恋愛

好きだったのに…一ヶ月で別れてしまう理由とは?

付き合っても長続きしないというのには何らかの理由があります。実は考え方に問題があったり、人の見方に原因があったりと、どうしても長続きしない理由を自分で作ってしまっていることもあります。自分で幸せを離さないために、しっかりとここで理由を考えてみましょう。

1か月で別れてしまう理由とは?

image by iStockphoto

1.不満ばかり聞かされていたから

付き合い始めたばかりですと、相手の性格や考え方などが分からないときもあります。
そのため、自分の気持ちや価値観に合わない事をした瞬間や、仕事で嫌なことをがあったと何回も愚痴を言っていては、聞いている方も嫌になってしまいます。
そのため、1ヶ月程度で別れる原因になります。

確かに不満を感じたときは、口に出して外に気持ちを出すことで比較的すっきりして気分はよくなるかもしれません。
ですが、パートナーが恋人だからといってすぐに不満を口にしていては「わがまま」「面倒くさい人」と思われてしまって、この人とは一緒にいたくないと思われてしまいます。

嫌なこと、不満なことがあると口に出さずにはいられない、自分の気持ちに正直でいたいと言う気持ちはとてもいいことなのですが、付き合い初めの頃は相手のことを知らないがゆえに、なんでこの人はこんなに不満ばかり言うんだろう…と相手を疲れさせてしまいます。

2.気持ちに温度差が出始めている

彼氏や彼女ができると誰でも気持ちが盛り上がって、何をしても毎日楽しいと感じることが多いですよね。
dれすが、恋愛に対する気持ちの温度差が大きすぎる場合も、1ヶ月程度で別れる原因になります。

例えば、彼氏の方は彼女の事が大好きで、彼氏の価値観だけで彼女も喜ぶだろうと一方的に押し付けたり、彼女の自由を奪う「束縛」をしたり、友達の前で自慢しているつもりが、結果的に恋人への文句を言ったりと、片方の相手だけ気持ちが盛り上がりすぎてしまうと、もう片方の恋人の気持ちが冷めることがあります。

お互いがどのくらい好きかどうかはお互いの気持ちの問題なのではっきりとは分かりませんが、相手の行動を見ていれば分かるはずです。
自分のために何か考えていてくれたり、本当にお互いを尊重しているのかどうかなど、見るべきポイントはたくさんあります。
本当に理解し合えない関係かもしれませんが、その場合は相性が悪いということになります。
お互いの気持ちに温度差があると、気持ちの温度が低い方は、相手の気持ちを重く感じます。

一緒にいて楽しいとお互いが思うことができないのであれば、恋愛関係は成立しないということを頭に入れておいてくださいね。

3.とにかくマイナス思考

image by iStockphoto

自分に自信がないとついネガティブな考えになります。
デートで楽しみたい、癒されたいと感じているのにパートナーと顔を合わせるたびにネガティブな言い訳や愚痴ばかり聞かされていてあは、気持ちはどんどん冷めていきます。

いつ顔を合わせても不満や愚痴・他人の悪口ばかりの人や、自分のネガティブな感情の話しかしない相手では、一緒にいても楽しい気持ちになりません。
そんな相手と一緒にいたいと思いますか?きっと楽しい相手と一緒にいたいと思う人がほとんどではないでしょうか?ネガティブに耐えられなくなると、連絡すら来なくなってしまいます。

口では何とかしたいと言いながらも、アドバイスをしても「でもどうせできないし」なんて言われてしまっては、「何を言ってもだめだ」と思われます。
相談をしたらアドバイスはしっかり受け止めて、デート中にはネガティブになるのではなく、楽しく過ごすためにはどうしたらいいのかを考えるように心がけましょう。

4.寂しさを埋めるために付き合ってしまった

別れたばかりの人や、辛いことがあってその心の穴を埋めようと異性を求めている人が、さびしさを満たすために付き合うこともあります。
付き合うと本当にその心の穴は埋まるのでしょうか?実際になにか物足りなさを感じてしまったり、昔の相手と比較してしまうこともあるのではないでしょうか?

「この人で良いのかな?」と冷静になって考え始めてしまったら、その人とは本当に好きで一緒になったわけではないということ。
1度そう思ってしまうと、関係を長続きさせるのはどんどん難しくなっていきます。
寂しい気持ちは分かりますが、その気持ちを埋めるために付き合っても何もいいことはありませんので寂しさにグッと耐えましょう。

5.勢いで付き合ってしまった

合コン用に自分をよく見せようとした服装や髪型・メイクで素敵な自分に変身して、その場の勢いで付き合ってしまうと、一緒の時間を過ごすうちに「あれ?何かが違う…」そう感じるようになります。
さらに最初の印象が良かったけど、一緒にいるうちに嫌になってきた…なんてこともあります。
勢いだけで付き合ってしまうと小さな事で関係解消に向かってしまいます。

誰でも異性には好かれたいですし、愛されたいと思いますよね。
相手の理想通りに最初は頑張ることができますが、付き合いが長くなればなるほどすっかり安心しきってしまい、ついボロが出るようになります。

一目ぼれや勢いで付き合ってしまうと最初の期待が大きいだけに、自分の理想と合わない部分が出てくると、気持ちが冷めていきます。
「何でこんな人と付き合っているんだろう」とふと冷静に考えはじめてしまうと、ますます気持ちも冷めていきます。

6.些細なすれ違いが多かった

image by iStockphoto

長く付き合ったカップルであれば、彼女の些細な変化も感じ取ることができますが、付き合い始めて1ヶ月くらいですと、お互いがどのように考えているのかが分からず、相手が望んでいる言動ができないだけで別れの原因になることがあります。
恋人になったからと、相手に期待をしてしまうんですよね。

辛い事が起きた時、恋人に話を聞いてもらって癒してもらいたいと女性は感じますが、彼氏としてはそこまで深刻に感じていなかったり、そんなこともあるよと簡単に済まされてしまうと、一気に気持ちが冷めてしまいます。
彼の仕事や趣味の後で聞いてあげればいいやと後回しにするような態度を取られると、すれ違いの原因にもなります。

付き合い初めの頃は、相手に気配りをしないと不安に感じますし、できる限り恋人と過ごす時間を作って行かないと、どんどん気持ちが離れていってしまいますので、心当たりのある方は気を付けてくださいね。
1 2
Share: