彼女のこと恋愛

【男性必見】特別な存在になれる?彼女を喜ばせる方法

彼女をもっと喜ばせてあげたい、幸せにしたい。彼女への気持ちが大きければ大きいほど、そのような思いは大きくなりますよね。彼女の笑顔を増やすには、普段の心づかいがポイントになります。優しさや心づかいは十分に伝わり、彼女もあなたに感謝するようになりますから、より良い関係が気づけるもの。ここでは、簡単に取り入れることのできる「彼女を喜ばせる方法」をご紹介します。

好きな食べ物を買って行く

image by iStockphoto

ちょっとした手土産1つでも、幸せに感じるもの。
コンビニスイーツでも十分ですし、何か彼女の好きなものを買って行ってあげると良いでしょう。
「コレすき!」「コレ食べたかったの!」そう言って喜んでくれると思いますよ。
買う前に聞いてくれるのも嬉しいですが、何も言われない方がサプライズ感があり、効果的でしょう。

女性というのは、自分を知ってほしいという気持ちが強いですから、好みを理解してもらえていたりすると嬉しいのです。
彼女のすきな食べ物やスイーツなど、把握していますか?この手土産作戦は、あなたを理解していますよ、というアピールにもなりますから、普段からよく彼女を観察してみると良いでしょう。

簡単な置き手紙をする

先に家を出る時などに、メモ帳や付箋にメッセージを残すと良いでしょう。
女性はこういう心づかいなどが得意ですが、男性は文字でメッセージを伝えることをあまりしないもの。
一言二言の短文で十分です。
「コレ食べてね〜」「ゆっくりしててね!」これだけでも女性は嬉しく感じますよ。
基本的に残るものがすきですから、文字で伝えることを好むのはそのため。

もし、彼女が置き手紙などをよくしてくれているのであれば、文字でのやり取りがすきなのでしょう。
あなたからもやってほしいという気持ちがあるのかもしれません。
文字だったら、言葉では恥ずかしくて言えないようなセリフも伝えられますよね。
文字の他に、ハートマークやイラストなんかを描いてみると、より彼女は嬉しいでしょう。

心を込めたラブレターを記念日に送る

image by iStockphoto

普段はちょっとしたメッセージでもいいのですが、記念日ともなれば別です。
記念日には、長めの文章でラブレターを書いてみましょう。
今の時代、記念日メールを送り合ったりするかもしれませんが、手紙の方が何倍も嬉しいもの。

さすがに毎月は書けないかもしれませんが、それでけっこうです。
年に数回気まぐれな方が、サプライズ感がありますし、彼女も期待せずに済みます。
毎月送っていると、内容もマンネリ化してきたり、彼女もその度に期待してしまうでしょうから、「気まぐれ感」を大事にすると良いです。
書く方としても、プレッシャーを感じずに済みますよね。
あえて、何もない日にラブレターを書いてみるのも良いでしょう。

気まぐれに料理を作ってもてなす

こちらも先ほどと同じように、大事なのは気まぐれ感。
「今日は時間があったから作ってみた」「料理したい気分になった」と言ってたまに料理を作ってあげると彼女は喜ぶでしょう。
また、彼女が仕事で疲れている時や、風邪で体調が悪い時などは進んで料理を振る舞ってあげましょう。
おしゃれなものでなくても十分。
むしろ「男飯」な方が喜ばれる場合もあります。

最近では料理をする男性も増えてきましたよね。
料理上手な男性というのは、女性からもポイントが高いですし、料理ができるに越したことはありません。
普段料理を全くしないのであれば、少しずつ始めてみると良いでしょう。

彼女の要望を聞いてみる  

image by iStockphoto

「どこか行きたいところある?」「何かしたいことある?」これらの言葉は、普段自分の感情を上手く出せない女性に効果的です。
いつも我慢してしまったり、男性の一歩後ろを歩くような女性というのは、気にかけてもらえると喜びます。
普段あれこれわがままを言えずにいますから、男性から要望を聞き出してあげましょう。

「どこでもいいよ」「何でもいいよ」なんて返事が来てがっかりするかもしれませんが、その場合は「もっとわがままになってもいいよ」と優しく言ってあげましょう。
彼女は、わがままは嫌われると思い込んでしまっているでしょうから、その思い込みを取り除いてあげましょう。
きっと、より頼りがいのある男らしい印象を与えることができますよ。

昔の些細な出来事を話す

「あの時◯◯だったよね」「あの時◯◯って言ってたよね」昔のことを覚えてくれていたり、細かいところを見ていてくれたり、さりげなく言ったことを覚えてくれていたり、それだけで嬉しいのです。
「覚えてたんだ!」驚きながらそう言ってくれるはず。
たまには2人の思い出話をしながらのんびりするのも良いでしょう。

「楽しかったよね〜」「おいしかったよね〜」と共感しながら会話するのがポイント。
女性は、共感されるのがだいすきなのです。
昔言ったことや、昔やったことを覚えてくれているということは、「しっかり話を聞いている」「よく見ている」ということですよね。
そんなことから、彼女は自分の話をちゃんと聞いてもらえている、自分をちゃんと見てもらえている、と思って嬉しくなるのです。

後ろからいきなりハグ

image by iStockphoto

そっと近づき優しく後ろから抱きしめるバックハグ。
少し驚くかもしれませんが、これを彼氏からされて、イヤな気持ちになる女性はほとんどいないと思います。
後ろからいきなりハグをすることで愛情表現をしてみても良いでしょう。
男性からバックハグをされることにより彼女は、「私は彼から愛されている、必要とされている」と実感することができますし、精神的に満たされることができるのです。

大切な彼女を不安にさせたくないですよね。
バックハグというのは「彼から守られている」という気持ちを強くしてくれますよ。
バックハグを日常に取り入れることにより、彼女の不安や心配な気持ちを取り除いてあげることができます。
次のページを読む
1 2
Share:
konohana