ギフト・プレゼント

人気ブランドも小指に輝く!おしゃれなおすすめピンキーリング50選+気をつけたいこと3選

指輪は手元を彩ってくれる魅力的なアクセサリーです。しかし結婚指輪など公にも有名な意味を持つものも多く、ファッションといえど選ぶときには気をつけて選ぶ必要があります。比較的気軽にプレゼントできる指輪といえば「ピンキーリング」がおすすめです。サイズ的にもさりげなく指輪を楽しむこともできて一石二鳥。アクセサリーのことならお任せ!のDear編集部で選んだアイテムご紹介していきます。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

「ピンキーリング」について

image by iStockphoto

小指に着ける指輪のことを特に「ピンキーリング」と呼びます。
他の指に着ける指輪と比べてサイズも小さく、また手元の位置的にもさりげないおしゃれを楽しむことができますよ。
指輪にはそれぞれに意味があるのはご存知かもしれませんが、もちろんピンキーリングにも意味が存在しているんです。
小指は「チャンス」は象徴ともいわれており、小指に指輪をすることによって自分の「想い」と「力」を高めることができるとか。
小指を輝かせてあなた自身を高めるきっかけにしてみませんか。

「ピンキーリング」の一般的サイズ

「ピンキーリング」の一般的なサイズは「3号」と言われています。
店頭に置いてあるものは、その前後を見越して「2~4号」のアイテムが用意されていることが多いです。
しかし指の大きさは人によって違うもの。
指を酷使するような仕事をしている人やスポーツなどをしていた方などは、関節の成長や変形などがみられることもあるようです。

指輪のプレゼントを選ぶときにはサイズ選びに気をつけるにこしたことはありません。
ですが、ピンキーリングはサイズも小さく繊細なものも多いのでちぐはぐなサイズではイメージが変わってしまうこともあります。
できるだけ店舗に赴いて正確なサイズを計ったうえで選ぶほうが良いかもしれませんね。

右手と左手で意味が違う

指輪は左右どちらに着けるかによって意味が変わってきます。
右手のピンキーリングには「自分の魅力を高める」パワーが。
向上心のある方や「勉強運」や「仕事運」をアップしたい方にぴったりです。
自分を高めるという意味からも「お守り」としてや、気軽に普段使いにもしやすいですよ。

左手のピンキーリングの意味は「恋の願いを叶える」。
運命のめぐりは右から左へと流れることから、舞い込んできた運命を受け止めるピンキーリングを身に着けておきましょう。
「チャンスを自分のものにするために止める」ことができますよ。
恋愛運アップのパワーストーンと組み合わせればさらに効果が上がりそうですね。

ネックレスにもできる

小さな指輪であるピンキーリングは「ネックレスのペンダントトップ」として使うこともできます。
「ベビーリング」などであればそのようにして使うことも少なくありません。
ピンキーリングも同じようにネックレスとして使っておしゃれを楽しむことも可能。
リング型モチーフのネックレスもあるくらいですし何ら違和感もありません。
使っているうちにサイズが合わなくなったり、せっかくプレゼントでもらったのにサイズが合わなかった時などに応用編としてご利用いただけそうですね。

「ピンキーリング」を選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

続いて、ピンキーリングの選び方についてご紹介していきます。
実際にアイテムを購入するときは是非参考にしてくださいね。

サイズ選びに注意

どの指に着けるかを問わず、指輪選びで最も気をつけたいのは「サイズ選び」。
選び方のコツとしてははめるときに「少し抵抗感があるくらい」がちょうどいいです。
関節の部分は指の元よりも太い場合が多く、指元に合わせて選ぶときつすぎてハマらない時も。
逆に関節を楽に通る大きさを選んでしまうと、ぶかぶかになってしまいます。
お守りのように常時身に着けたいときには自然と指も細くなりやすいので、少しきついくらいがちょうどいいです。
お店でリングのサイズを選ぶときにもその意識を忘れず計るようにしてください。

取り扱いに注意

「ピンキーリング」は最も細い指に身に着ける指輪です。
他の指輪に比べて繊細なデザインや細めのリングのアイテムが多く用意されています。
もちろん一般的なリングの太さのアイテムも素敵ですが、やはり「ピンキーリング」らしい繊細なアイテムを選びたくなりがちです。
繊細ということはそれだけ取り扱いに気をつける必要があります。
アクセサリーをぞんざいに扱うような方にはあまり向かないアイテムかもしれません。
もしくはメンテナンスができたり、補償のあるしっかりとしたブランドのアイテムを選ぶのもいいですね。

ファッションの好みに合わせて

アクセサリー選びで最も参考になるのは、普段身に着けているアクセサリーやファッションの好みです。
相手の好みに合わせてこそ、喜んでもらえるプレゼントになるのであればリサーチは必要ですよね。
自分が好きだからと相手に押し付けるのも良くありません。
またプレゼントをしたからと言って必ず相手が使ってくれるとは限らないでしょう。
せっかくなら使ってもらいたい、という気持ちがあるときはなおのこと相手の好みに寄せて選んでください。
プレゼントによって相手に強制させるようなことがないように注意しましょう。

その1 【10,000円以内】の華奢なラインのピンキーリング

image by iStockphoto

ピンキーリングはその小ささや華奢なラインが魅力の一つです。
そっとさりげなく身に着けたい繊細な「ライン」が美しいリングをご紹介します。

#1 最もシンプルに「K18 華奢リング」

純金は柔らかくアクセサリーなど身に着ける物には向いていない貴金属です。
その「金」を最も美しくシンプルに魅せてくれるのが「18金」と呼ばれるゴールド。
純粋な金よりも傷がつきにくく変形もしにくいことからジュエリーなどによく使われています。
そんな貴金属を使って作られた最もシンプルなリングです。
「ツヤあり」と「つや無し」をお選びいただけます。
刻印を別途入れることもできますがデザインには装飾が特別にないのでペアリングとしても使えそうですね。

#2 華奢さが引き立つ「ピンキーリング ニッケルフリー 華奢 極細リング」

極細のリングはシンプルであるほど存在感がさりげなくなります。
ほんの少しジュエリーとして引き立たせたいときには、こちらの少しひねり模様のあるリングを選んでみるのはいかがでしょうか。
細いリングの中に模様がさりげなく反射を見せてちょっとしたオシャレにぴったりのアイテムです。
普段使いにもしやすい「10金」ゴールドを使用しており、「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」の3色展開。
お好みに合わせて重ね付けをしてみてもいいかもしれませんね。

#3 普段使いにも良い「ピンキーリング K14金 Sears」

「ゴールド」は混入させる他の貴金属の割合によって、その高価さと固さが決まってきます。
「18金」よりも普段使いに適しており、「10金」よりも高級感にあふれる「14金ゴールド」を使った「Sears (シアーズ)」のピンキーリングです。
四つの爪で固定された「キュービックジルコニア」がさりげなく光り、普段のさりげないオシャレを支えてくれることでしょう。
こちらも3色のゴールドから選ぶことができ、お肌の色やファッションの相性を鑑みて選ぶことができますよ。

#4 重ね付けに「ピンキーリング 2連リング」

人気のひねりデザインのピンキーリング。
重ね付けをすることによって小さなおしゃれも存在感豊かに魅せることができますよ。
同じひねりデザインの2連リングですが、ひねりの大きさが異なるのでそれぞれの見た目が違ってきます。
きらりと反射する光の量も違いますし、大人びた輝きを演出してくれることでしょう。
アレルギーの起こりにくい「サージカルステンレス」を使っているのでお肌の弱い方にも安心してプレゼントできます。
金属独自のきらりとした輝きをお楽しみいただけますよ。

#5 ミルで魅せる「VIVIFY ピンキーリング」

こちらの「VIVIFY(ビビファイ)」のピンキーリングは、ユニセックスなデザインで人気がありますよ。
アクセサリーの加工技術の中で、石を支えるための「ミル打ち」というものがあります。
小さな石でもたくさんつけることができる反面、職人の技術が試される大切な技法。
そんな「ミル打ち」で魅せるアクセサリーらしいピンキーリングはいかがでしょうか。
丸いパーツが連続するような見え方で、リングとしても映えるデザインです。
男性にも女性にもよく似合うデザインは、職人の手のぬくもりを感じさせます。

#6 宝石のカットのように「極細リング ダイヤモンドカット ピンキーリング」

宝石はカットよにってより美しく仕上げることができますが、貴金属もカット面で魅せる美しさを表現したものもありますよ。
ダイヤのようなカット面をほっそりとした華奢なリングの中に施しました。
角度によって反射面が変わる美しさをお楽しみいただけますよ。
シンプルさもさることながら、引き立つ美しさは華やかさもさりげなさもどちらも併せ持っているようです。
色を選ぶことができるのでペアにしたり重ね付けをするのもいいかも知れませんよ。

#7 ハートにも見える「ピンキーリング ゴールド V字」

リングの中でも「V字」をデザインしたものは指元をすっきりと魅せてくれる特徴があります。
緩やかな線絵を描いたこちらのピンキーリングは、どちらかというとハートの形をしているかのようです。
女性らしい柔らかな印象の元でさりげないオシャレを楽しみたい方にプレゼントしたくなりますね。
指に負担がかかりにくい、ストレスフリーな付け心地も魅力の一つ。
ほっそりとしたシンプルなデザインの中にいくつもの工夫を感じさせるアイテムです。

#8 波を描いて「ピンキーリング vintage wavelength ring」

波を描くようなフォルムが美しいピンキーリングです。
リング自体が少し平たい構造をしており、よくある丸形のリングとはまた違った印象があります。
リングの部分には球体が連なっており、宝石の反射のようにメタリックな輝きを放つことでしょう。
波の形が指輪自体に動きのある形をもたらしてくれるので、少し変わったデザインがお好みの方にもおすすめです。
ピンキーリングとしてももちろんですが、ネイルリングとしても良いアクセントになりそうですよ。

#9 さりげないハートが「ピンキーリング hidden heart ring」

ピンキーリングは他の指輪に比べればさりげないオシャレさが特徴といえます。
その最たるデザインともいえるのがこちらのアイテムです。
凹凸を感じるリングに極小のストーンをあしらったリング。
リングの部分をよくよく見てみると「ハート」の形が上下交互に連なっています。
ハートをデザインするのであれば石の形に選んだり刻印もできるはず。
しかしあえてリング部分に小さく並べることによって、ハートのキュートさを残しながらシンプルさまで表現しています。

#10 細さのモチーフなら「ピンキーリング stylish cross ring」

ほっそりとしてシンプルなピンキーリングは人気アイテムのひとつ。
しかし、シンプルなモチーフと組み合わせるなら「クロス」を選んでみませんか。
ただクロスを指輪の飾りとしてデザインするのではなく、指輪全体をクロスに見えるように仕上げました。
クロスの中心には小さなダイヤモンドが輝く贅沢な一品。
アクセサリーのモチーフとしても「調和」など意味のあるものなので、さりげないメッセージを込めてプレゼントするのもいいですね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: