かわいくなるファッション彼女のこと恋愛結婚

【プロポーズされたい女性へ】男性が望む、結婚したい彼女の条件8選

男性の「恋人にしたい女性」と「結婚したい女性」では条件が異なります。あなたが結婚したいと思うなら、ファッションやこれまでの生活を見直して、「結婚したい男性から好かれるような女性」になる必要があります。男性が求める結婚したい女性の条件とは?あなたはいくつ当てはまりますか?

TPO(時間・場所・目的)に合わせた、服装・メイクができる

image by iStockphoto

結婚すると、会社の行事や友人との食事などに夫婦揃って出席する機会が多くなります。
その時に、女性が場違いな服装やメイクをしていたのでは、夫である男性が恥じをかいてしまいます。
その為、結婚を意識した男性は相手の女性がTPOに合わせた服装ができるのかチェックしています。
可愛いだけの服装は、もう卒業です!

アウトドアに動きにくいスカートやヒールの靴で行ったり、高級レストランにカジュアルな服装で行くなど、間違った装いをしないように気を付けましょう。

早寝早起きで規則正しい生活をしている

image by iStockphoto

結婚したら、規則正しい生活が送れると思っている男性は多いのではないでしょうか。
例えば「朝は妻に起こしてもらい、手作りの朝食を食べ会社へ出勤する」なんてシチュエーションに男性は憧れています。
夜更かしをしている女性からは、早起きして朝ご飯を作る姿は想像できませんよね?逆に、結婚しても夜遊びをするのでは?と不安に思われてしまいます。

男性は、結婚したら女性に家庭を守ってもらいたいものです。
男性がこの人となら、すてきな結婚生活を送れると、イメージできるような人を目指しましょう。

倹約家で金銭感覚がしっかりしている

image by iStockphoto

あなたは、男性から浪費家だとみられていませんか?「高級ブランド品を多く身につけている・頻繁に服やアクセサリーを買っている・外食が多い・頻繁に旅行へ行く」などは、男性から浪費家とみなされるNG行動です。

男性は、自分の稼いだお金を妻へ預けることになるので、倹約家で金銭感覚がしっかりとした女性を結婚相手に求めています。
家に招待して手料理をふるまったり、会社には水筒とお弁当を持参すると、家庭的で倹約家なところをアピールできるのでおすすめですよ。

子供好きな女性

image by iStockphoto

男性は、子育ては女性が中心になって行うものと思っているので、子供好きな女性が好まれます。
結婚相手に人気の職業に、保育士さんや看護師さんがあがるのはこのためです。

男性は、相手の女性が子育てに向いているかを見極めています。
普段から子供と接する時には、「同じ目線・笑顔・優しい言葉遣い」に気を付けて、子供好きをアピールしましょう。

料理が上手い

image by iStockphoto

ほとんどの男性が、結婚したい彼女の条件に「料理が上手い」と答えるのではないでしょうか?女性も花嫁修業として、料理教室へ通う人が多いですよね。
それは家族で囲む食卓が、幸せな家庭の象徴だからです。

私の経験では、男性は子供が好んで食べるような料理を出すと、とても喜んでくれます。
ハンバーグ・肉じゃが・生姜焼き・豚汁など。
男性に手料理をふるまう時には、手の込んだ洋食やイタリアンよりも、家庭的な和食がおすすめです。
男性の胃袋をしっかり掴んで、結婚へ繋げましょう。

家族・親戚がうるさくない

結婚は本人だけでなく、家族や親戚同士のお付き合いの始まりでもあります。
もちろん家族と仲が良いのは良い事ですが、度が過ぎると相手は結婚を躊躇してしまうかもしれません。
例えば、「何か物事を決める時には必ず家族へ相談する」「家族との食事や旅行などの予定を最優先にする」などの行為は、彼氏からよく思われません。

結婚するということは、家族から独立して、結婚相手と新しい家庭を築くことです。
いつまでも家族に頼っているのではなく、親離れ子離れしなければなりません。
その分、彼氏を頼りましょう。
きっと喜んで力になってくれるはずです。

束縛しない女性

多くの場合、男性は束縛されることを嫌います。
仕事が終わったら、同僚との食事や自分の趣味を楽しみたいと思っている人も多いです。
そこで彼女から干渉されると、「うるさい」としか思いません。
男性には一人の時間が必要なのです。

一緒にいる時に、彼氏がスマホを見たりゲームを始めたら「一緒にいるのに止めて」などと言っていませんか?言いたい気持ちはすごくわかります!ですが、ここを許してあげれると、彼氏も一緒にいるのが楽になり、あなたといるのが心地いいと感じてくれるはずです。
自分もスマホを見たり、テレビを見たり、一人の時間を楽しみましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
2017haru