デート告白彼氏のこと恋の悩み恋愛片思い結婚遠距離

【言語交換サイトで出会ったアメリカ人と…】片思いが成就した女性に聞く!出会いや告白のアドバイス

きっと誰しもが経験する「片思い」。悲しい想い出で終わる人もいれば、片思いを成就させた人もいます!この記事では、片思いからカップルになれた女性にインタビューし、恋愛遍歴から出会い・アプローチ、告白までを聞きました。最後には、片思いに悩む女性へのアドバイスも。あなたの恋の役に立つかも。最後まで読んでくださいね。インタビュアー/DEAR編集部 インタビュー/やまぐち・福祉職(未婚・女性)

この片思いエピソードはいつの話?また、その頃の恋愛経験は?

成就した片思いの想い出、ということで、このエピソードがいつの話か教えてください。また読者も「恋愛経験のあるひとなのか、無いひとなのか」で参考にする部分が代わってくると思いますので、恋愛経験などもご回答お願いします。
私は、福祉職をしている25歳・女性です。22歳で就職してからは、なかなか出会いを得られず、彼氏がいない状態でしたし、不規則な勤務形態だったので、彼氏ができてもデートする時間もないので、今はいらないかと諦めていました。これまでも2人と付き合った経験しかなく、彼氏がいなきゃダメと言う体質でもないので、いつかできればいいやという感じで日々を過ごしていました。

片思いの相手との出会いや、アプローチ

片思いの相手とはどのような出会いで、どのようにアプローチしていきましたか?
しかし、以前から会員になっていた言語交換サイト(ランゲージエクスチェンジ)で素敵な出会いがあったのです。最近は、このようなサイトが増えていますが、これは、自分が学びたい言語で日記を書いて、アップロードし、それをネイティブが添削してくれるようなサイトです。私が毎回投稿する日記にいつも懇切丁寧に添削をしてくれる人がいました。その段階ではありがたいなと思うだけで、相手の年齢も性別も分かりませんでした。しかし、ある日、その人からダイレクトメッセージ機能で、メッセージが届き、そこから毎日メールをするようになりました。お互いの事を知ってからは、スカイプでのやりとりが始まり、テレビ電話もするようになりました。アメリカ人の同い年の男性でしたが、1年位、連絡をとっている中でお互いが魅かれ、実際に日本で会うことになりました。

片思い相手への告白や、その後の付き合い

告白はどちらからしましたか?どのように告白しましたか?付き合うことになったキッカケを教えてください。
彼曰く、彼は私の言語交換サイトのアカウント写真に一目ぼれし、付き合いたい気持ちがあり、メールをしたそうです。しかし、実際に告白はされていないので、彼に聞いたところ、彼が日本にくることの目的が私に会うことなので、来日=告白だということでした。海外では、告白して付き合うことがあまりなく、自然な流れでいつもまにかお付き合いが始まることが多いと聞いていたので、私自身はなんの違和感もありませんでしたが、後からそれを聞いて、やはり嬉しかったです。私もスカイプのやりとりを始める段階で、すでに彼の性格に魅かれていたので。

この恋愛の結末。片思いから婚約は?

この恋愛はどのような付き合いになり、結局どうなりましたか?いま片思いに悩み、また想いを募らせる人にとっては現実的な話かもしれませんが…その後結ばれていく運命もあれば、または悲しい結末があったとしても、エピソードにしてくれているということは記憶に残る恋愛だったはず。ぜひ正直に答えてください。
彼は、ワーキングホリデーで来日してくれたので、会える期間が限られており、2年間は遠距離恋愛をしていました。しかし、お互い、将来のことを考えることができる関係になったので、私が仕事を辞め、彼の国で暮らすことになりました。彼の生まれ育った国の文化や習慣を学ぶことを目的とした移住なので、いずれは日本に帰る予定です。結婚は来年を予定しています!

恋愛・片思いに悩む女性へのアドバイス

ぜひ片思い成就の経験から、いま片思いに悩む女性へのアドバイスをお願いします。
片思いをしている女性の方に2つアドバイスがあります。1つは、自分の気持ちを相手に素直に伝える勇気を持つことです。相手への愛も、不満も、実際に自分が感じたのであれば言葉にして伝えるとお互いにとってより居心地の良い関係性を作ることができます。2つ目は、相手の気持ちも尊重した言動や態度を忘れないことです。自分の立場や状況から全てを口にしたり、行動に移してしまうと、長続きする関係性が築けません。彼のことが好きなのであれば、常に彼目線でも物ごとを考えられるような余裕を持ちましょう!
ありがとうございました。

片思いをがんばろう!

インタビューでは片思いから告白・付き合いまでのお話と、その後の結末、アドバイスまでをいただきました。ぜひあなたの恋の参考になれば幸いです。
Share: