恋愛遠距離

遠距離恋愛が長続きするコツは?主な問題とその解決策3選

遠距離恋愛で大好きな恋人と離れることになるのは、辛いですし、お互いに不安な気持ちになりますよね。実際に遠距離恋愛は難しく、多くのカップルが別れてしまいます。ですが、なかには遠距離恋愛を成功させて長続きさせているカップルも!そこには遠距離恋愛を上手に乗り切るための、工夫やコツがあるんです。あなたは遠距離恋愛が長続きする「コツ」ご存知ですか?

遠距離恋愛で起きる主な問題と、その解決策

image by iStockphoto

私も自身の転職をきっかけに、彼氏と遠距離恋愛を経験しました。

なので、遠距離恋愛に悩むみなさんの気持ちは、とても良くわかります。

遠距離恋愛を始めた当初は、全然上手くいかなくて喧嘩ばかり・・・。

「このままではダメになる」とお互いに危機感があったので、彼氏と相談して色々とルールを作ったり、生活を変えていきました。

そこで今回は、遠距離恋愛で起きる主な問題とその解決策を、私の体験を元にご紹介したいと思います。

その1 交通費の問題

image by iStockphoto

遠距離恋愛と近距離恋愛の一番の違いは、実質的な「距離」ですよね。

住んでいる場所が遠いことで、二人が会うためには「お金」と「時間」が必要になります。

特に負担になるのが、交通費!

私は、電車で2時間半程の距離で遠距離恋愛をしていましたが、毎回かかる交通費が大きな負担になっていました。
飛行機を使う距離なら、すごい金額になりますよね。

「彼氏には会いたいけど、お金が苦しい・・・」

週末が近づくと、お財布を見てはため息ばかりついていました。

【解決案】交通費は二人で負担する・テレビ電話を利用する

image by iStockphoto

そこで彼氏と相談して、「二人で交通費を負担する」「会う頻度を減らす」ことを決めました。

もちろん、会う頻度を減らすことはとても寂しかったです。
寂しさに耐えられるか、自信もありませんでした。

ですが、交通費の為に無理をして、お互いの生活が苦しくなれば、いつか不満に感じる時がくるかもしれない。
その時に、「相手のせいだと思いたくないね」という話になり、泣く泣く会う頻度を減らすことにしました。

そしてその変わりに、スカイプやスマホのフリーアプリなどを利用して、テレビ電話で話をすることにしました。

後の項でもお話しますが、通話だけの電話だと喧嘩になることが多いので、顔を見て話しができるテレビ電話がおすすめです。

会えなくても、顔を見て話しをすることができると、寂しさもだいぶ違います。

この二つのことを初めてから、金銭面ではとても楽になりなりました。

会う機会が減ってしまいましたが、その分会えた時の時間をより大切にできるようになったと思います。

その2 不安な気持ちから「浮気」を疑ってしまう問題

image by iStockphoto

はじめに、遠距離恋愛を始める前から恋人の浮気の心配をしている人は、遠距離になることをきっかけに、二人の関係を考え直した方がいいかもしれません。

なぜなら、今の時点で恋人を100%信じることができないのなら、この先必ず相手を疑って悩むことになるからです。

遠距離恋愛する上で、相手を信じられるかどうかはとても重要なこと。

離れていると、それだけで気持ちが不安定になってしまうものなので、「恋人が電話に出ない」「話している様子がいつもと違う」など、少し様子がおかしいだけでも「浮気してるのかも」と悪い想像ばかりが膨らんでしまうんです。

一度疑い出すときりがなくて、簡単に相手のことを信じられなくなってしまいます。

疑われた方も、仕事が忙しかったり、タイミングが合わなかっただけなのに疑われると、当然嫌な気持ちになります。
「信じてくれないなら、もういいよ」と最悪の結果を招いてしまうのです。

【解決策】仕事に打ち込む・趣味や友達との時間を大切にする

image by iStockphoto

あなたが恋人のことを考えるのはどんな時ですか?

ほとんどの人は、仕事の合間や、家に帰宅して一人になった時間に考えるのではないでしょうか?

暇な時間が多いと、会えない恋人のことをあれこれ考えてしまったり、寂しく感じる時間が長くなってしまいます。
なので、彼氏に会えない今がチャンスだと思って、仕事に打ち込んだり、スキルアップの為に資格に挑戦したり、気を紛らわせることが大切です。

もちろん、趣味や習い事を始めたり、お友達と食事に行ったり、なんでもOKです!

あなたの心が満たされて毎日が充実していれば、恋人の事を無駄に疑ったりすることも減ってきますよ。

その3 喧嘩が増える問題

image by iStockphoto

遠距離恋愛になると、それまで喧嘩をしなかったカップルでも、喧嘩をするようになります。

その喧嘩のほとんどが、電話で話している時。

私も、言葉だけで、相手に自分の気持ちを伝えるのはとても難しいなと痛感しました。

それは、顔の表情や仕草で伝えられていた微妙なニュアンスが、言葉だけだと上手く伝わらなくて、相手に誤解を与えてしまうことがあるからです。

【解決策】電話で喧嘩しないルールを作る

image by iStockphoto

そこで私達は、「電話中に喧嘩になりそうになったら、電話を終わりにする」「疲れている時、体調が悪い時は電話しない」「なるべくテレビ電話にする」というルールを決めました。

「電話で喧嘩する位なら、初めから電話をしなければいい!」と思ったんです。

その分、実際に会った時に色々話をする方が、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。

実際にやってみて、喧嘩がかなり減りました。
二人の仲も良好になりましたよ。
次のページを読む
1 2
Share:
2017haru