恋愛浮気

浮気にはきっかけがある!知っておきたい10のきっかけや理由のまとめ

浮気をしてしまったことはありますか?一時の気の迷いだったり、本気でのめりこんでしまったり、いろいろな浮気の形があります。どんな形であれ、きっかけや理由はなんでしょうか?知っているようで実は知らない、浮気のきっかけや理由に迫ります。浮気についての考え方がここではっきりすること間違いなしです。

浮気のきっかけはこれだ

image by iStockphoto

浮気のきっかけを探っていきましょう。
いつも浮気をしてしまう、相手に浮気をされてしまうときのどう対処したらいいのかがわかりますよ。
いろいろなパターンで紹介しますので、心当たりがある内容もあるかも…?

1.喧嘩ばかりで嫌気がさした

パートナーと喧嘩がばかりで疲れてしまった、一緒にいても楽しくなくなってきたときに、素敵な異性が目の前に現れてしまったら、「この人と一緒にいれば、楽しい時間を過ごすことができるのかな?」と思って、相手のことを知りたくなってしまいます。
相手のことを知りたくなっている時点で、これから何かあれば、深い関係になりたいと少し思っている状態になります。

ケンカばかりしていると、一緒にいる時間さえも嫌になってしまって、もっと楽しく過ごせる人を探してしまいます。
人間は楽しい時間を過ごした方がストレスもたまりませんよね。
今パートナーと喧嘩ばかりになっている場合は黄色信号!もしかしたら、あなたよりも一緒にいて楽しいと思う人が出てきてしまったら、気持ちを持っていかれてしまいますよ。

「浮気を簡単にする人はもう一緒にいたくない」と思ったら、もし浮気の証拠をつかんだ時点で別れを切り出しましょう。

2.保険をかけておきたくなった

image by iStockphoto

過去の恋愛にトラウマがあると、どうしても別れた時に心が傷ついてしまう状態が怖くなります。
傷つきたくないという勝手な理由ですが、年齢を重ねるごとに恋愛で傷つくのが怖くなります。
そうなると、保険をかけておいて、万が一今の相手に振られてしまっても、すぐに他の人に移れるようにしておこうと思うのです。

もちろん保険をかけて相手と付き合うなんて最悪の行為ですが、信頼関係がしっかりしていれば、浮気をしようとも、保険をかけようとも思いません。
もし保険をかけられている、かけられている可能性があるときは、相手があなたに対して信用していないということ。
なぜ信用していないのかを解決しないと、ずっと浮気の危険を背負っていなければなりませんよ。

3.ちょっと浮気をしたいと思ったから

この理由は手の施しようがないといっても過言ではありません。
特にパートナーに不満はないけれど、なんとなく浮気をしようと思ったという気持ちをもつ人もいます。
ちょっとだけ浮気をして、他の異性と遊んだり食事に行ったりしたいと思ってるだけで、そこから本気になったり、進展させたいと思っていることはありません。

確かに発展させるつもりはないと思っていても、浮気相手が本気になってしまったり、パートナーが万が一本気になってしまうと、今の関係を維持していくことは難しくなります。
もし何となく勢いで浮気をしてしまうパートナーであれば、しっかり話し合った方が無難です。
このまま付き合っていても、あなたが浮気されて傷ついてしまいます。

4.癒しがほしいと思ったから

image by iStockphoto

家に帰っても同棲しているパートナーはいつも怒っている、笑顔で迎えてくれない、愚痴ばかりで嫌になる、そうなると、気持ちが休まることはありません。
惰性で一緒にいるだけで、心が満たされることはありません。
そうなると、浮気をして癒しをくれる人を探したいと思ってしまいます。
この場合の浮気パターンは、ずっと気持ちが満たされない状態を我慢しているので、本気に発展してしまうことがあります。

「この人といると、気持ちが落ち着くな」「心がほっとする」と居心地の良さを感じてしまうと、どうしても後戻りできなくなってしまうんです。
特に男性は、職場で上司にいろいろ言われて、家でも彼女に癒されないとなると、逃げ場がなくなってしまいます。
ですので、もし癒しを与えていないと思ったら、態度を改めてパートナーの心を満たすことを考えてみましょう。

5.結婚の話をしてくれないから

女性に多いパターンですが、交際が始まってしばらく経つと、結婚の意識をします。
家庭を持ちたい、彼の奥さんになりたい、彼と一緒に生活をしたいイメージを持ちます。
ですが、結婚の話を出しても彼のアンテナが違う方向に向いていたり、彼氏・彼女の関係でいてなにが悪いの?と思っていると、とても悲しい気持ちになりますよね。

男性の中には、結婚して責任が増えることを嫌がる人もいれば、友達が不倫が原因で離婚した、既婚になるとめんどくさいという情報が入ってしまうと、結婚に対してのメリットを感じなくなってしまいます。
もし彼が独身を貫きたいというのであれば、この先の決定権はあなたにあります。
彼と夫婦関係になれないのであれば別れた方がいい!と思うのであれば、冷静になって、これからのことを考えてみましょう。

6.相手の行動が怪しいから

image by iStockphoto

同棲していてもそうでなくても、相手の様子がおかしいと気が付くときがあります。
自宅に帰ってくるのが遅い、実家に帰ると言う日が多くなった、お互いが仕事をしている時間のはずが、友人がパートナーを街中で発見してしまったり、意外なところから行動が怪しいと感じてしまいます。
本当に仕事で残業が多くなったなど、それぞれ事情はありますが、行動がおかしいときは勘で気が付くものです。

周囲に相談してみてもいいですし、もし可能ならパートナーの両親に相談してみるのも1つの手。
ただし、相手の両親がパートナーを援助している可能性もありますので、もし周囲に相談するときは、しっかりと反応をみて、本当のことを話してくれているのかをしっかり判断する必要がありますよ。
次のページを読む
1 2
Share: