彼氏のこと恋愛

一人でいると寂しくてたまらない!いつのまにか嫌われ者?彼氏に依存しやすいタイプ6選

彼氏のことが大好きで、いつも一緒にいたい声を聞いていたい!と溺愛している女性も多いはずです。彼氏に依存してはいませんか?「お互いに愛し合っているから」と考えて、どんどんその依存度が高くなってしまう可能性も…。彼氏に依存すると、交際中も別れた後もいろいろな問題が起きてきます。彼氏を頼りにするのはいいことですが、いないと何もできない…とダメ人間になってしまわないように注意してくださいね。もしかしてあなたも彼氏依存予備軍?今回は彼氏に依存しやすいタイプをご紹介していきます。自分に当てはまっていることが分かったら、少しずつ意識して行動を変えていくようにしましょう。

彼氏依存が起こす問題

image by iStockphoto

大好きな彼氏に依存して何がいけないの?と思うかもしれません。
お互い愛し合っているし、何も迷惑かけていないじゃない!と。
ですが、落ち着いて周りを見てみると友達や家族。
そして大好きな彼氏にまで迷惑をかけてストレスを与えてしまっていることもあるのです。
彼氏依存は、あなたにも悪い影響を及ぼします。
もし今の状況で彼氏から別れを告げられたら…?恋愛にハマるのも悪いことではありませんが、自分の意志がなくならないようにしましょう。

「彼氏依存が起こす問題」

・友達と遊ばなくなり人間関係が狭くなる

・彼氏の言うことなら全て聞いてあげる

・一人だと何も行動できない

・ヤキモチや嫉妬で怒りが常にある

・自分が何をしたいのか分からなくなる

・精神面が彼氏がいないと保てない

・大切な人の存在を忘れてしまう

・別れたときに独りぼっちになった感覚になる

などの問題が起こります。
今の自分に当てはまってしまうことありませんか?彼氏が大好きなあなたに言うのも、酷ですが別れた時を考えてみてください。
あなたには助けてくれる人や、何か気を紛らわす方法がありますか?

彼氏に依存しやすいタイプ6選

image by iStockphoto

彼氏に頼って生活をしすぎると、精神面でとても依存してしまうことが分かりました。
いくら傷つけられても、「依存」しているので別れを決断できないんですよね。
別れたら独りぼっちになってしまう感覚もあり、愛情がなくても彼を求めてしまうのです。

今、彼氏に依存してしまっている女性。
依存したくないと悩んでいる女性。
ぜひ今回の記事を参考にして「自立した女性」と目指しましょう。
そのためにも、彼氏に依存しやすいタイプや特徴を理解しておいてくださいね。

「彼氏に依存しやすいタイプ」

1.家庭環境が悪い

2.人付き合いが苦手

3.恋愛をあまりしてこなかった

4.男性にとことん尽くしたい

5.仕事や趣味など熱中するものがない

6.嫉妬心が強い

この6つのタイプをご紹介していきます。
「私のこと…?」と当てはまる女性も多いのではないでしょうか。
私自身も、昔は彼氏に依存するタイプでした。
実体験も含めてお話ししていきます。

1.家庭環境が悪い

恋愛は、大人になればなるほどあなた自身の家庭環境が影響してきます。
「親のようにはなりたくない!」と思っていても、どうしてもよってしまう。
そんな行動に悩む人も少なくありません。
昔の家庭環境…今現在の家庭環境があまり良くなり場合、どうしても彼氏に頼りがちです。
両親に「愛されること」をされなかった、言いたいことも話せなかった。
そのできなかったことを恋人に望んでしまうのです。

愛し方も、どうやって愛していいのか分からなかったり少し不器用なところがありませんか?本当に自分を見せたら、嫌われてしまうのでは…?と思いながら交際している。
それって彼氏を失いたくないから。
また独りぼっちになってしまうは嫌だ!と思いが強ければ強いほど、彼氏に依存をしてしまいます。

これは、「依存をやめなさい!」と言っても簡単に辞められる話ではありません。
昔からの思いや記憶はなかなか消せないですから…。
友達に相談するのでもOK。
専門的なカウンセラーに通ってみるのも良いと思います。
あなたが幸せな恋愛ができるように、依存してしまわないように、少し行動してみてはいかがでしょうか?

2.人付き合いが苦手

image by iStockphoto

彼氏以外の人とあまりコミュニケーションを取らない女性は、依存しやすいものです。
一緒に話したり、遊びに行く友達がいない。
心から「信頼できる人」がいないと彼氏に精神的にも頼りきりになってしまいます。
自分に自信がないんですよね。
友達と話しができなくても、頼れる先輩や上司がいなくても平気!彼氏がいるから…!と思っていることありませんか?いつの間にか、彼氏がいないと何もできない…。
そんな女性になってしまいます。

人見知りだったり、心を許した人にしか本音を話さない。
こういうタイプはどうしても人付き合いが苦手で、彼氏になら!と依存してしまいます。
彼氏を信頼できることはとても良いことですが、別れたときや裏切られた時どうでしょうか?

彼氏の存在がなくなった途端、独りぼっちになり誰も頼れなくなってしまいます。
その怖さからも、愛情がなくても何をされてもとにかく彼氏を失いたくない!という気持ちが強くなるのです。
あなたの周りは彼氏だけではないはず。
仲良しの友人や、家族などをもう少し頼ってみてはどうでしょうか?きっと、彼氏以外にもあなたを助けてくれる人がいますよ。

3.恋愛をあまりしてこなかった

私は、一番最初に彼氏ができたときこのタイプでした。
もちろん彼氏依存をして、自分自身もとても傷ついたし恋愛に疲れてしまったことを覚えています。
好きという気持ちがなくなってからも、相手の思い通りに行動したり嫉妬したり…。
依存して良いことはありませんでした。
恋愛経験が少なかったり、彼氏ができたことがない…。
そんな女性は彼氏に依存しやすいものです。

初めて彼氏ができた喜びや久しぶりに愛してもらった感覚。
とても幸せですよね。
その幸せな状態に、ハマりすぎてしまい他のことが考えられなくなります。
どうしても舞い上がってしまうんですよね。
自分のことは二の次で、相手がどうしたら喜んでくれるのかなんて考えていることさえも幸せに感じてしまうのです。

男性に免疫がない、恋愛経験が少ない女性は「依存しない」と頭に必ず入れておきましょう。
もちろん彼のことを大好きになるのはOK。
人を愛せることは素敵なことです。
ですが、普段の生活や精神面までも彼氏に依存しすぎないように注意しましょう。
私のように、初めての恋愛で傷つくことがないようにしてくださいね。

4.男性にとことん尽くしたい

image by iStockphoto

大好きな人のためなら、なんでもするし言うことも聞く!そんなタイプの女性はすぐに彼氏依存になってしまいます。
尽くして尽くして、「こんなに愛しているんだよ」ということを伝えたいのかもしれません。
ですが、彼氏からしたらその尽くしてくる行為や依存されていると「重い」と感じてしまうものです。

彼氏が引いたら、さらに尽くすのに燃え上がってしまう…。
そんな悪循環になりかねません。
追いかける恋の方が燃えるものです。
だからこそ、尽くしすぎは厳禁。
自分の大切な友人や、大事な用事までも二の次にして彼氏を優先するようなことはやめましょう。

相手のためなら、喜んでくれるのなら…。
と誰にでも尽くしてしまうタイプの人は依存に注意してくださいね。
悪い男性だと、あなたを都合の良い女として扱われてしまいます。
そんな悪い彼にも、さらにハマってしまって…。
恋愛はお互いが好き同士で、幸せだと感じなければいけません。
あなただけが頑張って無理して交際を続けるようなことはやめましょう。

5.仕事や趣味など熱中するものがない

自分の時間を充実に使える人は、彼氏依存をしにくいものです。
彼氏が用事があって、会えなくても仕事が忙しくても一人の時間を楽しむことができるから。
逆に、仕事もなんとなくこなしていてやりがいを感じていない…。
趣味もないし、一人でいるのが嫌い!という女性は彼氏依存を起こしやすい傾向があります。

彼氏が会えないときに、一人で寂しい会いたい…と引きこもっていませんか?会えないだけで、こんなに辛いのに別れなんて考えられない!とどんどん依存していきます。
「どうして会えないの?」「私を放っておくの?」なんて問い詰めることもあるのでは?依存されて、彼氏もあなたに嫌気がさしているかもしれません。

仲良しの女友達と遊んで、騒ぐのもとても楽しいものですよ。
彼氏とのデートはまた違う楽しみがありますよね。
新しい趣味を始めてみるのもOK。
人間関係も広がってあなたにプラスになることばかりです。

一人の時間を充実に過ごすことができる、そんな自立した女性になりましょう。
次のページを読む
1 2
Share: