ギフト・プレゼント

失敗しないメンズジーンズはコレ!男性が喜ぶ定番ブランド15選

カジュアルなスタイルに欠かせないジーンズ。流行に左右されず長く愛用できるため、一本は手元に置いておきたいアイテムですよね。そこで今回は、彼氏や旦那様へ贈るかっこ良いメンズジーンズを厳選。プレゼントで失敗しない定番ブランドをランキング形式でご紹介します。ジーンズの選び方やブランドの価格帯も合わせて参考にしてみてくださいね。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

失敗しないメンズジーンズの選び方

image by iStockphoto

ジーンズは、ファッションの定番アイテム。
プレゼントでは、サイズ感やデザインなど、男性の好みに合わせて選ぶ必要がありますよね。
履きこむほどに味が出るため、ジーンズにこだわりのある男性ほど、プレゼント選びも難しいところではないでしょうか。
まずは、失敗しないメンズジーンズの選び方をチェックしておきましょう。

ジーンズの種類を選ぼう!

一般的なジーンズの種類は、ストレート・スキニー・ワイドの3種類。
最も王道の形といえば、ストレートジーンズです。
一直線のシルエットで、合わせるアイテムを選ばないのが特徴。
幅広い世代が愛用できる定番ジーンズは、プレゼントにも選びやすいでしょう。
タイトなシルエットと言えば、スキニージーンズ。
すっきりしたIラインのシルエットは、細身の男性や高身長の男性に似合うジーンズです。
古着やヴィンテージ感が強いワイドジーンズ。
太めのサイジングが、体型カバーにもおすすめです。
おしゃれ上級者が好むジーンズでもあります。
プレゼントには、男性の日常スタイルをチェックして、好みの種類を選んでくださいね。

正しいサイズ選びが大切!

ジーンズ選びで難しいのがサイズ感。
どんなに高価なジーンズでも、サイズ選びを失敗するとダサく見えてしまう可能性もあります。
サイズ選びで注意したいのは、ウエストと太ももです。
ウエストは、はいたときに指2本分が入るゆとりがあるのが正解。
太ももは、ジーンズの種類によってタイトやワイドなどのサイズが異なります。
そのため、シルエットがジーンズの種類に合うサイズ選びが大切です。
細身のスキニージーンズでも、見るからに窮屈なサイズはNG。
そのため、太ももはストレッチの有無に関係なく、少しつまめるほどの余裕があるサイジングがおすすめですよ。

年齢に合う色・デザインがおすすめ!

ジーンズは、選ぶ色やデザインによって雰囲気が変わります。
10代~20代の若い世代には、ライトブルーやグレーのカラーが人気です。
ウォッシュやヴィンテージ加工を施したジーンズは、若々しさを感じるデザインですよ。
30代~40代の大人世代には、遊びすぎない無難なジーンズが喜ばれます。
色は、落ち着いたインディコブルーがおすすめ。
できれば、淡い色より濃い色を選ぶと失敗も少ないでしょう。
あまり安価なジーンズを選ぶと、生地の厚みや質感で、安っぽさが分かる可能性もあるため、注意してくださいね。

プレゼントの予算の相場は?

image by iStockphoto

一般的なジーンズの相場は、10,000円~20,000円程度と言われています。
ヴィンテージなどのプレミアが付く高価なジーンズであれば、何十万円もするケースもあるでしょう。
ただし、プレゼントの価格として考えるなら、ブランドショップで購入できる10,000円前後を目安にするのがおすすめです。
また、加工のクオリティや生地によってジーンズの価格は異なります。
プレゼントには、男性の年齢や好みのブランドから金額を設定すると良いでしょう。

その1【1万円以下】男性が喜ぶ定番ジーンズブランドTOP5

image by iStockphoto

比較的リーズナブルな価格帯のブランドジーンズを選ぶなら、1万円以下を目安にするのがおすすめ。
誰もが知る知名度の高いブランドなら、男性も価格に関係なく喜んでくれますよ。

第5位 シンプルで幅広い世代に人気「Dickies(ディッキーズ)」

ディッキーズは、アメリカのワークウェアブランド。
1918年にブランドの前身となる会社が創業。
その後、1922年にワークウェアをつくるブランド「ディッキーズ」が誕生しました。
リーバイスやリーのように、アメリカのジーンズブランドでは知名度があります。
シンプルかつ丈夫な縫製が特徴で、信頼の高さからもプレゼントに人気です。
おすすめは、定番のストレートジーンズ。
世代を問わず長く愛用できるシンプルさが、プレゼントを贈る相手を選びませんよ。
カラー展開が豊富なため、男性の好みの色が見つかります。
比較的リーズナブルな価格で、気軽にプレゼントできるのも嬉しいポイントです。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: