かわいくなるダイエット恋愛

いそげ、夏はすぐそこ!1週間集中ダイエットで理想の体型に近づこう

もう間もなく夏がやってくる。水着を着て海で泳いだり、薄着で夏の季節を楽しみたいところだけど、冬の間厚着であることを言い訳にダイエットをさぼっていた人はいませんか?いつの間にか体重は増え、去年よりプラス○㎏!?なんて人もいるのではないでしょうか?夏を目前にして焦っているあなた、1週間で少しでも理想の体型に近づくダイエット方法を伝授いたします。

夏の時期のダイエットは痩せやすいのか!?

image by iStockphoto

夏は暑いし冬よりも動くから、きっと冬よりも夏の方が痩せやすい、なんてイメージしている人も多いことでしょう。
しかし、実際は冬の時期の方が痩せやすいのです。
それは、寒い中で体温を維持しようとよりエネルギーを使うから。
つまり、基礎代謝があがるということ。
ダイエットをするのなら秋から冬にかけてがベストと言われますが、寒くてなかなか動けない、ついこたつで1日中寝てしまった、食べ過ぎてしまったなんてことが多いのではないでしょうか。
そして、夏が来るころに急に焦ってダイエットをしだす、でもなかなか痩せない。
悪いパターンですね。

時期的には代謝があがるので冬の方が痩せやすく、ダイエットをするなら冬がおすすめとは言われていますが、ダイエットはやり方ひとつで夏にだって成功させることが可能です。
つまり、ダイエットの仕方を工夫することで、夏も冬も痩せやすくなる、ということ。
今回は、もう間もなく夏なので今すぐ実践して効果が出やすい、超短期間ダイエットを3つご紹介します。

超短期間ダイエット1. デトックスでむくみ取りダイエット(半断食コース)

image by iStockphoto

1週間で手早くダイエットしようと思うのならば、半断食でデトックスしてしまうのが良いでしょう。
半断食は、体重を減らすことはもちろんですが、体内が一掃されて老廃物を排出することができるので、むくみがとれてすっきりとした姿になることが可能。
ただし、この時期は気温も高く冬に比べてバテやすく体力が落ちている時期でもあるので、毎日断食するのではなく体調と相談しながら半断食にするのがベター。
暑さの中でしっかり断食してしまうと体調を崩す原因にもなりかねません。
また、一週間半断食し続けるかどうかは、むくみの状態や体調を様子みて決断していきましょう。

半断食のやり方

では、早速半断食のやり方について詳しくみていきましょう。
やり方は、簡単で下記のルールを守るだけ。
5つのルールだけなので、わりと誰でもチャレンジしやすいダイエット方法のひとつかもしれません。

1. 朝食は食べない

2. 夕食(前の晩)から昼食までの時間を18時間あける

3. 間食や夜食はNG

4. 水をたくさん飲む

5. 食事の量を減らしてゆっくり食べる(ゆっくり噛む)

朝食抜きはあまり良くないと言われていますが、昨今ではそこまで体に悪いと言われている訳ではないようです。
ただし、朝食は1日活動するためのエネルギー補給のため、やはり欠かしたくない食事。
短期間であれば朝食抜きもありですが、長期間朝食抜きにするのはやめましょう。

朝食を抜くのは、前の晩の食事から翌日の昼食までの時間を18時間あけなければいけないからです。
この18時間というのは、半断食の中でもっとも重要な時間となります。
1日近く食事を摂取しない時間をあけることで、胃の中が空っぽになり胃腸をしっかり休めることができるのです。
結果、便秘が改善されたり余分な脂肪が燃焼されたりと、この18時間の間にはおいしいことだらけ。
半断食を毎日できないという人でも、前日食べ過ぎたなーと思ったらこのほうほうで胃腸を休めてあげて。
これだけでも効果はあるはず。

あとは、間食や夜食がNGであることはダイエットでは当たり前。
水分をたっぷりととることも、ダイエットに限らず普段の生活でとても大切なことなのでしっかり守ってください。
そして、ゆっくり噛むことで満腹中枢が作用して少ない量でお腹がいっぱいになります。
これもまたダイエットには必須。

半断食のペース

断食は、まったく食事をとらないので体への負担が多く、いきなりチャレンジすると逆に体調を崩してしまったり、あまり安全に行えないことが多いので、ダイエットやデトックスしたい人にとっては半断食がおすすめなのですが、問題はこの半断食を行うペース。
いくら断食に比べて簡単な方法だからといってもやはり空腹や朝食抜きなどは毎日行うときついものです。

1週間で一気に効果を出すならば、毎日続けるべき。
でも、週の半分だけ行っても十分に効果は発揮されるはずです。
食べ過ぎてしまった翌日や、食事や時間のコントロールがしやすい週末など、自分に合ったペースで行うとGOOD。
また、慣れてくると体がどんどん楽になるようで、1年以上半断食を続けている人もいるそうです。

半断食の注意点など

半断食で大切なのが、しっかり水分補給を行うということ。
食事の量が減れば食べ物から十分な水分を摂取することができなくなります。
そのため、食事以外での水分摂取は絶対。
1日1リットルは飲むように心がけること。
さらに軽い運動を心掛けると効果的です。
食事は、白米よりは玄米、大豆や野菜などを中心とし、できるだけお肉は避けましょう。
ただし、長い目で半断食を行う場合は、最初は食事のペースになれることが大切なので、普段の食事でスタートして徐々にペースを掴めて来たら食事メニューを変えていく方がベター。

超短期間ダイエット2. カロリーコントロール術を駆使

image by iStockphoto

たった1週間の集中ダイエットならば、ちょっとくらいきつくても平気、という方はこのカロリーコントロール術がおすすめ。
1日の食事の摂取カロリーを朝、昼、晩で500kcal以下にする方法です。

このダイエット方法は、500kcal以下であれば何を食べてもよいので、食べ物を工夫すれば満腹まで食べることだって可能なのが良いところ。
質素な食事内容にはなってしまいますが、空腹よりはましだし、カロリーの低い食べ物は自然と体にも良いものにあたるので、暴飲暴食が続いている人にはもってこいの方法です。

500kcalダイエットのやり方

500kcalダイエットって、かなり制限がありそうですが、やり方そのものはとても単純。

1. 1日の摂取カロリーを500kcal以内に設定する

2. 週2-3日のペースで行う

3. 朝・昼・晩食事する

難しいのは500kcal以内という食事。
500kcalなんて、ちょっと油っこいもの、白米、パンなどを食べればあっという間に到達してしまう数値。
このコントロールが本当に難しいのです。
でも設定してしまえばあとはメニューに沿って食事するだけ。

また、食事量、カロリーが極端に減るダイエット方法なので毎日は行わず、週2〜3のペースで取り入れましょう。
これなら楽勝!と思って毎日行ってしまうと、栄養不足に陥ってしまうこともあるので要注意。
さらに、ちょっと予定より食べ過ぎて夕食前に500kcalに到達してしまいそうだからといって夕食を抜いたり、朝食を抜いたりしないこと。
規則正しい食生活を心がけましょう。
次のページを読む
1 2
Share: