恋愛

【男女の友情って成立する?】成立する派、しない派それぞれの言い分は?

男女の友情は壊れやすいと良く聞きますが、本当にそうなのでしょうか。世の中には男と女の垣根を越えて、友情関係を育む人たちがたくさんいます。しかし男女の友情関係には危険が潜んでいることも事実。今回は男女の友情について色々とまとめてみました!

#1 果たして男女の友情は成立するのか!?

image by iStockphoto

あるアンケート調査では、男女共に半数を超える人が「男女の友情関係は成立する」と回答。
これに対してあなたはどう思いますか?筆者の意見としては、お互いの相性や状況次第で成立するもしないも決まると思っています。
つまりどちらでもないということ。

あることをきっかけにして、いかようにも関係が変わる可能性を秘めているのが男女の友情。
そのため男女の友情は幻想だとか、もろい関係だとか言われるのかもしれませんね。
ここからは男女の友情が壊れてしまう原因や恋愛に発展するきっかけなどについて、とことん掘り下げていきたいと思います。

#2 男女の友情が成立するという意見

まずは男女の友情は成立するという意見から見ていきましょう。

異性としての魅力を全く感じない

生理的に受け付けない異性っていますよね?そういう場合は、友情関係を結ぶのも難しいので除外したとして、良い奴だけど男・女には見れないという異性が男女の友情を育みやすいです。
外見が好みじゃない、彼氏・彼女にしたら上手くいきそうにもない、そういったところで異性としてはカウントできないということ。

お互いが異性として意識できない関係であれば、男女の友情は成立します。
むしろ同性の友達とはまた違った楽しさや居心地の良さを感じて、大切にしたいと考える人もたくさんいますよね。

幼なじみで恋愛対象外の相手

小さい頃から家が近所でよく遊んでいた、家族ぐるみで仲が良く、もはや家族の一員として関わってきたという幼なじみとは、恋愛の対象にはならないという意見もあります。
お互いの恥ずかしい部分や恋愛遍歴を見てきたという仲であれば、なおさらのこと異性として見る事ができません。

漫画やドラマでは幼なじみ同士が恋愛をして結婚までするというパターンがたくさん登場しますが、現実はそんなことも少ないみたいですね。

同性と居るよりも居心地が良い

男性の中でも女性よりの考え、女性の中でも男性よりな考えを持っている人は、同性の中に居るよりも、異性の仲間と一緒に居た方が居心地が良いと感じます。
男と女でしか関係を築いていけないというのがつまらないと感じている人も多いのでは?

同性の中だとなかなかうまく関係を築いていけないタイプの人は、男女の垣根を越えて友情を結ぼうと、男・女友達をたくさんつくっています。
もちろん同性の友達も多いけど、異性の友達も多いという人気ものもたくさんいますよね。
そういうタイプはすぐに誰とでも仲良くなれちゃうのです。

#3 男女の友情は成立しないという意見

image by iStockphoto

続いては男女の友情は成立しないという意見について追っていきます。

下心がいつも心のどこかにある

良い雰囲気になったらもしかして?こいつ俺の事好きなのかもしれない?そんな下心が見え隠れして、クリーンな友情関係を築くなんて不可能。
男女の友情は成立しないと考える人もいます。

男性の本能で女友達であろうが、胸元がはだけていたらやっぱりそこに目がいってしまうし、顔は好みじゃないとしてもスキンシップが多ければ、ちょっと変な気を起こしてしまうことも。
そんな自分の下心を感じていては、男女の友情なんて無理と思ってしまうのです。
男友達の下心に勘付いて引いてしまう女性も。
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
remi0426