恋愛遠距離

「気持ちが冷めたかも…」遠距離恋愛でよくある気持ちの変化

遠距離恋愛はなかなか会えない分、会ったときの喜びは大きいです。ですが会えないことや、連絡が取れないことに慣れてきてしまうということもあります。会えない時間が長すぎると、相手の気持ちに不安になり、徐々に自分の気持ちですらわからなくなってしまうということもあり得ます。ここではどんなときに気持ちを見失うのか、どのようにしたら克服できるのかを紹介します。

距離と気持ちは比例する

image by iStockphoto

遠距離恋愛では距離が遠ければ遠いほど、交通費もかかるし、休みも必要となるのでどうしても会う回数が減ってしまいます。
「会えない時間が愛を育てる」と言いますが、実際は会えない日々が長く続けば続くほど、気持ちが見えなくなってしまうのです。
助けて欲しいとき、一緒に笑い合いたいとき、そばにいない現実。
距離と時間とともに気持ちが不安定になり、なんのために付き合っているんだろう?これは付き合っているうちに入るのかな?と付き合うということさえ疑問に思えしてしまう。

LINEで容易に連絡を取れる時代にはなったものの、不安は募るばかりですね。
お互い距離に負けないで頑張ろうと思っていたはず。
でも思いのほか全然会えなかったり、想像以上に辛かったり、会えない現実を目のあたりにします。
会えない最大の理由は距離とお金と時間。
距離が遠ければ気持ちも離れる、距離と気持ちが比例してしまうのです。
反比例するような仲でいたいものですね。

気持ちが離れているかも

image by iStockphoto

遠距離恋愛で相手の気持ちが離れているかもと思うときは、連絡の頻度が減ったということです。
もちろんほんとに仕事が忙しいだけだったということもありますが、会えないので連絡の頻度だけが目安となります。
毎日連絡を取り合うカップルに、たまに連絡を取るカップルといろいろなカップルがいますが、いつもより大幅に回数が減るということです。
気持ちが離れているのかもって、すごく不安になりますよね。
連絡がきたらすぐ返事が出来るようにと携帯を持ちながら寝たり、気になってなかなか眠れない毎日だったり、不安な日々を送ることになります。

その不安や寂しさのピークを越えると、気持ちが落ち着いていき、今度は自分が相手を好きかどうかわからなくなってしまいます。
離れていて会えない分、付き合っているというリアルさに欠けてしまうのです。
こんなに連絡も取れなくて会えないなら、付き合っている意味がない、別れても同じかなと思うようになってきてしまいます。

揺れる気持ち

image by iStockphoto

気持ちが不安定になってしまう時期があります。
いわゆる「倦怠期」です。
相手の気持ちが見えない、自分の気持ちも「好き」って思い込んでいるだけじゃないかなと、お互いの気持ちに疑問を抱く時期。
「どっちでもいいかな」なんて思うようになったら、倦怠期ではなく、気持ちが冷める方向に向かっているということかもしれません。
そうなったときに気持ちの修正をしようと思うか思わないかで、気持ちの行き先が変わります。

気持ちが不安定なときに、身近の誰かに優しくされたり、そばにいてほしいときにそばにいてくれる存在、相談に乗ってくれる相手はとても大きいですよね。
どうしても人は寂しいとき、誰かに支えてもらいたい、助けてもらいたいとき、身近にいる存在に気持ちが揺れてしまいます。
気持ちが揺らぎ始めると一気に流されてしまうことがあるので、感情のまま流されないで、もう一度自分の気持ちを見直してみましょう。

気持ちの確認

image by iStockphoto

「冷めたかも…」と思ったとき、すぐに「好きじゃなくなった」「別れる」に結び付けないで、まずは気持ちの確認をしてみましょう。
別れの決断はそれからでも遅くありません。
じっくり考えることも大切です。
簡単に気持ちを確認する方法としては「助けてほしいときに手を差し伸べてもらいたい人は誰ですか?」「辛いときや楽しいときに一緒に分かち合いたい人は誰ですか?」「会いたい、声が聴きたいと思う相手は誰ですか?」などと、何かをするとき一番に思い浮かんだ人が誰かということで、ある程度の気持ちが予測されます。

その他にも付き合った当初のドキドキしていた気持ちを思い出してみたり、相手の何を好きになったのか、こんなところが好きだったなど見直すことで、気持ちが改められることがあります。
遠距離恋愛であっても、どちらかの気持ちが冷めているときは、必ず相手にも少なからず伝わっています。
ですが急いで答えを出すより、じっくり考えて答えを出して、後悔しない恋愛をしたいですね。

考え直してみよう

image by iStockphoto

気持ちが離れてしまうのは必ず原因ときっかけがあります。
それは遠距離だけと限らず、近距離であっても同じです。
冷めてたかもと思ったときに、浮気に走りやすかったり、急激に気持ちが冷めてしまったりということがあります。
そうなる前に気持ちを見直しておくことが大切ですね。
気持ちが冷めてきたからと、さっさと別れを決断してしまうと、後で距離をあけて冷静になったときに、なんであのとき手を離してしまったのだろうと、後悔してしまいます。
悔やんでも悔やみきれない結果になる前に、しっかり自分の気持ちを見直して考え直すことが必要です。
それでもやっぱり気持ちが冷めている、もう好きじゃないと思うのなら、そのとき初めて別れ話を切り出してみましょう。

決断を出すことは早ければいいというものではありません。
後悔しないために時間をかけて見直すことです。
遠距離恋愛はなかなか会えない分、別れてしまうとその後の修復は難しいので手遅れとなってしまいます。
自分にとって本当に必要のない存在なのか、それとも必要な存在なのかよく考えましょう。
Share:
yukachi777