ケンカトラブル別れる恋愛浮気

浮気されたらどうする?まずは自分の気持ちと向き合おう!

二度目の浮気があるかもしれないと覚悟する

image by iStockphoto

一度浮気をした相手というのは、また浮気をする可能性が高いです。
そのため、やり直すと決めた場合には、「また、浮気されるかもしれない」というのは、心の隅に置いておいた方が良いでしょう。
その方が、二度目の浮気の際に傷が浅くて済みます。

浮気をする人というのは、癖のようなもので、何度も繰り返す傾向にあります。
一人では物足りない、もっと遊びたいといった思いから、一度目の浮気の後悔を忘れ、また浮気を楽しんでしまうでしょう。

惚れた弱みといいますが、やり直すのであれば、「浮気する相手を好きになってしまったから仕方ない」というくらいの大きな心が必要です。

二度目はないと相手にも自分にも約束する

image by iStockphoto

浮気した恋人とやり直すためには、互いの思いを改めて確認することも必要です。
一度浮気をする人は、二度、三度とくりかえす可能性が高いですから、「万が一、次浮気をしたら別れる」という約束をしておくことも大切。

あなたが本気でこの思いを伝えれば、相手も「この人とは別れたくない」という思いが大きくなり、浮気を抑えることが出来るでしょう。
また、「次、浮気をしたら別れる」と決めておくことで、あなた自身も万が一の時の対応を決めることが出来ます。
次の浮気が発覚した時には、「約束を守れない相手だった」と見切りをつけることが出来るでしょう。

すっきりとした気持ちでやり直すには

image by iStockphoto

浮気が分かっても、「別れたくない」と決めたのであれば、新たな気持ちで二人の関係を築いていくことが必要です。

しかし、やはり浮気をされたという事実は消えないため、モヤモヤしてしまう人も多いでしょう。
そんな時には、相手にこんな条件を出してみるのもおすすめです。

相手からのお詫びをしてもらう

image by iStockphoto

「やり直すからには、もう少し気持ちをすっきりとさせたい」と思う人も多いでしょう。
そんな時には、浮気した恋人にお詫びの気持ちを行動で示してもらいましょう。

例えば、前からほしかったアクセサリーを買ってもらったり、洋服を買ってもらったり、ディナーをご馳走してもらうことで、あなたも少し気持ちが落ち着くはず。
相手も「行動で示せた」という思いになり、新たな気持ちで関係を築くきっかけを作ることができるでしょう。

二度としないという気持ちを伝えてもらう

image by iStockphoto

「今回の浮気は許して、交際は続けよう」と思っている人の中には、どこかに不安を感じている人もいるでしょう。
「また浮気をするかもしれない」と思うと、心配になる人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、相手に「もう、二度と浮気はしません」という気持ちをしっかりと伝えてもらいましょう。
「今、どんな思いなのか?」「自分に対して、どういった思いを持っているのか?」など、相手の気持ちを伝えてもらうことが出来れば、あなたも気持ちがすっきりするはずですし、不安もなくなるでしょう。
こういった思いを伝えることは、浮気をした本人にとって「もう、二度と浮気はしない」「二度と恋人を悲しませない」という思いを強くさせる効果もあります。

恋人関係を持続させるためには、やはりコミュニケーションが欠かせないですから、不安に思っていることやモヤモヤしている気持ちはちゃんと相手に伝え、やり直す前にちゃんと解消するようにしましょう。

別れると決めたら

image by iStockphoto

恋人の浮気が発覚した人の中には、「もう、一緒にいることは出来ない」と別れを決める人もいます。
「一度の浮気くらいで…」という人もいますが、人によっては浮気を絶対に許せない人もいるでしょう。

別れを決めた人の中には、「嫉妬心も感じなかった」ということから、相手に愛情がなくなったことを再確認し、すんなり別れる人もいます。
嫉妬心を感じた人の中には、「もう、辛い思いはしたくない」と感じ、幸せになるために別れを決断する人もいます。

別れを決断する思いは人によって異なりますが、やはり浮気が原因で別れを選ぶ人が多いのが現状でしょう。

別れると決めたら、まずは相手の情などに流されないことが必要。
どんなに泣いて「もう、二度と浮気はしない」と訴えかけてきても、流されないこと。
「どうしても、浮気されたことが許されない」「あなたのことが信頼出来なくなった」ということを伝え、きっぱりと別れましょう。
何度も連絡が来ても、スルーすることも必要。
情に流されてしまうと、また同じ目に合う可能性があります。
次のページを読む
1 2 3
Share: