彼女のこと恋愛

あなたを依存させない彼女のつくり方9選

恋愛すると彼女の存在にドップリと依存してしまって「重い」と言われたり、フラれたりしてお悩みではないでしょうか。依存は好きだからこそ起こる感情でありますが、それと同時にあなたに合った女性ではないため起こる現象でもあります。つらい恋愛は無理している証拠です。もっとご自身に合った彼女を探すようにしていきましょう。今回の記事では、あなたを依存させない彼女のつくり方をご紹介いたします。

あなたを依存させる彼女はメリットなし!もっと自分を大切にしよう

自分のライフスタイルが崩れてしまうほど好きになる女性に出会うなんてドラマチック。
しかし、あなたが彼女と付き合うことで依存してしまいボロボロになっているのなら、彼氏として相性が合っていないという現実に気づくべきだと言えます。

なぜなら、本当に相思相愛である場合、あなたは彼女に対して不安になったりしないはずだから。
依存は好きという感情があるため発生するものですが、それと同時に不安を感じるからこそ生じる気持ちでもあります。
つまり、過度にお相手に依存してしまうのはあなたのことがそこまで好きではないという証拠なのです。

健全な依存関係である恋愛は、お互いに心地良いもの。
「彼女に依存しすぎて苦しい」「すべてを依存してしまう自分を直したい」なら、あなたを依存させない彼女のつくり方をチェックしてみてください。
ウソのように今までの苦しい恋愛から脱出するきっかけになってくれるはずですよ。

その1 告白してくれた女性を彼女にする

image by iStockphoto

彼女に尋常ではないほど依存してしまうのは、あなた自身が恋愛体質だからというのもあるのでしょうが、やはりお相手からあまり愛されていないことが大元の原因だといえるでしょう。
あなたがいくら彼女にご執心であっても、彼女から愛されないようでは恋愛関係は成り立ちません。

だからこそ、次に付き合う女性はあなたに告白してくれたひとを選ぶようにしましょう。
より良い男女関係を紡ぐためには、異性から選ばれることも大切です。
そして、「自分が好きだから好き」より、「好きになってくれたから好き」という視点をご自身のなかに増やしていきましょう。

異性に愛情を示すことは、とても勇気が必要です。
また、そのひと自身を愛しているからこそできる行為でもあります。
彼女に依存してしまうあなたには、依存させるのではなく愛情をくれるひとを選ぶことが重要なのです。

その2 表面的な部分で異性を好きにならない

image by iStockphoto

彼女に依存してしまう男性は、その女性が本当に自分に合うひとかどうか見極めることが不得手なのではないでしょうか。
きっと好みの見た目だったり、表面的なフィーリングだけで好きになってしまったりするのだと思います。
つまり、お相手の中身を好きになっているわけではないため、実際にお付き合いするには合わない女性を選んでしまっているのです。

表面的な部分からは女性として強烈に惹きつけられるけれど、結局お互いに合わないから彼女はあなたをイマイチ好きになれない。
あなたはそのことに気づけないため、彼女にますます依存してしまうという負のスパイラルが起きてしまうわけなのです。

男性が恋愛感情を抱くには、女性の外見やフィーリングが重要なもの。
しかし、これからお付き合いするひとはご自身と内面が合うかどうかを確認してから、恋人関係をスタートさせていくようにしましょうね。

その3 自分からばかり誘わない

image by iStockphoto

彼女に毎日依存してしまって苦しいと悩むのは、あなたがとても愛情深い男性だから。
その愛情、あなたを依存させるような彼女ではなく、あなたに愛情を示してくれるひとに捧げるようにしていきましょう。

そのためにも、まずは女性と適度な距離をキープする方法を身につけることが大切。
デートの約束を取りつけるときは、自分からばかり誘わないようにするのです。
2回あなたが誘ったら、次は彼女から誘ってもらうぐらいのペースで愛を育んでいきましょう。
本当にあなたのことが好きな女性なら、自分から勇気を出して誘ってきてくれるはずです。

彼女に依存してしまうのは、お相手からの愛情をきちんと確認しないからという側面も否定できません。
確認して、冷めているようなら彼女と距離をおく。
現実を冷静に判断できるようになれば、あなたは彼女依存の男から脱却できるといえるでしょう。

その4 「依存=相性が良くない証拠」とインプットする

image by iStockphoto

彼女に依存してしまう男性は何かしら自分に自信が持てない人が多いのではないでしょうか。
それはたぶん、自分が選ぶばかりで、お相手から選ばれるという経験が少ないからだと思います。

しかし、その「選ばれなかった」経験は、全てのひとから求められなかったというわけではないはずです。
きっと、自分が好きになったひとからはなかなか選ばれないため、自信が持てなくなってしまっているのだと思います。
好きなひとから選ばれなかったのはあなたに魅力がないからではなく、単に相性が良くなかっただけ。

あなたは相性の良くない彼女に気づくことが出来ず追い求めてしまうから、結果的に不安になって依存してしまうのです。
もっと自分自身を大切にしてあげてください。
そうすれば、依存させる彼女はあなたにとってメリットのない女性であると気づくことができるでしょう。

その5 自分の魅力をブラッシュアップする

image by iStockphoto

彼女に依存してしまってボロボロになりかけているあなたにも、魅力的な部分が必ずあるはずです。
あなたにほかの女性が好意を示すとき、それはどんな部分が惹き寄せているのだと感じるでしょうか。
少しいろいろと思い出してみてください。

優しさ、見た目、男らしさ、賢さ、仕事ができるなど、女性があなたを魅力的に感じる部分はいろいろあると思います。
その魅力をさらにブラッシュアップして、もっともっと輝きをプラスしましょう。

魅力は異性を惹きつける引力です。
あなたが輝けば輝くほど、あなたに好意を抱く女性からご指名される機会が多くなるでしょう。
そうすれば自分に自信がついてきますから、彼女ができてものめり込んでしまうことは少なくなってくるといえるでしょう。

その6 必死の努力を自分に向ける

image by iStockphoto

依存しようと思えば、どこかで彼女を必死に繋ぎ止める必要が生まれます。
例えば、本当の自分の思いを伝えることを我慢したり、面倒になるくらい気を遣ったりして彼女に嫌われないようにする必要です。

「彼女が好きなのに、一緒にいると切ない」なんて、感じたことはないでしょうか。
もしそうなら、これからはその必死の努力を彼女ではなく、あなた自身に向けて発展させるようにしてみてください。
時間や労力を、他人ではなく自分自身に投資するのです。

あなたが依存してしまう魅力的な彼女は、間違いなく自分自身をイチバン大切にすることができるひと。
自分自身を愛しているからこそ、あなたが夢中になる何かを与えることができているのです。
次のページを読む
1 2
Share:
hayakyo