ギフト・プレゼント

男性が喜ぶブランドジーンズはこれ!プレゼント選びに役立つ価格別ランキング20選

ジーンズは、男性のカジュアルファッションの王道。男性に洋服をプレゼントするなら、ジーンズはチェックしておきたいアイテムです。様々なファッションブランドでも取り扱われており、一本持っていると重宝しますよ。ここでは、男性に人気のブランドジーンズをランキング形式でご紹介します。ぜひ、プレゼント選びの参考にしてみてくださいね。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ブランドジーンズの選び方のポイント

image by iStockphoto

ジーンズなどのボトムスは、トップスよりもサイズ選びが難しそうですよね。
男性にぴったりのジーンズを贈るには、どのような点に気を付ければ良いのでしょう。
サイズや形など、ジーンズ選びには様々なポイントがあります。
まずは、プレゼントで失敗しないブランドジーンズの選び方をチェックしておきましょう。

正しいサイズの選び方

サイズ選びが大切なジーンズ。
失敗してしまうと、今後出番がない可能性もあるため、最初に注意したいポイントです。
正しいサイズを選ぶためには、男性のウエストサイズとわたり幅(太もも)のサイズを確認しておくのがおすすめ。
ウエストは、ジーンズを穿いたときに指2本分の余裕があるのが理想のサイズです。
窮屈な場合は、ポケットが開いてしまうため、ポケットを見てサイズ確認するのもひとつの手ですよ。
わたり幅は、指で少しつまめる程度のゆとりがあるのが良いでしょう。
ただし、スキニーやワイドなどはジーンズのシルエットが異なります。
事前に、ジーンズの形によって男性好みのフィット感を確認しておくと安心ですよ。

男性の体型やファッションに合う形を選ぼう

ジーンズの形には、いくつか種類があります。
男性の体型や普段のファッションテイストによって、好みのジーンズは異なるでしょう。

一般的には、スキニー・ストレート・テーパード・ワイドの4種類を覚えておくと安心です。
スキニーは、タイトで細身のシルエットが特徴。
ゆとりのあるサイジングのトップスと相性が良いです。
ストレートは、ジーンズの鉄板の形。
トップスを選ばず、どんなスタイルにも合わせられる万能さが魅力です。
テーパードは、裾に向かってタイトなシルエットになります。
脚長効果があり、太ももやヒップが気になる男性に人気の形です。
ワイドは、おしゃれ上級者や古着好きの男性におすすめのシルエット。
個性が出るため、ファッションに敏感な男性におすすめです。
プレゼントには、普段のファッションスタイルを見極めて、男性好みの形を見つけてくださいね。

プレゼントに掛ける予算の相場は?

image by iStockphoto

メンズジーンズの価格は、一般的に5,000円~30,000円程度を目安にするのがおすすめです。
ファストファッションブランドなら、5,000円以下のジーンズも見つかります。
ジーンズにこだわる男性には、ハイクオリティで高価なジーンズがおすすめです。
また、ブランドによってジーンズの価格は大きく変動します。
プレゼントには、男性の好きなファッションブランドをリサーチしておくと、プレゼント選びもスムーズですよ。

その1【1万円以下】男性が喜ぶブランドジーンズTOP5

image by iStockphoto

10代~20代の若者には、ネームバリューの高いブランドが人気です。
価格は10,000円以下で購入できる有名モデルも多いため、プレゼント選びもスムーズに進みますよ。

第5位 カウボーイが愛する伝統モデル「Wrangler(ラングラー)」

ラングラーは、1947年に誕生したアメリカジーンズ3大ブランドのひとつ。
ワークブランド「ブルーベル社」が設立し、カウボーイたちに愛されるブランドとして知られています。
ブランドの基本形となるジーンズ「11MWZ」が完成したのは、創業の翌年。
さらに後継者となる「13MWZ」は、現在も高い人気を誇る伝統モデルです。
ジーンズマニアも欲しがる逸品のため、プレゼントにもおすすめ。
ブーツと相性の良いストレートのシルエットやシャツをインしやすい深めの股上など、カウボーイ仕様のジーンズです。
伝統のジーンズが手頃な価格で手に入るのも、人気の理由ですよ。

第4位 日本を代表するジーンズブランド「EDWIN(エドウィン)」

[エドウイン] ジーンズ 503 レギュラーストレート E50303 メンズ 濃色ブルー 34

photo license by Amazon.co.jp

1947年に誕生した日本のジーンズメーカー「エドウィン」。
ブランドの原点である常見米八商店が設立し、日本で初めて輸入したデニム生地を国内縫製で製造。
日本人体型に合わせたブルージーンズは、現在も高い支持を得ています。
なかでもブラット・ピットをCMモデルに起用し、注目を集めたブランド代表モデル「503」。
現在もアイコン的存在となる人気ジーンズで、プレゼントにもおすすめです。
「503」にはたくさんのシリーズがあり、ストレートデニムは親しみやすく現代のスタイルに馴染みます。
バランスの良いフィット感が、やみつきになると評判ですよ。
IMAGE

[エドウイン] ジーンズ 503 レギュラーストレート E50303 メンズ 濃色ブルー 34

Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-07-02Amazonで詳しく見る

第3位 世界初のジッパーフライジーンズを誕生させた「Lee(リー)」

[リー] ジーンズ AMERICAN RIDERS 101Z ストレートジーンズ メンズ LM5101-500 インディゴブルー2 30

photo license by Amazon.co.jp

1899年、アメリカで誕生したジーンズブランド「リー」。
創業当時は生活雑貨を展開していましたが、ワークウェアの自社製造により、ブランド名を広げていきました。
1924年に発売した「101カウボーイパンツ」はブランドを代表するモデル。
俳優のジェームズ・ディーンが愛用していたことでも有名です。
また、世界初のジッパーフライジーンズを製造したブランドでもあり、ネームバリューからもプレゼントに人気があります。
そんなブランドのアイコンとも言える「101」モデルを現代風にアレンジしたスペシャルなデニムは、男性へのプレゼントにもおすすめです。
合わせる服装を選ばないレギュラーストレートの形は、幅広い年齢層に評判ですよ。
IMAGE

[リー] ジーンズ AMERICAN RIDERS 101Z ストレートジーンズ メンズ LM5101-500 インディゴブルー2 30

Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-07-02Amazonで詳しく見る
次のページを読む
1 2 3 4
Share: