伝えたい時のプチギフトとして、手作り感のあるギフトクッキーはおすすめですよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

贈り物のクッキーはいくらくらいがおすすめ?

image by iStockphoto

プチギフトなので、贈りたい気持ちの度合いにもよりますが、手土産的な感覚であれば1,000円~2,000円くらいのクッキーを贈るのが気兼ねなく受け取れる程良い金額でしょう。
それより高いクッキーも、贈り先の人数や好みによっては選ぶことがありますね。

もっとカジュアルにさりげなくお礼をしたい、などということであれば料金が高い必要はありません。
数百円のクッキーでも十分気持ちは伝わるでしょうし、パーティーなどの参加の御礼に配るクッキーなどであれば200~300円程の小分け包装のプチギフトクッキーもありますよ。

喜ばれるクッキーの選び方

image by iStockphoto

クッキーを選ぶ時は、贈りたい相手の好みとシーンを考えて選ぶと良いでしょう。
特に、贈りたい相手の年代に応じてこだわりを変えてみるのもおすすめです。
お子様向けには可愛らしいクッキー、お仕事の相手への贈り物なら仲間で分け合えるような枚数の多いタイプや偏りのない王道タイプのクッキー、年配の方には甘過ぎず堅過ぎず、身体にも良さそうな品質の良いクッキーなどがおすすめですよ。

それから、小麦粉や卵などにアレルギーを持っている場合は、一般的なクッキーをプレゼントしても食べることができません。
そのため、お買い物の注文時にショップの人に確認したり、表示されている記載内容の詳細を確認することで成分を見て安全なクッキーをプレゼントしましょうね。

その1 お子様向けにおすすめのクッキーギフト

image by iStockphoto

まずは、お子様向けにおすすめのクッキーギフトをご紹介します。
お子様向けであれば、クッキーに可愛いデコレーションがされているようなクッキーがおすすめです。
特に、小さなお子様であれば、動物やお花などの分かりやすいデザインになっているクッキーが良いでしょう。
お子様相手ではなくても、小さなお子様がいるご家庭へのプチギフトでも選ぶと喜ばれますよ。

#1 「予約専門菓子店Daisy」のくまさんクッキー詰め合わせ

「予約専門菓子店Daisy」から、くまさんがカラフルなハートを持った可愛らしいクッキーの詰め合わせをご紹介します。
パッケージにも「ほんのきもち」とデザインされていてカード要らずですね。
気を遣わないで済む程度の程良い量と価格でありながら、くまさんの持つたくさんのハートから気持ちが伝わるようなほっこりするクッキーですよ。
お子様も大事に食べてくれそうですね。

#2 「Dream Sweets Factory」の季節感あるクッキー詰め合わせ

「Dream Sweets Factory」のクッキーには、季節感のあるおしゃれなクッキーがあるんです。
夏ならば金魚・スイカ・ビールなど。
季節の挨拶に選ぶなどすれば、社会人世代にもぴったりなのですが、その季節を表すデザインがとってもかわいいから、お子様にも喜んでいただけます。
小さなお子様のいつご家庭に、選んでみてはいかがでしょうか。

#3 「Forecipe」のちいさな森のクッキー詰め合わせ

「Forecipe」の「ちいさな森のクッキー」は、素朴な味わいと優しい甘さ、香ばしさが人気のクッキーです。
入れ物の缶そのものにも森の中にいる可愛らしい動物たちのイラストが描かれていますが、まるで動物たちが贈り物をくれたような楽しく美味しいクッキーたち。
「このクッキーはどの動物さんがくれたかな」とお子様と想像しながら召し上がってみてください。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: