LINEモテたい恋愛

【男性必見‼︎】LINEを使って女性に振り向いてもらうには

皆さんは女性にモテたいと思いますか?また、モテたいと思っている男性の皆様は女性にどういうアクションをかけますでしょうか。近年、コミュニケーションツールの多様化により、色々なコミュニケーションの取り方があり、色々な出会い方があります。その中でも、通話アプリ「LINE」がここ何年かで爆発的に普及しました。普及率は9割を超えると言うことです。単純計算で日本人の10人に9人は持っている計算になります。この数字は、実は驚異的な数字なのです。皆さんもお使いであろうこのLINEと言うツールを使い、女性にモテる、女性と仲良くなる、友達になる方法をお伝えしていきたいと思います。

まずはウケの良い文章作りから!

image by iStockphoto

まずは、女性が受け取って嬉しい文章を作るというところから入りましょう。
メールでも同じことが言えると思いますが、メールよりもLINEの方がレスポンスが早いので、相対的にやり取りの頻度が多くなってきます。
ですので、この間に好意的な内容を送ることが出来れば相手の印象は良くなりますし、逆に否定的な内容だったり、中身がない文章を送ってしまうと印象が悪くなってしまうことがあります。
例として、

「今日は楽しかったね」

ではなくて、

「今日は楽しかったね(^^)」

「今日は楽しかったよ!ありがとう!」

などと文章に幅をつけてあげると相手の心も動きやすいです。
絵文字が入っているかいないか、また、感情表現が入っているかいないかによって大きく変わりますよね。
基本的には、自分が返事をもらって嬉しいと思うような返しを心がけましょう。

程良い顔文字と感情表現が大事!

image by iStockphoto

上記でも多少述べさせて頂きましたが、そっけない文章を送るよりは、かわいい絵文字や感情が伝わるような文章作りが大事ではないかと思います。
初めてであれば、より印象がそこで決まってしまいます。
人間、最初の印象で約9割決まってしまいますので、最初の印象がとても大事です。

一般的な携帯であれば、ある程度定形の顔文字がありますので、その顔文字を文章の最後や、文章の合間に入れてあげることが望ましいでしょう。
顔文字を多用しすぎたり、いろいろな顔文字を混ぜすぎると相手に変な印象を与えかねませんので注意が必要です。

また、感情を表現の例として、「!」や「www」、「…」などを入れるだけで相手との会話が盛り上がりやすくなります。
なくとも会話はできますが、このような表記がないと、文章が単調に見えてしまったり、相手に不快感やつまらなさを与えることにつながってしまいますので気を付けましょう。

LINEのスタンプを上手く活用しよう!

image by iStockphoto

スマートフォンでLINEを使っている人は、LINEの会話でスタンプが使えるはずです。
皆さんはもちろんご存知ですよね?そのスタンプを有効的に使用出来ていますでしょうか?今までは顔文字が主流でしたが、 スタンプを利用することにより、顔文字よりも断然感情が伝わりやすく、感情表現が豊かになります。
今はかわいいスタンプがたくさん作られ、売られていますし、スタンプ押し合うだけでも会話が成立してしまう時代です。
女性ウケするスタンプを多く保有していると、女性との会話も弾み、印象も良くなりますので、あなたがもし女性だったら貰いたいスタンプを持っておきましょう。

みんなが興味をもってくれるアイコンや画面にしよう!

image by iStockphoto

LINEにはプロフィールやホーム画面と言うものがあります。
その画面を女性にウケるものにしておく必要があります。
例えば、自分の趣味の写真・好きなアーティストの写真など会話になり得るものが必要です。
仮に未設定、対応に困るような画面であった場合、印象が悪くなる上に、興味を持ってもらえなくなります。
ここも、あなたが自分以外の他人、特に女性であればどんなプロフィール画面であれば相手の印象が良くなるか、また、どんなホーム画面であれば印象が良くなるかをしっかり考えておくことが大事です。

最終的には印象勝負!

image by iStockphoto

以上4点をお伝えしてきましたが、結論からすると、あなたが相手からLINEをもらったときにそのLINEを続けたいと思えるか、また、LINEをもらって嬉しいと思えるかと言うところが大事ですし、女性を喜ばせる、楽しませると言うことが大事です。
LINEのやりとりをすると言う事は、相手があってのことですので、印象が悪く見えるようなLINEを送ってしまうと、あなたの印象が悪くなってしまったり、あなたとLINEをしたいと言う気持ちが薄れてきてしまいます。
常に相手の目線に立ち、相手が興味を持ってもらえるようなやりとりをしていくことが大事ではないかと思います。
今回お伝えしたことをしていない、できていないあなた、または実践しようと思っていたがどういう風に実践したらいいかわからなかったあなた、ぜひ今回お伝えしたことをもとにアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。
Share: