告白恋愛

結婚前提のお付き合いって?彼氏が求めていること6つ

気になっていた男性や好きな人から「結婚前提にお付き合いしてください」と言われたけど、普通の交際と何が違うの?どんな意味があるの?と告白の返事に悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。普通に「付き合ってください」なら、すんなりOKしたけど…。結婚前提と言われたら重く感じる人、逆に嬉しいなと安心して交際を始める人とさまざまな感じ方があると思います。男性が「結婚前提に」と言ってきた場合、どのようなことをしていかなければいけないのでしょうか?今回は、結婚前提にお付き合いした時に、彼氏が求めていることをご紹介していきます。相手も本気であなたに交際を申し込んでいる、ということを忘れないでくださいね。

「結婚前提」の男の心理

「結婚前提」の男の心理

image by iStockphoto

「付き合おうか」という、シンプルな告白ではなく「結婚前提に」とわざわざつける男性の心理はどのようなものなのでしょうか?女性も、結婚前提と言われると身構えてしまうかもしれませんね。
もちろん、必ずしも結婚しなければいけないという契約ではありません。
ですが、それだけあなたとの将来を見据えて、結婚を意識して交際していきたいと考えていることを忘れないでくださいね。

「結婚前提の男の心理」

・今まで出会ったなかであなたが一番素敵

・両親に紹介したいと思っている

・結婚願望が強い

・女性に対して本気で付き合う

・あなたに支えてもらいたい

・浮気をしてほしくないから本気度を知ってほしい

などの心理があります。
女性とノリで付き合えるようなタイプではなかったり、女性との交際はもう満足していて結婚して落ち着きたいと考えているなどが考えられます。
そして、両親を安心させたいなど家族のことを想っての言葉かもしれませんね。

彼氏が求めていること6つ

彼氏が求めていること6つ

image by iStockphoto

「結婚を前提に」と言って告白してくる男性は、あなたに普通の交際ではしなくてもいいのでは?ということを求めている場合があります。
「あのときOKしたよね?結婚前提ってこういうことじゃないの?」と後から言われてしまうかもしれません。
それだけ、あなたとの交際に力を入れています。
あなたが彼のことを、支えることができるのか求めてくることをしてあげられるのか考えてから返事をするといいですね。

「彼氏が求めていること」

1.両親と交流を持ってほしい

2.家事や料理をしてほしい

3.精神面でも支えて欲しい

4.他の男性と遊ばないで欲しい

5.同棲をして欲しい

6.結婚にスムーズに進んで欲しい

男性は求めている6つのことをご紹介していきます。
彼氏になったら、既に「結婚」するために動いてくれるかもしれませんね。
こんなことまだ無理だよー…と思うのであれば、交際前に話し合っておくか、交際を諦めるか…どちらかにしたほうが男性のためだと思います。

1.両親と交流を持ってほしい

普通のお付き合いで、すぐに両親を関わる…ということはあまりないと思います。
丁度お家に遊びに行ったときに居たら、挨拶をして時間が合えば一緒にご飯を食べる機会があったり。
ですが、「結婚前提に」と先に伝えてくる男性は両親を関わりを持ってほしいと思っています。
交際が始まったら、「結婚前提でお付き合いをしている彼女だよ」と紹介してくれるはず。
「結婚相手」を紹介しているのと変わりません。

そのため、彼氏になったら自分の両親と積極的に交流を持つようにして欲しいと思っています。
両親を安心させたい、妻として認めてもらうためにはやはり仲良くなっておいて損はありません。
そこまで見通している、ということです。
まだ結婚もしていないのに、嫌な姑のように小言を言われたり意地悪をされるようだったら無理に関わる必要はありません。

「結婚はしたいけど、まだ現実味がない」ということを彼氏に伝え、なるべく結婚前には相手の両親との関係を良くできるように協力してもらいましょう。
結婚前提となると、彼氏の両親と仲が悪いのは将来の不安要素だと思います。
両親と関わることは絶対、ということを覚えておいてくださいね。

2.家事や料理をしてほしい

2.家事や料理をしてほしい

image by iStockphoto

あなたを彼女ではなく、「将来のお嫁さん」として認識して付き合っていきたいと思っています。
そのため、掃除や片付けなどの家事ができたり、美味しい料理を作って欲しいという願望があります。
男性からすれば、やはり家事や料理を上手にこなせる女性は、結婚相手にしたい!と思うポイントです。

男性によっては、「俺の妻になるんだから…」なんて言ってくるかもしれません。
家事や料理ができるようになるのは、あなたにとってプラスなことですよね。
なので、彼が好きなら頑張ってみるのもいいと思います。
ですが、逆に相手のことも「結婚前提に」考えて過ごしてみてください。

一緒に家事を手伝ってくれる人なのか…失敗を許して笑ってくれる人なのか…。
全て彼の言いなりになっていては、嫌な気分のまま結婚することになってしまいます。
「私の夫になるんだから…」と彼のことも注意し、二人で成長して良い関係を築いていけるといいですね。

3.精神面でも支えて欲しい

結婚を前提に、ということはかっこいい姿だけでなく弱い自分や、本当の自分を受け止めて欲しいという気持ちが込められている場合があります。
結婚することをまだ考えていないのであれば、かっこいい彼氏でいることができるかもしれません。
ですが、本当は弱い部分だったりダメな自分も受け止めて欲しい、理解して欲しいのです。

カップルでラブラブ幸せな時間を過ごすような恋愛だけでなく、相談し合えるような信頼できる関係やお互いアドバイスをしあって成長していけるような関係を望んでいるはず。
もちろん、あなたのありのままの姿を見せて欲しいとう気持ちも入っていますよ。

「かわいい彼女」だけでなく、一緒にいて安心し家族のような存在でいられるカップルでいたいんですよね。
表面だけの「カップル」ではなく、深い絆があるような素敵なカップルを思い描いているのです。
あなたも、彼と深い関係を望んでいるのであれば、交際してゆっくりと信頼関係を築いていくのも良いのではないでしょうか。

4.他の男性と遊ばないでほしい

4.他の男性と遊ばないでほしい

image by iStockphoto

独占欲や嫉妬心が強い男性が、「結婚前提に」と言ってくることもあります。
本気で、交際をしたいから「浮気しないでよ」という願いが込められています。
それだけあなたに対して本気なんですよね。
仕事などでどうしても男性と関わらなければいけない状況以外は、なるべく俺と居て尽くして欲しいという独占欲の表れです。

あなたを大好きで、他の誰にも渡したくない!とここまで愛されているのは良いことですが…。
あなたの今までの生活に支障をきたしたり、女子の友達とも遊べないようなルールができてしまうのであれば交際はやめましょう。
昔からの男友達は許して欲しい、会社での飲み会は許して欲しい、など先に話しておくといいですね。

もちろん、あなたにだけでなく自分も決意をしているはずです。
「あなたがいれば他の女性と関わらなくても良い」と思っています。
過去にたくさん女遊びをしてきた男性も、決意するときがくるのです。
ただ好きで付き合っていくのではなく、最後の恋にしよう!とあなたとの恋愛に本気ということ。
なので、「まぁいっか」という軽い気持ちで付き合うのはやめましょう。
相手を傷つけたりトラブルの原因となりますよ。

5.同棲をしてほしい

「結婚を前提に」と告白され、交際したらすぐに「どこに住む?」なんて勝手に同棲の話が進んでしまうケースもあります。
私自身もそうでした。
「もう同棲するの?」と聞いたら、「だって結婚するんでしょ」と当たり前のように言われてとても驚いたことを覚えています。

交際の告白=必ず結婚をする という風に考えている男性がいます。
「結婚前提」って言ったじゃん!と言われることもあるのです。
そのため彼女とは、交際したらすぐに同棲したい一緒に生活をしていきたいと考えている男性もいます。
もし、同棲をする気がないのでしたら「交際はするけど、まだ一緒に住むことは考えられない」と同棲の話を持ちかけられたら伝えておきましょうね。

同棲は、今までのライフスタイルと状況が変わってきてしまいます。
本当にあなた自身が「結婚に向けて」と感がえられるようになったら、スタートさせましょう。
いくら交際する前に「最後の恋にするぞ」と誓っても、二人の相性はまだまだ分かりません。
時間をかけてゆっくり二人の関係を進めていきましょうね。

6.結婚までスムーズに進んでいきたい

結婚願望が強い男性は、やはり告白するときには「この子と結婚までいきたい」と考えて告白します。
そのため、交際した後に結婚までスムーズに進ませていきたい!と思っていることがあります。
両親に挨拶したり、同棲をしたがったり、あなたに家事をできるようになってもらいたいと思っていたり。

「結婚を前提に」と告白をしてくるということは、常に男性は結婚を意識していると思っておいてくださいね。
もちろん、何か目標が達成したら、収入が安定したら、など男性の中で決めている場合もあります。
なかなかプロポーズしてこないなぁ…と思うかもしれません。
あなたを支えられる環境になるまで、彼氏が頑張っていることを忘れないでくださいね。

逆にあなたに、結婚願望があまりない場合彼から「結婚ワード」が出てくるのがストレスになってしまいます。
「~君たち結婚したんだって」「どこで結婚式したい?」「いつ結婚する?」「両親に挨拶に行かなくていい?」なんて会うびに言われたら、苦痛ですよね。
好きだから、結婚することになったらそれはそれで嬉しい!と思っているのならばいいです。
ですが、まだ結婚したくないけど…と思っているのであれば、交際前に一度話し合ってみましょう。

結婚願望があるのか、いつ頃結婚したいと思っているのか、男性の気持ちを聞いてみてください。
価値観が違うと、喧嘩も増えてしまうし何より楽しく付き合っていくことができません。
交際前に相手の本音を知っておくことができるといいいですよね。

本気であなたと付き合いたいと思っています

本気であなたと付き合いたいと思っています

image by iStockphoto

ただ「可愛いから」だけで、あなたに告白をしていないことは確かです。
ラブラブしたり、デートをしたいからあなたを彼女にしたいだけではなく、本気であなたを愛して交際をしていきたいと考えています。
その本気度を示すためにも、「結婚を前提に」という台詞に想いを込めているです。

もちろん、俺も本気だからあなたも真剣に付き合ってね、という願いも込められていますよ。
その想いに、応えられるのであればぜひお付き合いしてください。
あなたがまだ落ち着きたくない、そこまで彼に気持ちがない…という曖昧な気持ちならば、無理に交際をすることはありません。
真剣に将来を考えている彼を傷つけてしまいますから…。

告白の返事に困っていたり、交際をしたけど彼の気持ちと合わないと思っていませんか?少し自分の気持ちを整理して考えなおしてみてくださいね。