モテたい彼女のこと彼氏のこと恋愛

参加するからにはモテたい!合コンでモテる女性に教わった秘訣とは?

絶世の美女というほどではなくても、なぜか合コンでモテる女性っていますよね?そんな女性にはどのような秘訣があるのでしょうか。私がいつも一緒に合コンに参加していた友人も、常に合コンで一人勝ち状態。合コンに何度も参加するもののなかなか彼氏ができない…そんな悩みを抱えていた私は彼女の合コンでの行動を観察し、参考にさせてもらっていたのですが、それだけでは足らずついに「秘訣を教えて!」とお願いし、その秘訣を伝授してもらいました。その結果、初めて合コンで彼氏ができたのです。今回はこっそりその内容をお伝えしていきますね!

ルックスや雰囲気から想像がつかない意外な趣味を持っている

image by iStockphoto

合コンでかなりの確率で話題になるのが趣味の話ですよね。
皆さんは趣味を聞かれたら何と答えていますか?私は読書や映画鑑賞が好きなのでいつもそのまま答えていました。
しかし、モテる女性から教わった秘訣は「自分のルックスや雰囲気からは想像がつかないような意外な趣味やちょっと珍しい趣味を答える」と教わったのです。
彼女が言うには私は見るからにおとなしそうでインドア派なので、読書や映画鑑賞が趣味では見たまま過ぎて面白みがない、ということでした。

意外な趣味を答えるとたいていの男性は「意外だねー!」とか「なになに?その趣味どんなの?」と食いついてきてくれて会話が盛り上がるとのこと。
早速試してみたところ、彼女の言うとおりでした。
私は健康のためにとジム通いをしていたのですが、自分では趣味とは思っていませんでした。
でもそれを趣味としてあるとき合コンで話したところ、男の人たちからは、「スポーツとかしなさそうなのに意外だね!」とか「僕もジム通いしてるよ!どこのジム?」などと話が盛り上がったのです。
ちなみにモテる彼女は陶芸が趣味、と話していていつも男性から珍しがられていましたよ。

女性らしい素材の服を着る

image by iStockphoto

合コンに行く時のファッション、皆さん気を使いますよね。
私もそれなりに気を使っておしゃれをしていたつもりでしたが、モテる女性から私へのアドバイスは「女性らしさが足りない!」というものでした。
私はタイトスカートが好きでよく履いていたのですが、彼女が言うには「素材や色が重要。
女性らしい柔らかい素材、柔らかそうな明るい色を着るともっと印象が変わるはず。」ということでした。
確かに私が着ないようなシフォン素材のスカートを彼女はよく履いていました。
トップスもミントグリーンやオレンジなど明るい色が多く、セクシー路線ではないもののとても柔らかくて女性らしい印象。

早速真似させて!と(もちろんかぶらない程度に)真似をしたところ男性陣からファッションをほめられることが格段に増えました。
男性だけでなく、職場の女性たちからも、「こういう柔らかいファッションの方が似合ってるよ」と言われるようになりました。
もともと女性らしさをアピールするのが苦手な私には、ファッションで女性らしさを出すのは手っ取り早い手段でした。

合コンに慣れている様子を見せない

image by iStockphoto

合コンも数を重ねていくと慣れていきますよね。
でも、モテる女性はけっして合コンに慣れている様子を見せないそうです。
「なんだか合コン慣れしてるなー」と思った時点で男性は若干興ざめすると聞きます。
もちろん、その場をうまく盛り上げるなどは合コンの幹事にとってはありがたいのですが、自分の彼女にするとなるとちょっとどうかな…と思ってしまうのだとか。

モテる女性に聞いたところ、最初はちょっと緊張しているくらいの様子でちょうど良いとのこと。
特に男性陣が合コン慣れしていなくて緊張している様子が見られたりしたら、「ごめんなさい、私もこういう場にあまり慣れてなくて。
ちょっと緊張してます。」と言うことで相手の緊張感もほぐれたりするそうです。
あと、LINEのID交換をする際、お互いのスマホをふるふるしてID交換する「ふるふる機能」を使ったりしますよね。
これもわざと慣れていない風で、一度目は失敗させたりしていました。
なかなか難しいテクニックですが、試してみる価値はありますよ!

「得意料理は?」と聞かれたら

image by iStockphoto

合コンでときどき聞かれる「得意料理は?」の質問。
「肉じゃが」はウケがいいとか、逆に狙いすぎていてウケが悪いとかいろいろ言われますよね。
モテる女性のおすすめの答えは「煮込み料理」でした。
それを聞いたときは「なぜ?」と思いましたが理由を聞いて納得しました。
まず、煮込み料理と聞くと温かい家庭を連想させることができるから。
そして、「例えば?」と聞き返されたら「シチュー、ラタトゥイユ、肉じゃが、ブイヤベース」などと答えることでレパートリーがけっこうありそうだな、と思われるからだそうです。
あと、「煮込み料理は炒めものと違って、味付けに失敗してもあとから微調整がきくから…」などと答えることで、「私料理得意ですー!」と声高に主張しない控えめな感じが出せるのだとか。

なるほどー、と感心してしまいました。
早速、彼女と一緒ではない時の合コンでこの答えを使わせてもらったところ、男性ウケは抜群でした。
あと、「作りすぎてしまっても翌日火を入れれば食べられるし」、などと経済的なところもアピールできますよ。

お開きの時には名残惜しさを表現

image by iStockphoto

合コンがお開きになるときは特に勝負時。
でもみんなLINEのID交換だの、お会計だのでなんだかわさわさしてますよね。
こんなとき、モテる女性は何をするのかと言うと、「もうお開きになっちゃって残念。
名残惜しいな…。」ということを気になる男性だけにアピールするのだとか。
だいたいの男性はこの一言で「じゃ、また会おうよ!」という反応になることが多いそうです。
私はそのような一言を言うのがなんだか気恥かしくて、なかなか言えずにいたのですが彼女のアドバイス通り思い切って気になる男性に言ってみました。
するとやはり、「じゃ、今度はご飯に行こうよ。
いつにする?」という反応が返ってきたのです!

毎回必ずしもうまくいくとは限りませんが、ID交換だけしてさらっと帰ってしまうよりはずっと有効です。
また、自分から今度また会いませんか?というよりはちょっとハードルが低いですよね。
うまくいったらラッキー、くらいの気持ちで、うまく向こうから誘ってもらえるように誘導してみましょう。

恥ずかしくてもまずは実践!

合コンでモテる秘訣を教わったものの、それを実践するのは最初は恥ずかしさがありました。
でもさすが合コンで一人勝ちしている友人のアドバイスは的確で、実践するとあっという間に合コンで彼氏ができました。
皆様も、もしよかった自分なりにアレンジしたりして実践してみてくださいね!素敵な出会いがありますように。
Share: