失恋彼氏のこと恋愛

「やり切れないこの気持ちどうすれば?」彼氏と別れたあとの心の整理の付け方9つ

彼氏と別れたあとは、心の整理をつけるまでにとても時間がかかりますよね。何故別れてしまったのか、いつからふたりはすれ違ってしまったのか、別れを避ける道は本当に無かったのか。いろいろと考えてしまうもの。ひとりで悶々と悩む前に、まずはこちらを読んで、心の整理を付けていきましょう。心の整理の付け方は人それぞれ違いますが、筆者が実際に失恋をした時はこんな風にして整理をつけていきました。整理をつけたくなるのは今の現状が辛くて仕方がないから。そんな状況と向き合うところからスタートです。

心の整理の付け方9つ

彼氏と別れた時は、心に大きな穴がぽっかり空いたような感覚がしてしまうもの。
しかし、その穴を埋めようと必死でもがけばもがくほど苦しむことに。
穴を無理に埋めようとするのではなく、その穴をしっかり覗くことからまずははじめてみましょう。
ここからは心の整理の付け方9つを挙げていきます。

#1 まずは別れたという事実を認識することが大切

image by iStockphoto

付き合った期間が長ければ長いほど、彼氏という存在はとても大きく、日常の一部として定着しているもの。
昨日今日別れたからといって、すぐにそのことを受け入れることは難しく、別れた直後はまるで実感がありませんよね。
そして人間の習慣とは恐ろしいもので、無意識のうちに毎日の行動をしてしまうもの。
例えば朝一番のライン、仕事の休憩中の電話、週末のデートなど、クセになっている行動が抜けきれず「そうだ別れたんだった」と思い直すこともしばしば。

そうした習慣から抜け出すためには、自分の目で見て「別れた」ということを自覚することが大切になっていきます。
スマホに入っている思い出の写真やアルバム、彼からもらったプレゼントなど、彼に繋がる思い出の品は全て処分しましょう。
それがすんだら最終的には彼の連絡先も消去。

#2 ホンネで語り合える友達にはなしをきいてもらう

失恋はかなり心のダメージが大きく、しばらくは誰とも会いたくない状態が続くかもしれません。
そんな時は無理して誰かと会おうとはせず、家にひきこもってひとりで悲しみに向き合う方が良いのです。
しばらく時間が経って、やっと自分の気持ちに整理を付け始められるほどまで、心が回復した時には友達の手を借りましょう。
ここで重要なのは、上辺だけの友達ではなく、何でもホンネで語り合うことができる友達に会う事。

男性に比べて女性は、誰かに話すことで自分の気持ちを整理つける生き物。
誰かに相談をする段階で、大半が答えはもう出ているので、答えを求めて相談を持ちかけているわけではないのですよね。
ただ気持ちをわかって欲しい、話をきいてほしい、そうした思いを受け止めてくれる人であれば、友達以外でも良いので、誰かに話してみましょう。
第三者目線からの冷静な意見をもらえることもあり、気持ちが軽くなることもあります。

#3 とことん悲しみに浸る

image by iStockphoto

人は何かショッキングな出来事や悲しい出来事があると、まずその状況整理から始まります。
悲しみを受け入れる時間が必ず必要で、とことんその悲しみと向き合わない限り、次のステップにいくのが難しいのです。
立ち直るためには絶対に必要なプロセスが悲しみを受け入れるということ。
素直に悲しみを受け入れず、自分の心に嘘をついていると、いつまでたっても前へは進めません。
まずはその悲しみを真っ向から受け入れてみましょう。

思い出の曲をきいて朝まで泣いても良し、ふたりで旅行に行った時の写真を見て懐かしむのも良し、失恋映画で号泣するのも良し。
目をはらすまで泣いて悲しみの気持ちを溢れ出させましょう。
気が済むまで泣いたら、流す涙も枯れ果てて、前に進もうと思えてくるはず。
変にやせ我慢をすると悲しみを受け入れる機会を逃して、失恋をこじらせてしまう可能性がありますので、泣く時は泣くのです。

#4 未練がある時は別れた理由を考えてみる

「あの時こうしていれば別れなかったのかな?」別れた後にそんなことを思ってしまう時があるかもしれません。
あの時のけんかで早く謝っていれば、もっと素直に気持ちをぶつけられていたら、自分勝手な発言を抑えていれば、タラレバをいくら募らせていても、過去には戻れません。
そもそもふたりが別れた理由は、そんな小さな事が原因だったのか、よく考えてみて。

何か大きな事件があって突如別れたというカップルは、全体の割合で言うとそんなに多くないような気がします。
大抵のカップルはちょっとしたお互いのボタンの掛け違いからはじまって、徐々に溝が深くなり、あることをきっかけについに修復ができないところまでいってしまったというパターンなのでは?そのため別れた理由を考え直してみても、これが原因で別れたという決定打が無いと、小さな出来事を引っ張り出して、悶々とひとり悩みがち。
つまり、別れた理由をいくら考えても、無意味ということ。
別れるという答えを出した、それが全てなのだと思いましょう。

#5 復縁を考えた時は彼氏の嫌なところを思い出してみる

image by iStockphoto

別れた直後は、今まで当たり前に近くにいた彼氏が、急に他人になってしまうことに耐え切れず復縁を持ち掛けたくなることもあるのではないでしょうか。
そんな衝動に駆られた時は、彼に連絡をする前に一度冷静になってよく考えてみましょう。
復縁をしたいのは寂しさからなのではないか、自分にきいてみて。
寂しさからではなく、彼への気持ちがまだあるからという人は、彼の嫌いなところを全て受け入れて、それでもまだ一緒に居たいと思えるのか考えてみて。

別れを選んだ理由はカップルの数だけあるとは思いますが、離れた方が良いと思って選択をしたならば、なぜその時一緒に居ない方が良いと思ったのか思い出してみましょう。
人はそう簡単には変わりません。
一度別れて復縁し、新たなお付き合いがスタートしたら、きっと彼も心入れ替えて変わってくれるはず。
そんな淡い期待はよしましょう。
たとえ復縁したとしてもまた同じ悩みや問題でつまづいてしまう可能性大。
あなたが彼を丸ごと受け入れるのはもちろんのこと、彼もあなたの嫌な部分も丸ごと受け入れて愛せない限り復縁は難しいです。

#6 シングルライフをエンジョイするエネルギーをつける

彼氏がいると小まめな連絡や週末の予定など、何かと相手に合わせて日々を過ごすことになりますよね。
同棲していた人なら尚更のこと。
別れた直後は寂しさもありますが、同時に再び楽しいシングルライフが待っているのです。
悲しみでいっぱいの時は、ひとりの時間を楽しむ余裕なんてありませんが、時間の経過と共に落ち着いてくれば、そのうちケロッと忘れて自由を満喫しているかもしれませんよ?

シングルライフを楽しむためにも、よく食べてよく寝て、エネルギーをチャージしておきましょう。
体力が落ちれば免疫力も気力も失せて、いつまでもウジウジ。
そんなことをいつまでもしてられませんよね。
まずは身体を元気にさせて、それから心も少しずつ元気にさせていきましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
remi0426