かわいくなるダイエット恋愛

いそげ、夏はすぐそこ!1週間集中ダイエットで理想の体型に近づこう

500kcalダイエットのペース

こちらのダイエット、半断食にも似ていますが結構これはこれできつい。
巷では、5:2ダイエットと呼ばれていて、週5日は普通の食事、2日間を500kcal(600kcalの場合もある)ダイエット日に設定して行うようです。

普段から食事量が少ない人は週3日程度取り入れてもよいと思いますが、1週間続けて行うのは栄養不足になるので危険。
また、2、3日行うのであれば続けて行うのではなく、普通の食事の日の間に500kcalダイエットを取り入れましょう。
こうすることでより取り入れやすくなります。

500kcalの注意点など

500kcalダイエットの日は、脂肪が燃えやすいのでできるだけウォーキングなどの有酸素運動を取り入れましょう。
だいたい、普段の食事量の4分の1以下が目安と言われているようですが、脂っこいものや甘いものを取りすぎている人は、きちんと食事メニューを考えましょう。

食事は、高たんぱく(ささみ、大豆、卵など)なものやGI値の低いもの(トマト、玉ねぎ、キャベツ、海藻類、きのこ類、こんにゃく)を中心に。
中でも、こんにゃくは歯ごたえもあってカロリーが極端に低いのでおすすめ、最近では、カロリー0の寒天ゼリーなどもあるので、ダイエット中でもデザートが食べたい!と我慢できない人はこうしたものを食べましょう。
(もちろん食べない方がよりダイエットに成功しやすいのは言うまでもありません)

超短期間ダイエット3. 有酸素運動とカロリーコントロール

image by iStockphoto

食事だけじゃ、体重は減ったとしても見た目の引き締まり具合は出せない!という人には有酸素運動とカロリーコントロールを取り入れましょう。
やり方は簡単、2つ目にお伝えした500kcalダイエットに有酸素運動を取り入れるだけ。
週3~4日間しっかり運動するようにすれば、カロリーコントロールで脂肪が燃えやすい状態になっているので、筋肉もつきやすくより体が引き締まります。

有酸素運動の注意点

1点注意点としていうならば、有酸素運動を毎日続けて行わないこと。
普段から運動慣れしている人は別として、運動不足の人にとっては急に運動をすることによってある程度筋肉を休める期間が必要。
1日運動したら翌日は体を休める、といった感じペースにしましょう。
500kcalダイエットの日に運動してというのが最も良いペースなのかもしれません。

一週間ダイエットで気を付けたいこと

image by iStockphoto

どんなダイエットにも言えることですが、一週間で体重を減少、見た目をすっきりさせたいと思っても、ストイックにダイエットを実践してしまうと体に大きな負担がかかります。
必ず自分の体調とよく相談してから行うようにしましょう。
また、どんなダイエットでも大切なのは水分補給。
たっぷり水分補給して、体調を整えて!いくら痩せたいからといって極端に食事制限をしてしまうと我慢が爆発して逆に太ってしまうことも。
いわゆるリバウンドってやつです。
頑張って痩せたのにリバウンドしてしまっては元も子もないですよね。
無理せず自分のペースをつかみましょう。

また、ダイエット中は同じものを食べがちだったり、油分をあまりとらなかったりするので栄養が偏りがちになります。
そこはサプリメントなどでしっかり補っておきましょう。

1週間集中ダイエットをするなら今がチャンス!

image by iStockphoto

3パターンの1週間集中ダイエットについてお伝えしてきました。
この中であなたがチャレンジしたいダイエット方法はあったでしょうか。

間もなく夏本番ですでに暑い日が続くようになってきたので、体調や気候によってダイエットも無理せず行えるよう工夫が必要。
もし難しそうならば、夏にこだわることなく秋だって冬だってできるのであまり切羽詰まらないで!また、1週間といわず、2週間や3週間かけてゆっくり行うことだってできるし、やり方はあなた次第で変えることが可能です。
自分に一番合うペースを掴んでがんばってください!
1 2
Share: