恋愛結婚

結婚したい!でもできない?その理由って?

今や日本は晩婚化が進んでいて、中には生涯独身という道を選択する人もいます。もちろん人生において結婚することが必ずしも幸せに直結するとはいえませんし、結婚をしなくても幸せな人生を送ることは可能ですので、結婚は必ずしもしなくてはならないというわけではありませんが、誰もが一度は結婚したいと思うときはあるかと思います。しかし、現代の日本では、「結婚したい」という結婚願望を持っていてもさまざまな事情からなかなか結婚へ踏み切れないという人も少なくないようです。そこで、今回は結婚したいのにできないという人が抱えている事情についてご紹介します。

早くプロポーズしてよ!

image by iStockphoto

たとえば、ある程度の年齢になって交際相手がいると自然と結婚を意識する機会が多くなっていくかと思います。
女性に特に多いのは相手からのプロポーズを待っているけれども、なかなか相手からプロポーズされない…このままプロポーズを待っていても年をとるだけで婚期を逃してしまうのではないか…このままこの相手と付き合っていていいのかどうか…というという悩みを抱えることがあります。

しかし、交際相手が結婚に対して思っていることと自分が結婚に対して思っていることが異なっていたり、そもそも交際相手が結婚に興味がなく今の状態が心地よくていいと感じている場合もあります。
プロポーズをしてほしいという無言のアピールをしてしまうとそれが相手にとっては圧力になってしまうこともあるので、それが原因で2人の仲がぎくしゃくしてしまい、破局してしまうという話も少なくありません。
プロポーズを望むのであればまずは相手の結婚観に関してしっかり理解する必要があります。

経済的に余裕がない

image by iStockphoto

結婚とは簡単に言っても実際結婚するとなるとお金がかかります。
特にどちらか一方かもしくは両家の両親が結婚する以上はしっかりした形を取りたいと考えているのであれば、結婚式や披露宴にも莫大なお金がかかります。
もし、結婚式はしなくてもいいといっても、新しい家庭を築くうえではさまざまな出費がかかります。

そういった現実的なお金の問題を考えると、経済的な余裕がないと思っている人はなかなか結婚に踏み切れないという気持ちを持っています。
大好きな彼女だからこそ、結婚する以上はしっかり守ってあげたい、幸せにしてあげたいという責任感を持っている人は特に経済的な面に関しては真剣に考えていて、自分の収入に自信がないことからなかなかプロポーズに踏み切れないというジレンマを抱えています。
ですので、こういった思いを抱えている人にプロポーズを迫るのは少々酷かと思います。
本当にこの人と結婚したいというのであれば、2人で無理のない結婚のプランを考えるということが大切だといえます。

結婚に縛られたくない

image by iStockphoto

自由が好きだという人も多いのですが、そういった人には「結婚する」ということは「結婚という形に束縛される」と感じてしまうことから結婚したくない、結婚するよりは今の関係を維持していた方が気が楽だと思っている人は結婚にあまり魅力を感じていないので、結婚をする決意をしない場合が多い傾向にあります。

結婚していてもしていなくても言えることですが、浮気をすることはできません。
しかし、結婚をすることで浮気はさらに罪深い行為だといわれるようになるというリスクがあります。
ほかにも、結婚したことで結婚相手の親せき付き合いなどにも参加しなくてはならなかったり、子どもができたら親としての責任を背負う必要があるので、そういったことに束縛されたくない、自分の好きなことをするのが一番楽しいから結婚したくないという気持ちになっている人が多く、結婚したくないと思っていることも多い傾向にあります。
確かに、結婚は必ずともすべてが幸せになるというわけではありません。
当然煩わしいこともついてきます。
そんな煩わしいこともこの人が相手であれば我慢できる…嫌なことだと思わないと思える相手が結婚相手にふさわしいといえます。

あと一歩決意するのに足りないものがある

image by iStockphoto

あとは、交際相手も結婚を意識しているものの結婚するのにはあなたに何か足りないという物足りなさを感じていることから結婚に踏み出せていないという可能性もあります。

交際相手が結婚相手に求めることをしっかりと理解することでひょっとしたら結婚を決意してもらえる場合もありますが、その物足りなさが致命的なものであれば結婚できないまま破局を迎えてしまうケースもあります。

たとえば、料理が上手なことを結婚相手に求められているのであれば料理教室などにかよって料理の腕を磨いたりすることで補うことができますし、家事が上手であることであれば、疲れた時に癒してくれることを求めているのであれば少し落ち着いた雰囲気になれるように努力することや、疲れた体を癒すマッサージなどを覚えるということなど努力することで相手も結婚を決断してくれるかもしれません。

結婚したい!なら見極めて!

image by iStockphoto

結婚は夢に見ているほど幸せなことばかりではありません。
メリットもあればデメリットもあります。
ですので、結婚になかなか踏み切れない人に対して「意気地なし」と思うのは間違っています。
なかなか結婚を決断できないという人はそれだけ結婚に関して慎重、そして現実的に考えているということですので、評価すべきです。

幸せな結婚ができるように頑張ってください。
Share: